しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

あたしいえでしたことあるよ」 みんなの声

あたしいえでしたことあるよ 文:角野 栄子
絵:かべやふよう
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年06月
ISBN:9784751527016
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「あたしいえでしたことあるよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ありそう

    とてもドキリとするタイトルにひかれて図書館から借りてきました。
    ちょうど5歳くらいの女の子が出ています。娘と同じなので、絵本の世界に入り込んでいました。

    このくらいの子って、ママが大好きだけれど、ちょっと離れてみたくなったりするんですよね。特に怒られたときに、「もう、ママなんて知らない!」と怒ってみたり。そんな心情と実際に家出をする様子が描かれています。でも家出といってもかわらしいもの。
    そしてちゃんとママのところに戻ってきます。
    かわいらしいお話です。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいお母さん

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳

    弟が生まれて、お姉ちゃんになった「あたし」。お母さんは家事や弟のお世話で忙しそう。そんなことがかかれていなくても、おうちの様子から伝わってきます。お母さんの「たのしかった?」の台詞がすごく寛大で優しいなと感じました。
    自分のお気に入りのものを持って、お母さんから離れてどこか秘密基地のように隠れて遊ぶワクワクした気持ちと、ちょっと弟ができて、お母さんに甘えたくて寂しい気持ちなど伝わってきます。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの気持ち

    夏休みに帰省していた4歳4ヶ月の孫に読みました。

    ママに怒られる。
    ママは1歳8ヶ月の弟を抱っこしている。
    うさぎのぬいぐるみを持っている。という孫娘なので、
    自分のことと似ていると思ったのでしょうか?

    「この女の子抱っこしてあげたい。」
    「わたしはママにさよならは言わない。」と
    そんな感想を言いました。

    「いえで」という言葉もまだわかっていないようでした。
    でもなぜか何度も読んで欲しがった絵本でした。

    大事なものを持って
    外へ出て、楽しいことをして、
    ママの所へ帰っていく。
    ママも怒ったものの
    見守りながら 子どもが帰ってきたときには
    冷静に笑顔で「たのしかった?」と迎える。
    子育てと子供の成長は
    そのくりかえしなのかもしれませんね。

    私はおばあちゃんの立場ですが、
    孫の話すことを聞きだすことができたら。。
    それも楽しみにしたいと思いました。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家出癖のある子供。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    お母さんがこの子に対して怒っているのは本当に小さい事ですが、お母さんにとっては大きい事なんだろうな〜。この子のは果たして家出と言えるのかどうかと思える部分がありますが、ここまで自信満々に家出した事あるよって言ってるんだから家出なんでしょう。笑

    掲載日:2015/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの寛大さが素敵

    ママに叱られる度に、お気に入りの人形とタオルケットを持って、庭や物置や近所に家出する女の子のお話。最後には家出仲間をつくって一緒に家出しちゃうのです。お庭で遊んで家出といっちゃう女の子のかわいらしさも見所ですが、ママの寛大さも素敵です。

    2年生の娘もわたしもお庭に家出しよかな  やって。
    だから〜それ家出って言わないって(笑)
    楽しい絵本でした。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい家出

    女の子が何度も「家出」をします。
    本人にとっての「家出」は、実は「外出」、「外遊び」です。
    親の手のひらの中で転がっているような「家出」だから、微笑ましく読みました。
    結構子どもにとっては、とても大きなことだとも思いました。
    自慢できる「家出」。
    女の子の明るさと逞しさを感じました。
    暗くて救いようのない「家出」を起こさないように、この女の子を応援したいと思いました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 角野さん作だから
    おもしろいのかも!
    と、図書館から借りてきました

    明るい(^^ゞ家出です

    下に赤ちゃんがいるみたい
    ママが「悪い子」って、あたしに言うのです
    理由はどうあれ
    自分を否定されたら
    やっぱり怒りたくなります

    ママからの自立なのかな

    大事なタオルケットと
    大事なうさぎさんを持っていれば
    大丈夫なんですって

    で、行く所がなかなかおもしろいんです

    3回ありますよ
    3度めはダイナミックに

    毎回、にこにこママとあかちゃんも
    待っててくれるのもいいです
    安心して家で出来ますものね

    同じ様な気持ちを持っていても
    なかなか実行出来ない子のためにも
    代わりに「あたし」に家出してもらって
    気分転換になるかもね

    掲載日:2013/08/17

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット