あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

蚊とうし」 みんなの声

蚊とうし 作:ヒョン・ドンヨム
絵:イ オクベ
訳:おおたけ きよみ
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784901006774
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
「蚊とうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 韓国のお話で 私がうまれるまえの寓話なんですね。

    のどかな 農家の絵もすきですが、はえや 蚊の緻密に書かれた絵にみとれます。

    蚊はあまりにも 傲慢になりすぎて ハエにさえ 偉そうにものをいってます。

    蚊は、人間の血を吸って又、牛の血も吸って 生きているならば・・・・

    もっと、謙虚にいきていたらかわいいけれども、こんな風に 悪態をついた蚊は、やっぱり好きにはなれませんね。

    人間も、血をすわれると、殺してしまいますが、牛も、寛大でいたのに、あんまりばかにするので、牛も怒って おっぽで 殺してしまうのですね。

    ハエは、蚊の姿を見て 我が身を考えたところが、よかったのだと思いました。  

    天狗になってはいけませんよと、教えられました。

    牛のかわいい目 でも 蚊にさされて 赤くなってるね、繊細な絵が心に残りました。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牛サイドで物語を見てしまいました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    韓国の絵本10選というシリーズのようです。
    なかなかユニークな物語でした。ラストに思っていた通り、鼻持ちならない「蚊」が、あまりいい気になっていたため、ついに自滅してしまうところが、儒教の国のお話!って、感じがしました。

    イ・オクベのイラストがとても凝っていて、素敵でした。
    このお話では牛が、蚊やハエにとっては怖い存在のはずなのに、描かれているイラストの牛のつぶらな瞳が、とてもかわいくて、どちらかというと、私個人は牛サイドから物語を見てしまいました。
    ハッキリしていて見やすい絵本なので、お話会でもお薦めできます。ただ、意外と文章が長いので、あまり低学年のお子さんでは飽きてしまうかもしれません。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国の昔話かな?

    一度した失敗を糧に謙虚なハエと、天狗になってどうしようもない蚊の話。
    痛烈な風刺もこめられており、向こうの昔話なのかなぁと親しみを覚えつつ読みました。
    身分社会など知らぬ娘は、単なる蚊とうしの対比として「ほんとに馬鹿だねぇ〜」と蚊にツッコミなんぞ入れておりました。

    おもしろかったのが読んだ直後。
    ブンブンブ〜ンと蚊が飛んできたので、スプレーをひとふき!
    すると絵に書いたようにポト〜ンと落ちてき、思わず「調子に乗るからやんねぇ」と絵本に重ね合わせて笑いあいました。
    そんな風にも読み取ることができ、小さい子でも楽しめるかと思います。

    ところで。とても細密に描かれた絵ですが、ハエに針ってあるんだ?!

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    韓国の代表的児童雑誌「オリニ(子供)」誌の1949年5月号に発表されたヒョン・ドンヨムの寓話に、イ・オクベが絵を描いた2003年の作品です。

    登場するのは、牛と蚊と蝿。
    毎日遊んで暮らしながら、黙々と働く牛の血を吸って生きる蚊と蝿ですが、牛のことを愚鈍だと馬鹿にしています。
    ずにのった蚊は、いわずもがなの結果になるのですが、物語だけを読むとまるでイソップ童話のような錯覚を覚えてしまいました。
    自分の身の程を知るという教訓がひしひしと伝わってくる作品です。

    労働階級への風刺も込められているようですが、その精緻な絵を見るだけでも、価値ある絵本だと思います。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 弱い犬ほどよく吠える

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    威勢良く相手を罵倒する蚊と、寡黙で冷静な牛。
    体の大きさを考えなくても、どちらのほうが強いか分かります。
    蚊にもう少し謙虚さや、思量深さがあれば、あんなことにはならなかったでしょう。

    韓国の児童雑誌に1949年に発表された寓話だそうです。
    牛を労働者を重ね合わせて、楽して暮らす蚊やハエを批判しているようです。

    絵は、美しく細かい優しい線で描かれています。
    ちいさな子どもでも楽しめると思います。

    掲載日:2007/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット