しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

紙芝居 ぴったんこって きもちいいね」 みんなの声

紙芝居 ぴったんこって きもちいいね 作:田村忠夫
絵:土田 義晴
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年09月
ISBN:9784494078547
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,248
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 聞き手の子どもたちと一緒に遊んでみる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    紙芝居のシリーズ名が「2,3歳児のふれあいあそび」になっているので、
    これはもう、紙芝居の中のあっちゃんと一緒に、見ている子どもたちと一緒にやるのが楽しいと思います。

    全部で8場面です。1場面1場面のテキスト(文)も短かく、繰り返しが多いので、幼い子どもたちには聞きやすいと思います。
    最初手と手で“ぴったんこ”。
    次はおでこ、その次は足のうら!そしてほっぺ、最後のおしりです。
    つちだよしはるさんの絵が丸くって柔らかい線で、温かいソフトな色合いで、とても印象がいいです。

    全体特に季節感のある言葉は出てきませんが、タイトルの背景が青々している茂みが描かれているし、あっちゃんが半そでなので、春から夏にかけて読むほうがいいのかな〜と、思うのですが、
    最後にあっちゃんたちがおしくらまんじゅうをしてるんです〜。
    おしくらまんじゅうはどっちかというと寒い時期にやる遊びなので、あまり季節にこだわらなくてもいいのかもしれません。

    掲載日:2017/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • スキンシップも兼ねて

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    あっちゃんが、ねこちゃん、うさぎちゃん、きつねくん、くまくんと触れ合い遊びをしていますよ。
    ♪ぴーったんこ ぴったんこ ぴったんこするもの よっといで♪
    子どもの頃のあそびうたのメロディーが浮かびます。
    ぴったんこあそび、おてて、おでこ、足の裏、ほっぺ、おしり!?
    なるほど、最後はおしくらまんじゅうですか。
    ちょっとしたスキンシップ遊びも兼ねて、演じながら、聞き手の親子にも真似してもらいましょう。
    土田義晴さんの柔らかいタッチの絵がほっこりさせてくれます。
    ストーリーもシンプルで嬉しいです。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • オススメです。

    とってもいいお話だと思います。

    ぴったんこという言葉に合わせて

    体の一部を動物とひっつけ合わせるお話です。

    読みながら中断し、同じようにぴったんこ!と

    やりました。

    そういう触れ合いは小さい頃にたくさんしたいので

    こういうお話は喜んでくれます。

    土田さんの絵も優しい絵と色なので

    ほんわかとした気分になります。

    これは親子二人で読むか、

    もしくは大勢で読みながらペアになって

    ぴったんこ!ってやるといいと思います。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふれあい紙芝居

    乳幼児のおはなし会で読んでいただいたことが二度ほどあります。

    「ぴっーたんこ ぴったんこ」の呼びかけで、子どもたちが一斉に紙芝居に集中してきます。

    動物とあっちゃんがぴったんことをするたびに、子どもたちとお母さんがくっつくのが見ていて微笑ましいです。

    土田さんの柔らかくて優しい絵もお話の雰囲気にとてもマッチしています。

    紙芝居を見ながら、自然にお母さんと子どもたちがふれあうことのできる紙芝居だと思います。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • スキンシップの時間です

    おでこやほっぺをぴったんこ!
    この紙芝居を読むと娘は大喜びです。
    読みながら紙芝居を真似して「ぴったんこ」をしますが、このスキンシップがとても楽しいです。
    最後にはちょっとしたオチも。

    この紙芝居は、保育園での未就園児クラスでも読んでいただいたことがあります。
    そのときは、紙芝居にはない「ひざ」や「せなか」などのぴったんこも取り入れていてとても盛り上がりました。

    3歳にもなるとだんだんスキンシップの時間が減ってきますが、子どもとふれあうのって楽しくって気持ちいい!って再確認できました。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット