もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ことばのえほん あいうえお
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ことばのえほん あいうえお

  • 絵本
作: 五味 太郎
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ことばのえほん あいうえお」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784871100113

関連するスペシャルコンテンツ


【トークライブ】  五味太郎×絵本ナビ代表金柿 対談ライブ  「やっぱり絵本はおもしろい!」

出版社からの紹介

この“あいうえお”は、とにかく楽しいのでお父さん、お母さんよりも 子どもの方が先に覚えてしまう事うけあいです。(ぜひ競争してみてください!)

ベストレビュー

楽しくて嬉しい言葉遊び

「あ〜ん」まで一文字づつ言葉遊びで構成されている絵本です。
例えば「あ」は「あくび・あざらし・あそびに・あきた」文章とその状況を絵にしています。この絵が五味さんの絵らしく、遊び心一杯で読んでいる側を絵本の中に吸い込んでくれるんです。
絵を見ていると思わず顔の筋肉が緩んでしまっています。
喜びを与えてくれる絵本です。
「あいうえお」「かきくけこ」・・・と日ごろから口にするようになった娘へ買った絵本です。
存分に楽しむには、文字に対して興味を持つようになった年頃で読むのがより良いかと感じています。
文字に興味を持つようになった娘にとっては大変タイムリーな絵本であったようで、こちらが読みあげると、元気に復唱しています。
「カタカナ」を併記してあるところがまた良かったです。
我が家では、この絵本の同じ文字が出てくる特徴を活かし、これも「え」、これも「え」、これも「え」などと同じ文字を指差し探しして親子で楽しんでいます。
(KANSAMAさん 30代・パパ 女の子3歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / 絵本 むかし話ですよ / なんでもできる!? / いそいでおでかけ / げんきにおでかけ / ゆっくりおでかけ



『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

ことばのえほん あいうえお

みんなの声(8人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット