大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ふゆのうま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふゆのうま

  • 絵本
作・絵: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年12月01日
ISBN: 9784904716304

B5・40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

かれはのしょうじょは、ふゆのうまをやさしくなでてやりました。 
さあ、ゆきましょう、たかいたかい、そらのなかに・・

秋の終わりをつげる枯れ葉の少女が、冬を呼ぶこうまと踊ると強い風が吹きぬけます。
冬のこうまは大きくなり、少女を乗せて森中をかけぬけるとあたり一面に冬の世界がひろがり、
空いっぱいにすきとおった冬の音がひびきわたりました。
冬がやってきたのです。枯れ葉の少女と冬のこうまが描き出す美しい幻想物語。

ふゆのうま

ベストレビュー

息をのむほどの圧巻でした!

圧巻でした! 本当に幻想的な絵本なのですが、冬ってこんな風に訪れ
るのかもしれないなと、とても共感しました。版画なのでしょうか? 
どのページも実に素敵です。そして、文と絵がとてもマッチしています。
秋から冬に変わった空気のピンとした緊張感、そしてひんやりした冷た
さがとても伝わってきます。

“かれはのおんなのこ”の衣装もとても素敵です。でも、何よりも、

きいーんとこおれ ふゆのそら、きりきりひらけ、しろいはな
ごごーっとはばたけ ふゆのとり、
どどーっとかけろ ふゆのしか

このそれぞれの言葉の後に、空に咲いた白い花、空を羽ばたく冬の鳥、
空をかけまわる冬のシカ、そして怖い怖い白いフクロウのページが息を
のむほどの圧巻です。

かれはのおんなのこは春まで雪の下でねむるとのこと。春にはどんな衣
装で出てくるのだろう? この話の春の訪れを是非、読みたい!と思い
ました。

作者の手島圭三郎さんは北海道出身だとのこと。だからこんな素敵な冬
の話がかけるんだろうなと思いました。とてもお薦めです。是非、是非、
読んでみてください。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

くまげらのもり / ひぐまのあき / つきよのくろてん / きたきつねのゆめ / しまふくろうのみずうみ / おおはくちょうのそら



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ふゆのうま

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット