ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ことばあそびうた」 みんなの声

ことばあそびうた 作:谷川 俊太郎
絵:瀬川 康男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1973年
ISBN:9784834004014
評価スコア 4.76
評価ランキング 597
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 息子大爆笑

    • PYONさん
    • 30代
    • ママ
    • 福井県
    • 男の子3歳、

    見た目地味ですが、さすが谷川俊太郎さん、さすがロングセラー。
    けげんな顔で絵本(表紙)を見ていた息子が、読み聞かせ始めたとたん大爆笑でした。それはもう、何事かと夫が寝室をのぞきに来るほどに・・・。

    「おかあさん、これおもしろいわぁ〜(笑)かっぱ、ぱっぱ、かっぱ♪」
    と読み終えてからもブームは続き、特にお気に入りの「かっぱ」は毎回必ず「も(うい)っかい」と催促されます。


    見た目が地味なので、こういったサイトやお勧め絵本等の情報がなければ、自分ではなかなか選ばない感じです。
    まさかこれがこんなにヒットするとは・・・、やっぱり絵本選びは自分の好みだけではだめなんだな、と思い知らされた一冊です。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 言葉の面白さ

    たのしい言葉遊びの本です。「絵本」というカテゴリーに入るかどうかわかりませんが。

    息子に読んでやったら、息ができなくなるくらい笑い転げていました。2歳の子どもをこんなに笑わせることができるなんてすごいです(体を使った遊びの中でげらげら笑うことはありますが、言葉がおかしくて笑うことは、この年齢では少ない気がします)。

    どんな言語にもきっと言葉遊びがあるでしょうが、そんな経験を通じて人は母語や自分の育った文化にいつのまにか深い愛着を感じるようになるのかな、と思いました(うちは国際結婚なので、ついついそんなことを考えてしまうのです)。

    掲載日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1年生の長女

    • パセミさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    小学校1年生の長女と幼稚園年少さんの次女の2人に読みました。

    大人でも楽しめる言葉たくさん☆
    娘たちもとっても嬉しそうに聞いていました。

    特に、ひらがなの練習をしている真っ最中の長女は面白くてたまらない様子で、何度も読んでと言い、自分でも一文字一文字ゆっくり読んで楽しんでいます♪

    言葉って、面白いなって改めて感じました☆

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 声に出してかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    4歳の子どもに読みましたが、あまりピンとこなかったようです。
    意味がどうこうよりもリズム・響きを楽しむ本かなと思うのですが…。
    また時期が変わると反応も変わるのかもしれません。声に出してみても違うかな?個人的には私もあまりよく分かりませんでした。
    絵本紹介であったので読んでみました。私だけだとたぶん選ばなかったのではないかなと思います。たまにはこうした本も与えて、なるべくいろいろなものに触れさせたいと考えているので、まあこれはこれで良かったです。

    掲載日:2015/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語を次世代に伝える本

    レビューを見て入手を決めました。
    日本語のリズム感、語感、おもしろさを味わえるすばらしい作品です。
    海外在住なので特に、日本語の魅力を伝えることができる本当に貴重な絵本だと思います。
    語彙は日常的でないものもあるので、これを機会に説明することもできますし、親の私でも解釈に自信がない詩も一部ありました。そんなときに絵も助けになります。
    絵もオリジナリティーがあふれていて、デザイン性が高いところもとても気に入りました。

    掲載日:2014/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    言葉の響きが面白かったです。
    これは、ぜひ、声に出して読んでもらったほうが、その楽しさが感じられるでしょう。
    早口言葉のように思う文章もありました。
    絵も文章も、素朴な雰囲気だったと思います。
    続編も、読んでみようと思いました。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前の読み聞かせに

    寝かせつけのために絵本を読むつもりが、ますます子どもの目が冴えてしまい、「もっと、もっと」とせがまれて困った覚えはありませんか?
    うちの子がまさにそうです。
    絵本を数冊用意して、読んでやるのですが、読んでも読んでも「もう1冊」しまいには、消灯して強制終了。息子はワンワン泣き疲れて眠る事もしばしばでした。
    ところが、この本を半分ほど読み終えた頃、腕の中で、すうすう寝息が聞こえるではありませんか!
    ああ、谷川俊太郎さん、ありがとうございます!
    この絵本、退屈というわけではありませんが、一つ一つのフレーズが韻を踏んでおり、独特の単調なリズムを刻んでいます。そんなところが眠気を誘うのでしょうか。
    ひらがなでみっちりと書き込まれた詩と、古風でありながら斬新な、摩訶不思議な瀬川康男さんの絵。
    絵と文が一体化して、まるで額装にして飾っておきたくなるようなページをめくるたびに、日本語の面白さ、奥深さを味わうことができます。
    Eテレ「にほんごであそぼ」が好きなお子様には、ぜひおすすめします。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ある時期から楽しめるように♪

    息子が4歳の年中前半の時に買ったのですが
    その時は興味を全く示してくれませんでした。

    けれど、年中も後半に入った頃
    この絵本を持ってくるようになりました。

    あれ??前は興味を示さなかったのに・・・

    と、不思議に思いましたが、読んでみたところ
    音の響きが楽しいようで、ケラケラ笑っていました。

    ゆっくり読むのでなく
    できるだけ早口言葉で読むようにしました。
    そうすると、音やリズムを楽しめるんです。

    地味な絵本で、絵も古風な感じなので
    うちの子にはウケなかったのかな〜と思っていましたが
    時期が来たら興味を示しだしたので、図書館で借りたり
    書店で買ったけれど、関心を持ってくれないと嘆いているママさん
    もうちょっと時期を見て様子を見てみるといいですよ。
    この絵本の面白さがわかるタイミングは子供によって違う気がしたので・・・

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上手く読めないけど楽しい

    ことばあそびですが、スラスラ読むのが難しかったです。
    でもことばあそびには「なるほど」と思えるような文章もあって楽しいです。
    子供はもちろん大人にもおススメです。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばのエクササイズ

    勢いよく続けられる言葉の行列。
    子供には意味は分からなくても、このリズムがとても心地よい。
    結構難しい詩が多いように思うのだが、この手の本は理屈ではない。
    絵も文字も大人向けの本だと思うのだが、このリズムは低学年までの子供向けである。

    しかし、読み手にとってはとてもハードルの高いエクササイズ本でもある。
    このリズムの途中で、息切れしたり口ごもってしまったらこの本のうまみが消えてしまう。
    子供と張り合うつもりで読みたい本である。
    一緒に読んだりしても楽しい。
    結構子供たちの方が上手である。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット