となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

どろんこだいすきモクモクだい!」 みんなの声

どろんこだいすきモクモクだい! 監修:浅野 ななみ
絵:米山 永一
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年07月
ISBN:9784323024042
評価スコア 3
評価ランキング 37,613
みんなの声 総数 1
「どろんこだいすきモクモクだい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しそう!

    訪問先の保育園で、子どもたちが「読んで〜」と持ってきたので
    よみきかせしました。

    モクモクは保育園?幼稚園?どっちかな?
    に通うひつじの女の子。お着替えするのも遅く、
    通園準備をするのも遅い。少々どんくさい感じで
    園に行くのも嫌がって泣き出しちゃったり・・・
    ところが、あることがきっかけで園生活を楽しく思うようになる
    のですが、おはなしを聞いてる子どもたちは
    モクモクが通園準備をする段階から、
    「これじゃ学校(えん)に行くの遅れて大変だよね〜」
    なんて話して、園生活の先輩?としていろいろ突っ込みまくり (^◇^)
    もくもくが園生活に慣れ始める事になったきっかけの場面では
    「楽しそう!お友達できてよかったね」
    モクモクにおともだちができたことに一緒に喜んでくれたりして
    子どもたちのかわいい表情を眺めながら楽しむことができました。

    でも、おはなしの展開が園生活に興味を持ってもらうおはなしにしては
    少しワクワク感などがかけるようなきがしましたので
    評価はちょっと厳しくしてみました。

    掲載日:2008/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット