なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

ジャムおじさんの公開ページ

ジャムおじさんのプロフィール

ママ・20代・、女4歳 女1歳半

ジャムおじさんの声

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 犬も人間もおんなじだね〜!  掲載日:2010/4/21
ぼくだってできるよ
作・絵: イワン・ガンチェフ
出版社: 学研
農場で飼われている3匹の犬のお話なんですが…
うちの子達と一緒!
勇敢な猟犬、賢い番犬、ただの犬。
そのただの犬が主役。
役に立ちたくて色々挑戦しますが、何をやっても上手く行かず、いつもしかられてしまいます。
うちにもいますよ。
要領が悪くて、失敗ばかり…
でも、必ずいいトコロはあるんですよね。
そんなお話なんですが、我が家と一緒だな〜と思うと笑っちゃいますね。
そして、その子にはその子なりの思いや考えがあるのだから、無闇に叱ってはいけないな〜と反省しました。
自分が3人兄弟、3人のお子さんをお持ちの方…あるある!って感じで共感しちゃうかも!?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 芸人で言うところのアンジャッシュ!?  掲載日:2010/4/9
ねずみのおきょう
出版社: ひかりのくに
上の子が5歳の時に買ったんですが、面白いと思います。

修行に来ている小僧は、お経がなかなか覚えられません。
なのに、和尚さんの変わりにかり出され、お経を唱えるハメになるのですが…

後に、適当に唱えたお経のお陰で泥棒を撃退させる事が出来ました。
全部の内容を書いてしまうと読む楽しみがなくなってしまうので、これ以上は教えられませんが、アンジャッシュのコント?のようですよ。
こどもには楽しい内容だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なりきり!!  掲載日:2010/4/9
サウンドつきプラレールアナウンスえほん
サウンドつきプラレールアナウンスえほん 出版社: 永岡書店
2歳の息子に購入したんですが、4歳の娘と取り合いです(笑)

発車ベル、警笛、踏み切りの音…など、15のボタンと、マイク付き。
各ページ毎に、鳴らすボタンのマークと、車内アナウンスの内容がひらがなで書かれているので、車掌さんになりきって楽しめると思います。
6歳の娘もこっそり遊んでるぐらいですから(笑)
字が読めなくても、読めないなりに、絵を見て楽しんだり、マイクで歌を歌ったり…自分なりの遊び方で楽しめると思います。

本当にこれはオススメです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 小学校低学年ぐらいがおススメかな〜。  掲載日:2009/6/8
かしこすぎたサル
かしこすぎたサル 出版社: 新世研
5歳と3歳の子に読んだのですが、まだちょっぴり難しかったようです。
そしてちょっぴり怖かったかも…

コーンスープを作ろうと思ったサルが、ニワトリからツケでとうもろこしを買って、キツネからも、イヌからも…とどんどん強い動物からツケで買っていき、スープを作るんです。
お金を払うと約束をしたサルの所へ、動物たちが次々やってくるのですが、何しろ、次に取り立てにやってくる動物が強いもんだから捕食されてしまうんです…
ちょっと残酷に感じます。
終わり方も、結局サルがいい思いをしたまま終わるので、なんだかな〜と思ってしまったのが本音です。
日本の昔話だったら、きっとしっぺ返し喰らうのにな〜と、そんな感じがしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こどもの頃のお気に入りの1冊   掲載日:2009/6/8
さんまいのおふだ
さんまいのおふだ 作: 水沢 謙一
絵: 梶山 俊夫

出版社: 福音館書店
私自身子供の頃に、好きで好きで、何度も何度も読んでもらった本なので、未だに内容を全部記憶しています。

『ぴーぴーのさかり』当時は母に解説してもらってもよく理解できずにいたのですが、要は下痢って事ですよね。そうとも知らず『ぴーぴーのさかり』の響きがたまらなく好きで、よく口にしていたのを覚えています(笑)
この本のハラハラドキドキ感が子供にはちょうどよく、食い入るように聞き入ってました。
≪次は何にするの?≫≪違うよ、こうすればいいのに!≫なんて言いながら読んでもらってましたね。
そしてラストの和尚さんの機転に拍手!!
そしてヤマンバに≪まぬけだな〜≫と思ったのを覚えています。

子供にも読んであげたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい!たのしい!!  掲載日:2009/3/30
むかしばなしめいろ24(チャイルド本社刊)
むかしばなしめいろ24(チャイルド本社刊) 作・絵: ひやまゆみ
出版社: チャイルド本社
読み物っていうより、迷路で遊べる絵本です。
ページ毎にお話が変わります。
というか、登場人物が変わるんです。
例えば赤ずきんなら、赤ずきんちゃんやおばあさん、猟師やオオカミなどが登場しています。
そんな感じで24話分の迷路があって、子供は真剣になって遊んでいます。
途中、まとめて物語のあらすじが書かれていますが、やっぱりメインは迷路のようで、この絵本で遊んでいる時はかなりおとなしいですw

迷路はちょっと難しいのかな?
うちの子は5歳になって興味を持ち出しました。(参考まで。)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これはもうアートです!  掲載日:2009/2/23
チクチクさん
チクチクさん 作・絵: *すまいるママ*
出版社: PHP研究所
絵本というよりもアートなんです。
内容的には洋服のリメイクだったり、着れなくなった洋服でも大事にしようといった訴えかけのものなのでオチとかはないです。
なのでオモシロイ絵本ではないのですが、アートとして“見る絵本”として私が欲しくて買いました。
もし読まれるのならば、3児のパパが作っているという所にも着眼してください!驚きますよね〜。うちのパパでは全くもって考えられませんw
凄いですよ〜!盗みたくなるワザがいっぱいで楽しくなっちゃう絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 遊べる絵本  掲載日:2008/9/20
3さいのおえかき
作: 西内 としお
出版社: (不明)
挿絵のマネをして
海の波を描いたり、
のっぺらぼうのお化けに顔を描いたり、
想像力を養えるんじゃないかと思い購入を決めました。
クレヨンで直に描けて、簡単にふき取れるので何度でも繰り返し繰り返し楽しめます。
(更に、お値段が手頃なのが気に入りました!)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う (○´艸`)クスクス  掲載日:2008/9/18
パンツぱんくろう 7
作: あきやま ただし
出版社: (不明)
にらめっこしているぱんくろうとコミンゴを見ていたはっちゃんも
参加したくなっちゃったんでしょうね〜。
突然オモシロイ顔をしたらぱんくろうが…

怖かったのかなぁ〜(笑)
(○´艸`)クスクスっと笑っちゃう絵本です。
個人的には好きですね〜、4コマ漫画のようで。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 良かったね!  掲載日:2008/9/18
ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえん 作: 西内 ミナミ
絵: 堀内 誠一

出版社: 福音館書店
薄汚くて臭かったぐるんぱはいつもひとりぼっちだったのですが、
みんなにキレイにしてもらって仕事を始めるんです。
でも、自分のサイズに合わせてしまうのか?
大きな物ばかり作ってしまい、どこへ行っても何を作ってもうまくいかない…

だけど、あったんです、ぐるんぱが輝ける場所が!!
今まで作ってきた物を有効活用して、素敵な幼稚園ができました!

もう今までみたいに1人じゃないんです。
失敗は成功の母!
物はアイディア次第で輝く事!
たくさんの事を感じられます。
参考になりました。 0人

78件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット