まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

小さいおばけ」 みんなの声

小さいおばけ 作:オトフリート・プロイスラー
絵:フランツ・ヨーゼフ・トリップ
訳:はたさわ ゆうこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年07月28日
ISBN:9784198617141
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 13個のカギ

     おばけが好きな子どもは、ときどき笑いながら読んでいました。13個のカギをもっているところが楽しいです。

     白い「夜おばけ」が、太陽のひかりに当たって黒くなってしまいました。また、白い夜おばけにもどれるのでしょうか、、、人間の子どもたちが助けてくれて、、、と元気でおもしろいお話でした。
     
    50年も前に書かれたお話です。たくさんの子どもたちを、楽しませてくれたお話なんだなと思いました。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すべきキャラクター

    「大どろぼうホッツエンプロッツ」のプロイスラーということで読んでみました。

    前半息子はあまり興味を示さなかったのですが、将軍のポスターにおばけが落書きするあたりから、とても親近感を持って聞いていました。

    縦横無尽に動く姿がうらやましいと思ったようです。

    プロイスラー学校の先生をしていたようですが、子どもへの信頼感が作品から感じられます。

    「大どろぼうホッツエンプロッツ」でも、二人の子どもたちが活躍しますが、この本でも子どもがいきいきと描かれているなあって思いました。

    「おばけのジョージー」シリーズも好きなのですが、この本のおばけも愛すべきキャラクターだなと思いました。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしそうとおもいました

    「大どろぼうホッツェンプロッツ」とおなじえだとおもいました。

    小さいおばけが、ポスターにらくがきしたので、えーっておもいました。

    やっちゃいけないけど、たのしそうとおもいました。

    小さいおばけがひるおばけになったら、くろくなっちゃったからびっくりしました。

    よるおばけにもどれるのか、しんぱいしました。

    かぎたばの力がすごいとおもいました。

    なんでひるおばけになっちゃったのかわかりました。

    ぼくもおばけと友だちになりたいです。

    こわくないおばけなので、よかったです。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット