ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

にしまち3ばんちの ねこたち」 みんなの声

にしまち3ばんちの ねこたち 作・絵:沼野 正子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2006年10月
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,742
みんなの声 総数 9
「にしまち3ばんちの ねこたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねこの目から町を見ると

    ねこの目から見た町の様子が描かれています。ねこの目から見ると、いつもの町の様子が一変して見えます。ねこ好きの人にはたまらない一冊ではないでしょうか。にしまちのねこ分布図もついてます。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 猫の生活

    ありそうで無かったおはなしです。
    猫の目線で歩いたり、お話ししたり
    けんかしたり、猫の一日を追っています。
    猫が好きな息子は、にゃーと言いながら読んでいます。
    いろんな猫が居て、
    猫が出てくると指をさしてみつけたり、
    普段の生活の中で過ごす猫の様子がわかる
    楽しい絵本です。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこの世界がわかる。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    おいらの目から見る、街の様子が描かれています。

    となりのきんぎょちゃん、こんにちは。がまがえるはちょっと苦手。
    黒ねこノアロのなわばりを気にしながら、お寺の赤トラ3きょうだい…

    と、街の中は、それぞれお気に入りの場所、お決まりの散歩コースと、ねこちゃんたちの世界が広がっているようです。
    ねこの行動をよくわかってのお話でしょう。我が家でのんびり過ごしているねこちゃんの知られざる世界かなと思いながら、読んでみました。また、街で見かけるねこちゃんのそれぞれの行動にも、ちょっとした約束事もあるのかなと、興味がもてる、楽しいお話です。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 散歩

    ネコの散歩風景を描いたお話です。

    散歩をしながら、色々なネコ達に会いに行くんですね。
    時には喧嘩もしたりして、ネコらしさが詰まった絵本でした。
    裏表紙には、西町3番地の地図が描かれている所が、一工夫あって面白いなぁと思いました。

    思わずネコの散歩を観察したくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。うっとりと目をつむって穏やかに横になっている表紙の猫に癒されました。主人公の行動を辿ることによって主人公の住んでいる町の魅力を感じられるのが良いと思いました。特に特別な場所やいつもの仲間をしっかりと訪問している主人公が格好良かったです。喧嘩をしてもしっかりとリセットできる主人公は素晴らしいと思いました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りの場所

    「にしまち3ばんちのねこたち」タイトルに惹かれて図書館から借りてきました。猫の世界にもそれぞれ縄張りがあって仁義はあるんだと思いました。猫の目線で画かれていますが、そう大差ない気がしました。
    生きていくには、お気に入りの場所があるのに納得しました。
    時には、喧嘩もしなくては生きていけないんだと思いました。
    与えられた環境の中で楽しんでいくのが一番だと教えられました。
    優しそうなおはぎさんにデレデレのおいらがとても可愛かったです。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いもの見たさ?!

    うちの近所で見かけるのは、すべて爪を切られた飼い猫ばかり。「おいら」のような、自由気ままな野良猫ライフを覗いてみるのは、娘にとってもエキサイティングなことに映るようです。お話の内容はもちろんのこと、裏表紙に描かれた登場人物の顔と名前、それに「おいら」のお散歩地図を見るのも、娘の楽しみです。それぞれの猫の名前もすぐに覚え、裏表紙で確認しては、また本文に戻って、という読み方をしています。中でも、「こらおじさん」と、けんか好きのジャンゴがお気に入りの娘は、「怖いもの見たさ」のような感覚で、このちょっとこわいキャラクターの2人(1人+1匹)の登場シーンを楽しんでいるようです。そして、「きんぎょさんに、こんにちはって言いたかっただけなのに、なんで こらっておこられちゃったの?」とか、「どうして、ジャンゴは、けんかがすきなの? だれかが くるのを いつもまってるの? じゃあ、もし おいらが、ひこうきにのって、おそらににげちゃったら? またほかのねこが こないかなあ、ってまってるの?」などと、ストーリーを広げながら、繰り返し読んでいます。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコになりきって!

    • ジャムおじさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ヨチヨチ歩きの頃から犬や猫が大好きな娘は
    散歩の最中、ねこを見かけると『どこ行くんだろうね?』
    といつも気にしている様子。
    そんな娘に『幼稚園だよ〜!』などと夢のある(?)
    話をしていたけど、そろそろ本当の“ねこ社会”を
    教えてあげようと買い与えた1冊です。

    3歳になった娘にも分かりやすく、
    納得のいくお話で、なによりねこ目線のストーリーが気に入ったようで、いつも『読んで!』と持ってくるのはこの本です。
    是非お薦めしたいと思います。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこの目線で

    このお話は、ネコが散歩する様子を描いたもの。

    いろんなネコたちの縄張りを通りながら、塀の上を歩いたり、井戸水でのどの渇きをいやしたり・・・。
    知り合いのネコに話しかけたり、けんかをすることも!
    ネコの目線でお話は進みます。

    この絵本で、ネコの社会をちょっと垣間見て以来、あのネコは・・・?なんてネコを見かけると興味をもって想像して楽しむ息子です。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット