なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
まっくらなよると ばくのムー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まっくらなよると ばくのムー

作・絵: むらかみ ひとみ
出版社: エムオン・エンタテインメント

本体価格: ¥1,200 +税

「まっくらなよると ばくのムー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784789726856

読んであげるなら3才から
自分で読むなら 6才から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

はじめてママと離れてポロンがひとりで眠る夜。ポロンは夜が恐くて恐くて仕方ありません。そこへ、にゅっと現れたのは……ばくのムー。さてさて、ポロンにとって夜は楽しい時間になるのかな?

ベストレビュー

きらりと光る作品

きらりと光る作品でした。黒の紙が基本になっているところも良かったですし紙の質感も素晴らしかったですし。全てにおいて作家の独特の綺麗な空気が流れていると感じました。一人ではじめて寝る主人公に”僕と一緒に散歩に出かけてみない?”とは何て素敵な誘い方!と感心しました。チッチッチと時計の音だけが聞こえてくるところも夜の静けさをとても良く表現していると思いました。空から眺める家々の明かりはとても素晴らしかったです。沢山の子供が主人公の様に夜が怖いと感じている事が解って私も娘が大きくなって一人で寝る時にはこの絵本をもう一度読みたいなと思いました。むらかみひとみさんの次回作も必ず読みたいです。待ち遠しいです。素敵な世界でした。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子 6ケ月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


むらかみ ひとみさんのその他の作品

ヤマネのナノのぼうけん / 世界の民謡 サヤエンドウじいさん



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

まっくらなよると ばくのムー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44




全ページためしよみ
年齢別絵本セット