だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ねっこ」 みんなの声

ねっこ 作・絵:平山 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:2004年
ISBN:9784834003659
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,183
みんなの声 総数 6
「ねっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 普段見ることができないことを知れる絵本

    学校の教科書でおすすめ図書として載っていたので、図書館で借りてみました。

    庭や畑や山の木のねっこが細かく描かれています。

    長く伸びた根、球根や根菜、又、まだ土の中にある芽など、根っこだけでなく土の中に生きる植物や生物の状態をも知ることができます。
    普段見ることがない土の中を観察できるのもいろんな発見がありました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本的視点

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    平山氏の緻密な絵

    「根」の大事さはわかっていても
    土の中で見えないから
    普段は気にもとめませんし

    おばさん的には
    「草取り」で四苦八苦してるから
    敵!!みたいな(^^ゞ

    図鑑とは違った切り口で
    絵本的で
    素晴らしい作品

    小学生にもOKかと思います

    しかし、すごい絵と視点だなぁ

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。以前かれてしまったお花をプランターから抜いたときに娘が根っこをみて「ママ、この白い髪の毛なあに?」と言っていたので、根っこを説明してあげたくてこの本をチョイス。娘に教えてあげるはずが、私がとても楽しくお勉強できて娘以上に楽しんだ本でした(笑)。根っこて土の中でぐんぐん伸びるんですよね。改めて見るとすごいです。普段目にすることのないものだけに、あーこんなことが土の中で起こっているんだ!とちょっと植物に対する見方が変わりました。

    掲載日:2011/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地下の世界を垣間見る

    4歳0ヶ月の息子に読んでやりました。ねっこは普段うまっているところは見えないので、息子は興味深々。まだその役割をよくは理解していないようですが、一緒に草抜きをすると必ずでてくる「ねっこ」なので、その埋まっている様子を垣間見ることがとても楽しかったみたい。ただ、さまざまな形のねっこが紹介されているだけですが、そのシンプルさゆえか、何度も何度も読んでーと久々のヒットでしたね。植物に興味があるお子さんには楽しめると思いますよ。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土の中の世界がドラマティックに見えました

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    福音館さんの「かがくのとも」シリーズは本当に、素晴らしい世界を見せてくれるな〜と、いつも感心しています。
    「ねっこ」も、こうしてみると、土の中の世界がすごくドラマチックだと思いませんか?
    しかも、作者の平山さんのイラストが、分かりやすくて、素敵でした。
    読んであげるなら、4,5歳から、1人で読むなら小学校の低学年くらいからかな?

    字が読めなくても、絵がずベ手を伝えれくれているので、ページをめくるだけでも楽しいと思います。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興奮!土中ファンタジー

    子供の頃、というか大人になった今もですが、土の中がどうなっているか、とても気になりませんか。
    何気にアリの巣をほじくってみたり、絵本で土の中のことが描かれているとつい見入ってしまう人、この本はそんな好奇心を充たすものですよ。
    抜けない草がなんで抜きづらいのか、視点は一気に土の中へ。
    他のに比べて一目瞭然の根のはりよう。
    様々なシチュエーションが描かれており、虫が寝ていたり、いつでも子に体験させてあげられるような身近な土中が繰り広げられています。

    根っこと一口に言っても、いろいろあるのですよね。
    だんだんパワーアップしていく様子は、子どもと一緒に興奮しました。
    雪の下で発芽を待つ根っこには、二人で歓声。
    案の定あちこち掘り返したくなりました。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット