しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
シノダ! (6) キツネたちの宮へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シノダ! (6) キツネたちの宮へ

  • 児童書

「シノダ!」シリーズ

子どもレビュー募集中

作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年01月
ISBN: 9784036440603

小学5・6年生から
20×14cm 318ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

信田一家、狐たちの秘密の儀式に足をふみいれてしまいます。
何者かのたくらみで、キツネたちの秘密の儀式に足をふみいれてしまった信田一家。
正体をかくしたままピンチをのりきれるのか?!

シノダ! (6) キツネたちの宮へ

ベストレビュー

幸せってなんだろう?

 それぞれ人には人の生き方があります。阿久里ちゃんは、
狐と人間のハーフで、捨てられた子どもだと知らされずに生きて
きました。
私が阿久里ちゃんだったら、自分のことだから、本当のことを
包み隠さずに言ってほしいと思うけれど、やっぱり聞かされたら、ショックだと思います。
母親の弥生さんは、自分の子どもじゃなかったとしても、阿久里ちゃんのことが大切で、一番の宝物だと思いました。
阿久里ちゃんのことを思って、阿久里ちゃんのことを守ろうとして、
とった行動だと分かりました。
お母さんが読んだら、共感できる本だと思います。
幸せって何だろうと時々考えます。
あなたにとっての『幸せ』とは、何ですか?
私は、周りの人から見てではなく、己の気持ちだと思います。
自分が幸せって感じられることが一番です。
そのことがよくわかる一冊です。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


富安 陽子さんのその他の作品

日本全国ふしぎ案内(3) 菜の子ちゃんとキツネ力士 / あのくも なあに? / 妖怪一家九十九さん 妖怪一家の温泉ツアー / 絵物語 古事記 / サラとピンキー ヒマラヤへ行く / オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

大庭 賢哉さんのその他の作品

はじけろ!パットライス / シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり / ファーブル昆虫記 / トマとエマのとどけもの みちをたどるおはなし / 笑われたくない! / 魚屋しめ一物語



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

シノダ! (6) キツネたちの宮へ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット