おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
日・中・韓平和絵本 京劇がきえた日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日・中・韓平和絵本 京劇がきえた日

  • 絵本
作・絵: ヤオホン
訳: 中 由美子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年04月01日
ISBN: 9784494019656

小学1・2年〜
サイズ:B5判 26.6×19.2cm 36頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

両親のしごとの都合で、川のほとりのおばあちゃんの家にあずけられた9歳の女の子。
そこへ京劇(中国の伝統的なお芝居)の花形役者が、新聞記者を避け、公演期間の2か月間、ひっそり仮住まいすることになりました。
名優であるヨウおじさんの一日は、明け方から太極拳のような所作で発声練習をしたり、習字をしたり花を活けたり、夕方になると引き車で出かけていったり。
女の子にはものめずらしいことばかり。おじさんが家にいるときは、そばにいて、くっついて歩きます。

あっという間に二週間が過ぎたその日、ヨウおじさんが劇場のチケットをくれました。
夕ご飯をはやばやとすませて、胸をときめかせながら劇場にかけつけた女の子が見たものは・・・
ヨウおじさんが酒に酔った楊貴妃に扮したお芝居(「貴妃酔酒」)や、将軍夫人になって敵をやっつけるお話(「抗金兵」)、天女になって花をまきちらす姿(「天女散花」)。
お化粧でびっくりするほど美しい女性に変わったヨウおじさんに目を奪われた、夢のような一夜ーー。

しかし翌日、ヨウおじさんは女の子の家からいなくなってしまいました。
戦争の足音がこの街にももう迫っていたのです。
おじさんが去ってまもなく、日本軍の空爆がはじまりました。
役者が滞在したおばあちゃんの誇りの家も捨て、女の子はヨウおじさんがお別れのときにくれた髪かざりをもって防空壕の中へ逃げます・・・。

このお話は、作者のお母さん(1927年生まれ)から聞いた話が元になっているそうです。
南京の町はずれに流れる川のほとりで、9歳の女の子が体験した、1937年という時間。
この戦争と、その後の文化大革命の影響で、京劇の文化はほとんどきえてしまいました。
作者はこのお話を書こうと決めてから京劇の資料を集めるのにとっても苦労をしたそうです。
京劇の舞台場面(観音開きになっています)はすばらしく、中国文化に興味がある方にはまさに一見の価値あり。
鉛筆の線と控えめな水彩で描かれた絵本の美しさは、日本のものとはまた違う、別の文化を感じさせられるものです。

出版社はだいたい国営企業、フリーの絵本作家はほぼいないという現在の中国。
作者の情熱と「日・中・韓平和絵本」プロジェクトの後押しにより完成した本書は、「絵本にはこんなことができるのだ」ということを教えてくれます。
時代のなかでうしなわれてしまった、人々が京劇を見つめ舞台に酔う時間を、この絵本のなかでは、感じることができるのです。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

日・中・韓平和絵本 京劇がきえた日

出版社からの紹介

1937年、日本軍が迫る南京の少女の家に泊まった京劇役者の美しい声と姿は、町の人を魅了した。そして、少女に京劇の鮮烈な想い出と美しい髪飾りを残して去って行った。戦時中の南京の町と人びとを鮮やかに描く絵本。

ベストレビュー

日・中・韓共同出版[平和絵本〕シリーズ

戦争は物や命を奪うだけでなく、人の心もむしばみます。
傷つけあい、憎しみ合ってきた過去を簡単に変えることは難しいかもしれませんが、こうした小さな交流から、互いの文化に触れ、相手の心が見えてくることもあると思います。
この絵本は「日・中・韓 平和絵本」シリーズの1冊です。
このシリーズは、中国と韓国、それに日本の絵本作家さんたちが絵本を通して手をつなぎ、作成されているものだそうです。
ですので、当然各国出版社も手をつないでいます。
日本での出版は童心社。中国は訳林出版社、韓国は四季節出版社で共同出版しています。
まずはそれぞれの国の出版社や絵本作家さんたちが手をつながれたことが、何より素敵なことに思えました。

内容は、中国の「チン・ホアイ・ホー」という地域で活躍していた京劇の劇団が日本軍の南京進軍により活動できなくなってしまったというお話で、
10歳くらいの女の子の目線で、京劇の素晴らしさや華やかさ、
その後、突然襲ってきた戦火のために町も劇団もめちゃめちゃになってしまったことが語られていました。
作者は現在中国の芸術学院の教授や早期教育センターの美術顧問などをなさっている方で、1コマ1コマとても丁寧に美しく描かれていました。
特に主人公の女の子がヨウおじさんの京劇を見に入ったシーンは素晴らしかったです。
見ごたえのある作品です。
小学校の高学年くらいのお子さんたちからいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中 由美子さんのその他の作品

父さんたちが生きた日々 / 海のなかをはしった日 / 火城 / シャオユイのさんぽ / パオアルのキツネたいじ / チュンチエ〜中国のおしょうがつ〜



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

日・中・韓平和絵本 京劇がきえた日

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット