だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

よかったねネッドくん」 みんなの声

よかったねネッドくん 作・絵:レミー・シャーリップ
訳:やぎた よしこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年11月
ISBN:9784032014303
評価スコア 4.77
評価ランキング 505
みんなの声 総数 137
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

137件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 高学年でも大丈夫

    • あやっこうさん
    • 40代
    • その他の方
    • 広島県
    • 男の子11歳、女の子8歳、

    高学年の読み聞かせ、選書に困りますよね。
    内容の深いものでもついていける子もいれば、そうでない子もいる。
    低学年に比べて好みの幅もぐっと広い。

    そんな中で選んで読んでみたのがこの本。
    特に男の子の心をぐっとつかみます。
    カラーとモノクロのページが交互にくることは、すぐに予想がつき、次は、どうなるの?と食いついてくる姿に、こちらも嬉しくなります。

    読み聞かせバッグに、常に入っている1冊です。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    3
  • 繰り返しの魅力

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    小学校の先生に
    「とてもおすすめの本があるんですよ」
    と紹介していただきました。

    fortunately よかった
    unfortunately でも たいへん

    この繰り返しで
    おはなしはどんどん進んでいき、
    カラフルなページとダークなページが交互に登場します。

    「次はこうなるぞぉ」
    このさき起こりうる場面を想像し、
    ほっとしたり、ドキドキしたりする子どもたちの顔を見ていると、
    とても幸せな気持ちになれます。

    もし読み聞かせをされるなら、ビッグブックがおすすめです。
    通常の本よりも楽しさが何倍にもなります。

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読んでもらうと楽しい絵本

    小学校で長く読み聞かせをしている方が、おすすめしてくれた絵本です。私も読んでもらったのですが、大人が聞いていても、とっても楽しかったです。
    ネッドくんの身に起こる災難と幸運。それが交互にやってくるからハラハラドキドキです。災難の場面は白黒、幸運の場面はカラーで鮮やかに描かれているので、絵本全体にリズムがあって飽きません。
    ひとりで黙って読むよりも、誰かに読んでもらう方が断然楽しい絵本。ぜひ大勢で楽しんでほしいです。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ネッドくんがある日、パーティーに招待されます。パーティーに行く途中でさまざまな不運に出会いますが、幸運にもそれをすり抜けて無事パーティーにたどり着くというストリーです。
    不運と幸運が交互に現れリズミカルに話が進みます。
    不運のページは、白黒、幸運のページはカラーになっていて、視覚的にも分かりやすいです。
    また、日本語と英語が両方入っています。fortunatelyとunfortunatelyのニュアンスはしかっり分かりますね。
    ちょっと嫌なことがあっても、なんとかなるさと明るい気分になれる絵本です。

    掲載日:2014/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 訳が素敵!

    子どもも大好きな本で自分からパパに読み聞かせをしてました。
    運のいいことにって訳を「よかった」で書かれていて分かりやすくテンポよくすすんでいきます。
    本当にあったら生きた心地がしないかも?
    笑えるサブの本として小学生にも読み聞かせしてあげたら喜ばれると思います。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 細部まで読み返す

    娘が幼稚園で読んでもらっておもしろかったらしく
    私にお勧めの一冊として教えてくれましたので
    図書館で借りてきました。

    いわゆる繰り返し系の本なのですが
    その展開が「うそ〜ん」みたいなコント調の展開で
    ものすごくはまります。
    次々と降りかかるピンチな展開に
    ハラハラしながらも「次は何が来るのか」と期待してしまいます。
    モノクロ、カラーと交互になっているページ構成も
    一難去ってまた一難な展開をあおります。
    でも最後はとっても素敵なお楽しみ(*^_^*)
    娘は何度も細かい部分を読み返して、楽しんでおりました。

    娘のお勧め、なかなかです(^_^)v

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 運、不運の繰り返しが奇想天外!

    絵本ナビで知って大勢の方がレビューを書かれているので
    興味を持ちました。
    翻訳物であることと、絵の雰囲気は
    私の選ぶタイプではなかったのですが、
    意外性が私の絵本のイメージを広げました。
    明るい色使いが 運のいいお話だと思ったら
    次は暗い色使いでまさかの不運な出来事。
    明暗と言葉にリズムがあり、変化が交互に出てきて
    どうなるの??えっ!!
    そんな繰り返しで 結局オチはあるのです。
    爆発とかは怖いし 笑えないことなので
    どう受け止めていいのか、
    そんな気はします。
    人生 運のいいことは喜び、
    運の悪いことにも負けないで
    前に進むこと、私はそんなふうに受け止めました。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ネッドくんがパーティーに行くまでに起こる、よかったこと困ったことが描かれています。
    ページをめくるたびに「よかった!」「でも・・・」と繰り返されて、とてもおもしろかったです。
    ほしくさのうえにおっこちなかったところは大人の私も笑ってしまいました。文章は少なく、絵を見ただけでも内容はわかるので、読み聞かせでもうけるのではないかと思います。今度やってみます。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運がいいとか悪いとか

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     ニューヨークに住んでいるネッドくんにパーティの招待状が届いた…
    でも会場はずっと離れたフロリダだ…
    それでも友達の飛行機を借りることができて飛び立っていったのだが…

     子どもが飛行機を操縦できるわけがないなどとつっこみたいところはグッとおさえてず勢いで読んでいくと…
    見開きごとに幸運、不運が順番に繰り返していきながら最後は見事にハッピーエンドという構成…運がいいページはカラー…悪いのは白黒と区別されているのも効果的だ…

     読み聞かせの時は見開きごとの絵をゆっくり見せて注目ポイントを示しながら読み進めるとよい…適宜「いけるかなぁ」…などの感想を入れるのも楽しいと思う…

     作者には好奇心旺盛な子猫とカメの出会いを描いた古典的幼児向き絵本『いたずらこねこ』もあるのだが、それはまた別な話…

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運が良いのか悪いのか

    よかった!でもたいへん!の繰り返しで、息をつく暇もない絵本です。
    数々の災難に襲われながらも、かけっこしたり、泳いだり、飛行機を操縦したり、トンネルを掘ったりして切り抜けるネッド君はまさにサバイバルの達人。
    最後だけは「よかった!」の連続で、読み終わった後思わず「よかったねネッドくん」と言いたくなります。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

137件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット