もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
いろいろへんしん!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いろいろへんしん!

  • 絵本
作・絵: りゅみえーる
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いろいろへんしん!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784072447598

9カ月から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

赤ちゃんが認識しやすい明るい原色を使った、色遊びの絵本です。
――小さくちぎった色紙がぱらぱらと飛んで、集まって、赤ちゃんが大好きなりんごになりました。皮をむいて、りんごははだかんぼうに。はだかんぼうのりんごから、また色が飛び立って、最後は切り分けられたりんごに大変身。お皿にのせて、さぁ召し上がれ。
――変化していく色紙の様子を写真で追い、リズムあるテキストにのせて展開しています。色と色が混ざるとどんな色に変わるのか、くしゃくしゃにするとどんな形になるのかなどがリアルに伝わるので、赤ちゃんにもとても分かりやすく、自然に色の認識力や創造力を育んでくれることでしょう。
そして、お楽しみのプラス・ワンポイント。最後の場面では、ぜひお皿に並ぶりんごをつまんで、赤ちゃんに「はい、どうぞ」をしてあげてください。一緒にぱくぱく食べるまねをして心を通わせることで、赤ちゃんは心の栄養もたくさん得ること間違いありません。

ベストレビュー

いろんな色が集まると…

赤ちゃんのころから楽しめます。
赤、青、黄、紫などのちぎった色紙がパラパラと出てきて、そのうちきれいにまとまって、リンゴになります。くるくる、するすると皮を剥かれて裸になったりんごが今度はパラパラとどこに行くのか。
息子がまだ本をかじってばかりの頃から見せていますが、ボードブックなので丈夫です。
(魁ママさん 20代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




未確認生物の正体は!?ねこに再び安住の時は訪れるのか

いろいろへんしん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット