しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぼくとりなんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとりなんだ

  • 絵本
作・絵: 和歌山 静子
出版社: 日本野鳥の会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年04月20日
ISBN: 9784931150515

B5判 32ページ ハードカバー

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

**◆** ヒナにであったときの「どうしよう?」にこたえる絵本 **◆**
     〈日本野鳥の会オリジナル絵本〉

春になると、日本野鳥の会には「地面にいるヒナを見つけたけど、どうしたらいいの?」と
いう問合せが数多く寄せられます。

その際「巣立ち後のヒナは拾わないでそのままに」と、お伝えしています。

なぜ拾わないほうがよいのかを、
子どもたちをはじめに多くの方々に知ってもらえればと、絵本を作りました。

おはなし絵本としてはもちろん、子ども向けの自然観察会でのよみきかせにもおすすめです。
ぜひ、子どもたちと一緒にお楽しみください!


【あらすじ】

地面にいる一羽のヒナ。
手を差し伸べようとする男の子に「ぼくのはなしをきいて」と語りかけます。
ヒナの言葉で語られる、野鳥のくらしと自然のなかで生きていくことへの想いの物語。


【作・絵】和歌山静子

『あいうえおうさま』(作:寺村輝夫、理論社)、『てんてんてん』『ひまわり』『どんどこどん』
(以上、福音館書店)、『おーい はーい』(ポプラ社)ほか作品多数。

「かねてから鳥の本をつくりたいと思っていました。私らしい鳥の本ができました」(和歌山静子さんより)

ベストレビュー

和歌山静子さん

「巣立ち後の雛は、拾わないで、そのままに!」という意味が理解できるように、雛の立場で伝えている絵本でした。出版社が日本野鳥の会なので、なるほどと納得しとても勉強になりました。和歌山静子さんの温かみのある絵がとてもよかったし、雛の語りかけも優しかったです!
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

和歌山 静子さんのその他の作品

ねこがかいたえほん / め・め・め / だれといっしょにいこうかな? / 王さまかるた / 王さまABC / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(8) 古田足日子どもの本



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

ぼくとりなんだ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット