大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ナツメグとまほうのスプーン」 みんなの声

ナツメグとまほうのスプーン 作・絵:デイヴィッド・ルーカス
訳:なかがわ ちひろ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784032015508
評価スコア 4.08
評価ランキング 18,000
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 不思議な大冒険

    不思議な世界の大冒険ですね。
    お話の冒頭、「朝ごはんは、ダンボール」は、かなり衝撃的でした。
    この出だしで、一気に現実を離れて、物語に入ったという感じがします。
    冒険ストーリーでも、女の子の主人公でキーアイテムがスプーンですから、女の子向けなのかな?と思いました。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読者にノリツッコミをさせたいのかな?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    このお話は表紙のカバーの折り込み袖の下から、物語が始まります。
    表紙の袖のところに、作者からのメッセージを見つけたときは、作り方にこだわりとユーモアがあるな〜と、改めて感心しました。

    そして、出だしの食事風景。って、これ普通の人間の食べ物じゃないから!なんか間違っているから!(と思いつつ、絵本の世界だし、こういうのもありかも…と、思いながら先が気になる)
    読者にこういうノリツッコミをさせたいのかな?とまで、考えてしまいました。

    タイトル通り、魔法のスプーンがものすごく活躍します(活躍という言葉で表現していいものなら)!
    ですから、特に魔法物が好きな子どもたちには読んでもらいたいです。
    とても夢のあって、なおかつ楽しい素敵な絵本でした。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なおはなし

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    毎日に飽き飽きしているナツメグ。
    だって朝ごはんはいつもダンボール、昼ごはんはいつも紐、晩ごはんはいつもオガ屑なんですから。
    ある日ナツメグは浜辺でビンを拾い、開けてみると中から大男が現れて3つの願い事をかなえてくれるといいます。
    とっさにナツメグの口から出た願い事は・・・。
    「え〜なんてもったいない!」と思ってしまいますが、それほど毎日のごはんに飽き飽きしていたということですね。
    大男が渡してくれた魔法のスプーンが、どんな風にナツメグの願いを叶えてくれるのか、わくわくしながら読みました。
    でも、なんだか不思議な展開で、ちょっと消化不良の読後感。
    同じ作者の「カクレンボ・ジャクソン」が大好きなので期待して読んだんですが、残念ながらお気に入りにはなりませんでした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議!

    貧しい生活でびっくり仰天しました。「朝ごはんは、いつもダンボール。昼ごはんは、いつも紐。晩ごはんは、いつもおが屑。」ご飯を食べられることに感謝しました。大男がくれたスプーンがとても不思議なことがおきるのでドキドキしっぱなっしです。魔法のスプーンで、生活も変化してひと安心です。夜明けの絵にとても魅力を感じました。朝ごはんを食べる風景に春を感じ希望が持てました。希望は、諦めないで持ち続けたいと思う絵でした。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル

    美味しそうなタイトルに惹かれたのでこの絵本を選びました。主人公はとても素敵な物を拾った!と嬉しくなりました。主人公の願いは私の願いと似ていたので思わず微笑んでしまいました。私も主人公の様なスプーンを持ってみたいです。船の上で毎日を過ごす楽しさも羨ましくなりました。ランチは何が登場するのかと気になってしまいました。是非続編を読みたくなりました。スプーンがかき混ぜる場面が圧巻です。

    掲載日:2008/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 退屈な毎日を変える努力

    私の好きな作家、デイヴィッド・ルーカスの絵本です。

    あさごはんは いつも ダンボール
    ひるごはんは いつも ひも
    ばんごはんは いつも おがくず

    そんな毎日に退屈していたナツメグが浜辺で拾ったビンを開けると大男が3つ願い事を叶えてくれるって!
    と、どこか聞いたことのあるようなお話。
    そこで「朝ごはんに何か違うものを食べたい」「昼ごはんに何か違うものを食べたい」「晩ごはんに何か違うものを食べたい」と、なんだかおかしな願い事。

    私ならその三つの願い事を一つにまとめて、もう二つ、違う願い事を・・・と考えてしまいますが、そんなことも思いつかないほど日々の生活に退屈していたんですね。
    そして貰った魔法のスプーン。

    それから日々の生活は一変します。
    刺激的だけど楽しそうなナツメグの表情の変化に注目です。
    退屈な毎日を変えるのは、そう難しくないのかもしれませんね。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界に浸ってしまいます

    ちょっと不思議な日常と、望みをかなえる大男に冒険…と、夢のある絵本。
    絵本を読んだ後はすっかりこの不思議な世界に浸ってしまいます。
    最後はなんだか ほっと する終わり方。
    色鮮やかで、大胆な構図の水彩画に、なかがわちひろさんの訳が光る絵本です。

    息子と2人、もう1回読もうか?と息が合って何回もリピートしちゃいました。
    この本の中の世界に浸れるところが絵本のいいところだなぁ、と再認識。

    掲載日:2007/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小瓶の魔人?!

    食パンのようなダンボールで朝ごはん、スパゲッティのようなひもで昼ごはん、おがくずは……なんだろう。
    すごい食事で日々なんとなく過ごしていたところへ、ランプの魔人ならぬ小瓶の魔人がジャジャジャジャーン。
    願いを3つ叶えようって、ありゃ?
    一筋縄では叶えてくれません。スプーンで世界をかきまぜます。

    話の運びや絵は、ファンタジーっぽくワクワクを誘うのですが、最後が尻切れトンボのような気がします。
    余韻があるのとはまた違うし、テーマをもう少し書き込んでも良さそうなのですが……私が汲みきれなかっただけでしょうか。
    娘は最後まで楽しく聞いていましたが、やっぱり納得がいかなかったようです。

    掲載日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 明日への希望

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    見開きから殺伐な風景が広がっています。朝ごはんはダンボール、昼ごはんはひも、晩ごはんはおがくず。そしてがらくたがいっぱいのリビング。そんな生活をおくるナツメグが散歩中に手に入れた魔法のスプーン。このスプーンがそこらじゅうをかき回し始めます。
    何の希望も見出せない生活が一本のスプーンの登場で一変します。明日が見えない毎日が希望に満ちた毎日へと変わります。画風も初めとは違い終わりは明るくさわやかです。
    することがない!と退屈している子どもたちに希望を与えてくれる一冊になると良いと思います。

    掲載日:2007/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこりんなお話なのですが・・・

    • 有彩さん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「かくれんぼジャクソン」が気に入ったので、
    さっそく読んでみたのですが、これは全然違う系統のお話。
    お話は本の裏表紙からはじまっています。
    瓦礫の中でぼんやりと座り込んでいるナツメグ。
    あさごはんは いつも ダンボール。
    ひるごはんは いつも ひも。
    ばんごはんは いつも おがくず。

    そしてランプの魔神のようなおおおとこに
    出会うことになったナツメグは
    ごはんに何か違うものを食べたいと願い、
    みごと素敵な晩ごはんにありつくのですが、
    次の朝ごはんには・・・

    こどもが飛びつくという反応ではありませんでしたが、
    私個人としては、かなり好きです。
    かくれんぼジャクソンを書いた人がこんな絵本をと
    思う意外性もあるかもしれませんが。
    続きのお話があったらなあとも思います。

    掲載日:2007/03/02

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット