貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あたしいえでしたことあるよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたしいえでしたことあるよ

  • 絵本
文: 角野 栄子
絵: かべやふよう
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あたしいえでしたことあるよ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784751527016

6歳〜
判型: B5変型判
サイズ: 25.0×18.7cm
ページ数: 32頁

出版社からの紹介

ママに叱られて家出する女の子。大切なぬいぐるみとタオルケットを持って犬小屋へ。
夕方までお昼寝したら気分も晴れた。次の行き先は?子どもの心の成長を描いた秀作絵本!

あたしいえでしたことあるよ

ベストレビュー

ありそう

とてもドキリとするタイトルにひかれて図書館から借りてきました。
ちょうど5歳くらいの女の子が出ています。娘と同じなので、絵本の世界に入り込んでいました。

このくらいの子って、ママが大好きだけれど、ちょっと離れてみたくなったりするんですよね。特に怒られたときに、「もう、ママなんて知らない!」と怒ってみたり。そんな心情と実際に家出をする様子が描かれています。でも家出といってもかわらしいもの。
そしてちゃんとママのところに戻ってきます。
かわいらしいお話です。

(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

わたしを わすれないで / おばけのアッチとくものパンやさん / さあ、なげますよ / わたしおべんきょうするの / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 靴屋のタスケさん

かべやふようさんのその他の作品

やまぼう / へそのかくれが / おしごとのおはなし 花屋さん 菜乃のポケット / 海へいこうよ / みみずん / かいぞくゾイカ うちゅうなぞなぞ大ぼうけん



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

あたしいえでしたことあるよ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット