話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

ハナちゃんとバンビさん

ハナちゃんとバンビさん

作: 石津 ちひろ
絵: 荒井 良二
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

「ハナちゃんとバンビさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784652040331

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

きっと、きっと

ハナちゃんはおさんぽにでかけます。
小さなときからずっとなかよしのバンビさんもいっしょに。
途中でであった男の子にバンビさんを貸してあげるとそのこはバンビさんに乗ったままどこかへ。
でも、その子のお母さんからバンビさんを貸してあげた御礼に「このビワの木のビワの実好きなだけたべていいよ」
と言われて・・・。
いろいろな出会いがある中でふと、思い出してしまうの、バンビさんのこと。
いまごろバンビさんなにしてるかな・・・?
大好きなバンビさんのこと、どうして忘れたりしたのかな・・?
結末は是非ご自分で確かめて下さい!
さすが、石津ちひろワールドです!!

うちの長女にはすごく、すごく心に響いたようです。
引越したともだちに会いに行ったとき、大事なお人形を
持って行ったのですが駅に送ってもらう車の中で「いない」
ことに気づいたのです。忘れてきたことより、その子のことを忘れていたことに気づかなかったこと。
そのことの方が悲しい・・・。
電車を乗り継ぎ5時間。そんな遠くにあの子を置いて
きてしまった。
大事にしすぎてボロボロで落ちていたらゴミ箱直行
でもおかしくない子だったのに、ベンチに乗っかっていたんだって。そして、今も一緒です。

(ちょこみんとさん 30代・ママ 女の子11歳、男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,540円
1,100円
1,650円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
550円
550円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ハナちゃんとバンビさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら