だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

さるとかに」 みんなの声

さるとかに 作:神沢 利子
絵:赤羽 末吉
出版社:銀河社
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784874120019
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,100
みんなの声 総数 12
「さるとかに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思い出します! 保育園の園児たちと さるとかにの劇を生活発表会でしたことを!

    赤羽さんの絵は 迫力があっていい! 神沢さんのお話のリズムがいい!

    お母さんがにを騙した さる お母さんがには殺されて、そこからうまれた こがにたち、 にいさんがにを先頭にみんなで 吉備団子作るところは桃太郎とよくにてますが、 仇討ちには吉備団子が 良いんですね!

    「にっぽん一の きびだんご」 「いっちょ くださり 仲間になろう 仲間になるなら やろうたい!」(こんな風にお話してました)


    歌を歌いながら みんなで 劇をしました。

    「ぶく ぶく ぶく ぶく ぶく ぶく ぶく  やれいけ それいけ
     田んぼにゃ たにし たかんこ まいまい 柿のみゃ まっか かぜんこ ごんごと 歌ってる・・・・・・」
    こんな歌を 子供たちと歌いながら お話を楽しみながら 劇をしました。

    あかばさんの くりがはじけたときの 猿の絵は すごい!

    子供にもわかりやすい さるかにのお話は いつまでも語る継がれる事でしょう!!(大切にしたい絵本です)

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 仕返しは怖い!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    サルが拾った柿の種。かにが拾ったおむすび。
    サルは、おむすびは食べてしまったらそれでおしまいだけど、柿の種は育てるとたくさんの実を食べることができるから交換しようと言いました。
    交換して、柿を育てるかに。
    やがてたくさんの実をつけるのですが、かには、柿の実を自分でとることができませんでした。

    いやいや、改めて読むと、かなり残酷なお話です。
    かにが、柿を育てながらかけた言葉にも、子どもたちは、少し驚いているようでした。
    また、かにが死んでしまった場面では、思わずだんまり。そこで産まれたたくさんのかにには、ちょっとしたひき笑い…
    場面場面での子どもたちの表情は、赤羽さんのすばらしい絵に、ついつい引き込まれているようでした。
    最後の結末、
    「さるは、どうなったの?」
    色々な意見が飛び交っていました。

    掲載日:2009/09/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がすごい

    さるかに合戦のお話です。
    昔話はいろいろ絵本がでていますが
    やはり作者と絵描きによって異なる話になります。
    この表紙からしても、サルの顔つきやうごきが
    感じ取れますね。
    力強い絵は赤羽さんらしい!
    昔話はかわいい絵より、こういうほうが迫力もあって
    たのしめます。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語り継がれて

     おなじみのお話でしたが、ちょっと違うところもあっておもしろかったです。語り、で伝えられたお話ならではです。
     サルの表情が、なんともいじわるそうで迫力があります。動きのある絵にひきこまれました。
     
     大人が読むと、いろいろ深読みをしてしまいますが、子どもはふつうに楽しんでします。昔のくらしなどもわかるので、いつまでも語り継がれてほしいです

    掲載日:2013/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話に忠実

    何種類かある「さるとかに」のお話のひとつです
    おにぎりと柿の種を交換したサルは、熟した柿の実を食べながら、カニに青い柿の実を投げつけて、死なせてしまいます
    やがてカニ子供たちはハチ、栗、牛の糞、うすを仲間にして敵討ちに行くのですが・・・
    カニの子供たちが黍団子を揚げながら仲間を作っていく様子がふと「ももたろう」を想像させます
    このお話にもそういういきさつがあったんですね〜
    おそらく昔話に忠実に仕上がった絵本になってる感じがします

    掲載日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外だった!!

     「昔話を読むなら昔っぽい絵で描かれているこの本にしよう」
    と読み始めたら・・・・

     「あれれれ?????
       自分の記憶の中にあるストーリーと違う・・・」
    と戸惑ってしまいました。

    柿を育てたカニ自身がサルをやっつけると思っていたら・・・
      →カニの子供達が仇討する

    サルをやっつける仲間達は・・・
      →きびだんごをあげて仲間になる。
       「ももたろう」の話を思い出す。

    意外でした。。。


    でも・・・

    絵は「サルはサルらしく、カニもカニらしく」昔話らしくて気にいりました。
    「ばんば」 「むしろ」など 今では使わない言葉に触れられてよかったな〜と思いました。

    4歳の息子は・・・
     「サルは意地悪だな〜」
     「カニはおもしろい」

    でも結末には・・・顔がひきつってました。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 念願の・・・

    昔ばなしを子どもと楽しみたいな!!

    と思い始め、数年がたち、息子も4歳を向かえ、やっと念願の昔ばなしを一緒に楽しむことができました。

    そして、我が家の日本の昔ばなし第一号は、この絵本でした。

    神沢利子さん作・赤羽末吉さん絵というゴールデンコンビの絵本だけあって、とても素敵な日本の昔ばなしという感じがしました。

    息子も、そして1歳8ヶ月の娘も、真剣に絵本をジーッと見つめている表情には驚くものがありました。

    ちいさな子どもたちには、ちょっと残酷なお話だったかもしれませんが、ちいさな子どもたちだからこそ、この様なお話も家族で一緒に読んでいくことが大切なんじゃないかな〜!!と思います。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 残酷さもまた。。真実です。

    まずは、この絵本を最初に読んだときにアレッ?と
    思ったことがあります。
    それは親を殺された子ガニ達があだ討ちに行くときに
    仲間になる栗やハチやウスが、
    キビダンゴをもらって仲間になったこと。。
    えっ!?今、何読んでいるんだっけ?と
    表紙を見直したのを覚えています(笑)
    たくさん出されている『さるかに合戦』、
    いろんなお話があるんですね〜^^;
    これは、なかなかシビアな『猿かに合戦』です。
    昔から語り継がれてきた昔話には
    残酷さもリアルに描かれていますね。

    長男の感想は、カニさんつぶしちゃったから、
    サルもつぶされちゃったの?でした。
    あだ討ち。。なかなか教えづらいことだけど、
    そういう気持ちがあるのも真実。
    こうした昔話を通して、人間の持っている残酷さもまた
    一緒に学んでいきたいと思います。

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお話しでしたっけ?

    • ひめママさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    久々にさるとかにのお話しを読もうと、子供とこの絵本をえらんできました。なつかしいなぁと思いながら、読んであげていると途中で???こがに達が敵討ちをしようとするのですが、はたけをひらき、きびをまき、とれたきびできびだんごを作り、きびだんごをこしにつけて猿の家をめざすのです。あれ?こんな話しだったかなと読みすすめていくと、蜂や栗やうす達と出会い、「こしのものはなんだ」「にっぽん一のきびだんご」「ひとつくれたらなかまになろう」というやりとりがあります。これって、まるで桃太郎ですよね(笑)こういうバージョンのさるかにもあるのかとびっくりしました。私が今まで知らなかっただけかもしれませんが・・各地に色んな話しが伝わっていて、それぞれ少しずつ違うのでしょうね。代表的な昔話も色々な本を読み比べるとおもしろいかもしれません。

    掲載日:2006/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目には目を

    • ゼミさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳

    親の敵、親の敵とコガニたちがさるにあだ討ちをしかける!
    やったらやり返すという風潮は現代の幼稚園では封鎖されているようです、話し合いを持って子どもたちに解決を導くというやり方。しかしそれでいいのかな?
    けんかは子どもたちの世界の中で子どもたちが繰り広げる人間模様、その中で子どもはたくましく育ってゆくのでは?
    大人が介入すべきことなの?と感じている私はこのような勧善懲悪を明確に描いている作品は大好きです。こんな時代だからこそ子どもに読んであげたい作品です。

    掲載日:2006/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット