くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
かしわばやしの夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かしわばやしの夜

  • 絵本
文: 宮澤 賢治
画: 佐藤 国男
出版社: ベネッセコーポレーション

本体価格: ¥1,301 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「かしわばやしの夜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年12月
ISBN: 9784828813073

A4

出版社からの紹介

この物語は月夜のかしわばやしを舞台にしたオペレッタのように思えます。画かきの歌、柏の木の歌のコンクール、ふくろうの歌、そして風の又三郎を想い出させる「雨はざあざあ」の歌、いろいろな歌がうたいかわされるうちに、夜霧がおりてきて、このふしぎな歌合戦は終るのですが、はじめの方で「鬱金しゃっぽのカンカラカンのカアン」とどなった画かきは、さいごでは、清作のもじりをそのまま借りて「赤いしゃっぽのカンカラカンのカアン」と遠くさけんでいます。

ベストレビュー

まるでオペレッタ

小林敏也氏の絵ではなく
佐藤国男氏の版画の絵本です

なんとも独特です
でも、怪しい雰囲気がぴったりなんです

カバーに
詩人生野幸吉氏が解説していて
「オペレッタ」のようーとのこと
なるほど
そうかも!

何で???

って、思ってはいけない(^^ゞ
なんだかわからない世界を
楽しむ感じですよね
オノマトペ「カンカラカンのカアン」や
風にふかれて「すいすいすい」
風にふかれて「さんさんさん」
霧、「ぽっしゃん ぽっしゃん ぽっしゃん」・・・等

不思議な感性です

風の又三郎のような節も出てきます

フクロウ
山の木々
「見下す」感じ
1等賞から順列を決めてみたり

そうかと思うと
何度も同じやりとりを繰り返す
お笑い!?みたいな

絵描きは、賢治自身なのかな?

この時代に、どうしてこうな感性を
表現出来たのか
本当に感心してしまいます

版画もとにかく雰囲気ぴったり
荒削りな雰囲気
動き出すようなデッサンです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


宮澤 賢治さんのその他の作品

猫の事務所 / ざしき童子のはなし / シグナルとシグナレス / 銀河鉄道の夜 / 土神と狐 / 蛙の消滅

佐藤 国男さんのその他の作品

注文の多い料理店 / 宮沢賢治版画絵本 1 セロ弾きのゴーシュ / すてごろうのひろったもの / じゅんぺいと不思議の石又 / したてやのプンブルばあさん / The Restaurant of Many Orders 注文の多い料理店 (英語版)



視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

かしわばやしの夜

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット