新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
12の星のものがたり

12の星のものがたり

  • 絵本
  • 児童書
作: tupera tupera
出版社: ヴィレッジブックス

税込価格: ¥1,540

「12の星のものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784863325517

出版社のおすすめ年齢:6歳〜
A4変型 36ページ

この作品が含まれるテーマ

▼ 絵本とあわせて欲しい♪カップやTシャツ、ぬいぐるみなど。
>>tupera tuperaさんの絵本グッズはこちら

みどころ

みんなそれぞれが自分の星を持っている12星座。でも自分の星座の物語って、知っているようで知らない。そういえば星座物語の絵本ていうのはあまり見ないような・・・。
「ギリシャ神話の中でも星座それぞれのお話がとても長かったり短かったり、内容の濃さもそれぞれ全然違う。それをひとつにまとめるのは本当に大変!」とお話して下さったのは編集担当の方。なるほど、それで創るのが難しいのですね。

そんな訳で待っていたのがこんな絵本。

何といってもこの絵本、12星座それぞれのギリシャ神話からイメージした見開きの迫力ある絵が美しい!コラージュとは思えない繊細な線と、コラージュならではの鮮やかな色彩。そこに詩の様に吟味された言葉のリズムも心地良い、星座の物語。巻末には星座表や見つけ方もついて。
おやすみ前に自分のページを眺めて、想像の世界はどこまでも広がりそうです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

12の星のものがたり

出版社からの紹介

12星座のギリシャ神話
夜空にうかぶ数えきれない星にはひとつひとつおはなしがあります
時を いくつもいくつも こえた
はるか むかし ギリシャの国の ものがたり
神は 天と地上を 行き来して 人と ともに くらしていた
わらったり ないたり おこったり
ときには 恋をしたりして…
今も 夜空に かがやいている 12の星のものがたり

ベストレビュー

詩のようなリズムの文章で

tupera tuperaさんのユーモアいっぱいの絵本が大好きなので、こちらも読むのが楽しみでした。こちらはいつもの絵本とはちょっと趣向の違う作品です。
12星座の神話が、おしゃれなイラストと詩のようなリズムの良い文章で語られています。
神話というとちょっとハードルが高くて読みにくいところもあるけれど、こんなふうに簡潔になっていると、とても読みやすくていいです。
もちろんイラストはどのページもとてもすてきで、飾っておきたくなるほどでした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子15歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
2,068円
2,178円
2,178円
2,178円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
3,190円
4,840円
4,400円

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

12の星のものがたり

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら