だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

これはあたま」 みんなの声

これはあたま 作・絵:五味 太郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1999年
ISBN:9784265902125
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,515
みんなの声 総数 10
「これはあたま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたま〜

    五味さんの本なので読みました。「あたま」だけについて書かれた本だったので、あたまについてお勉強するいい機会になりました。頭を使ってできることが書かれています。最後には「他にどんなことができるでしょうか?」の問いかけもあって、もう少し大きくなったら娘と一緒に頭で何ができるかな〜、といいながら会話を楽しめそうです。娘は「あたま」を覚えたようで「あまたどこ?」というと「ここ」とあたまを指してくれるようになりました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたまってすごい

    ユーモラスな絵本です。
    五味さんの独特のイラストと、短い文章が、
    「あたま」っていろいろな使い方があるんだな、ということを、楽しく教えてくれます。
    息子は、こういう淡々とした本の展開が気に入ったらしく、
    自分でも、他にどんな「あたま」の使い方があるか、よく考えていました。
    その時点で、頭を使っているんですけどね。
    頭って、大事だな。いろんなことができるんだな、と改めて思いました。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョウチョウりぼんが可愛い

    五味太郎さんの「これは・・・・」シリーズ4冊の「これは あたま」

    です。

    御馴染みの顔に、ピンクのチョウチョウりぼんがとても気に入りました

    なんだか娘の幼いころを思い出してじーんとしました。

    孫にもりぼんをつけたいと思いました。

    髪が、ちじれっ毛なので上手くできない(?)と思うけれど、ぜひりぼ

    んをつけたいです。

    石頭の孫ですから、ごっつんこをしたら負けてしまいます。

    「頭は、そうとう硬いから喧嘩のときにも活躍できます」

    と、ありました。そんなふうに元気に出来たらいいなあと思いました。

    五味さんふうの可愛い絵もいいと思います。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えるのも楽しい

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    「あたま」でできることを、五味さんらしいユニークな視点と文章で色々紹介してあります。最後のページに、
    「他にどんなことがかんがえてみましょう」とあり、
    息子も、私といっしょに他にどんなことができるか、一生懸命考えていました。
    こんな風に、読むだけでなく、絵本の世界から自分も考えてみるというように世界が広がるのはとても楽しくて、絵本の醍醐味だと思います。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さん

    五味さんの作品だったので選びました。表紙のリンゴを載せている頭はウィリアムテルを連想しました。さすが五味さんだと思いました。この絵本の御蔭でいかに頭を使わせてもらっているかということが分かりました。荷物を運ぶシーンでは目を吊り上げて段ボールを持っている主人公がとても頑張っている様子に感動しました。頭に乗せることによって両手では持てないものも持てるようになるとは素晴らしいなと思いました。喧嘩の時に役に立つとは面白いな、確かにそうだなと思いました。私の好きな場面は気持ちのこもった頭が気持ちのこもった挨拶をするところです。

    掲載日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なあたま

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳4ヶ月

    1歳半の息子にはまだちょっと難しい内容だとは
    思ったのですが、五味太郎さんの絵は可愛くて
    息子が大好きなので、図書館から借りてきてみました。

    頭を使って色々なことが出来る。
    例えば、ヘッドホンをかけることが出来たり、
    荷物を運んだり、ケンカにだって使えます。
    ボールをけることや、考えることが出来ます。

    頭を外から「使う」と内から「使う」の二つを
    教えてくれるこの絵本は、大人が読んでも、
    なるほどなぁと感心させられてしまいました。

    掲載日:2006/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたまのつかいかたってむつかしい

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    この本は文字が少ないので、2歳の子供も「読んで」といいますが、実は奥深いものを感じます。

    あたまのつかいかたがたくさんのっていますが、案外思いつきません。
    最後の「ほかにどんなことができるのでしょうか」の問いかけには私は「かんがえることかな」と思いましたが、5歳の子供はしばらく考えて「わからない」といいました。
    何かしらこたえが出せるようになるのはいつかな?

    掲載日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは・・の絵本

    五味太郎さんの「これは・・」のシリーズ絵本の1冊です
    今回は「あたま」あたまってこんな使い方があるのよ。って
    いうようにいろいろ頭の使い方が載っています。絵がシンプルで
    分かりやすいのがいいですね。他にはなにができるかな?この問におこさんたちはどんな解答を出すのでしょう??いろいろありますよね。読んであげるなら 1歳前後〜 

    掲載日:2003/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頭で何ができるかな?

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    頭に荷物をのせて運べるとか頭は帽子がかぶれるとかいろんな頭の使い方が描かれています。最後には「このあたまはほかにどんなことができるでしょうか。かんがえてみましょう」とあります。息子はすぐに「考えること」と叫びました。絵本の感じからして年齢の低い子向けと思ったけど結構6歳の息子でも頭を使って楽しんでいます。

    掲載日:2003/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頭の使い方

    • モリヘイさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    親は思わず吹き出してしまいました。子供は絵本に書いてある使い方を真似てみようとします。でもほかの使い方はまだ見つからないでいます。

    掲載日:2002/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット