おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

カサブランカリラさんの公開ページ

カサブランカリラさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男4歳

カサブランカリラさんの声

195件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ものしりに  投稿日:2012/03/03
ふしぎの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO)
ふしぎの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO) 作: 白數 哲久
出版社: 小学館
とにかく、「これってどういうこと?」といろいろなことが気になって仕方のない息子。親はどうこたえていいのか、わからずにいつもうやむやにかわしてきました。
でも、この本のおかげで、息子はいろいろな謎が解けたようです。
小さな子にもわかりやすい説明に、たくさんの写真やイラスト。
大人も読んで楽しいです。
今ではすっかり親より物知りになった息子。教えられることが多いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コミュニケーションツール  投稿日:2012/03/03
どうよううたのえほん2
どうよううたのえほん2 出版社: 永岡書店
何度も自分の気に入ったボタンを教えては、手をたたいてリズムに乗っています。
カラオケバージョンにして「ママ歌って〜」と言われ、歌うとうれしそうな娘。
親子のコミュニケーションツールをして、とてもいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2つのバージョン  投稿日:2012/03/03
きいてうたって!どうよううたのえほん
きいてうたって!どうよううたのえほん 出版社: 永岡書店
カラオケと、歌の、2つのバージョンがあるので、使い分けができ助かっています。
娘は気に入った歌のボタンは何度も押して、
楽しくリズムに乗っています。
歌詞も1番だけではないので、「この同様の2番hあこういう歌詞だったのか」と歌いながら、親も勉強しています。
長く使える一冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おもしろい  投稿日:2012/03/03
時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで
時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
子供と一緒に大人もはまる迷路シリーズです。
迷路はもちろん、いろいろな隠し絵や、探し物がたくさんあるので、1冊全部クリアするまで時間がかかります。
このシリーズは子供が大好きで何冊も持っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 懐かしい  投稿日:2012/03/03
続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ
続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
時の迷路に引き続き、購入しました。
おじいちゃん世代や私たち親世代、そして未来の子供たちの舞台が出てきて、親子3世代で、楽しく読める本です。
昭和の時代は、懐かしいものがいろいろできてて、見るのが楽しいです。「ママたちの頃はね・・・」と子どもに語りかけることができるので、おすすめです!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 勉強になります  投稿日:2012/03/03
自然遺産の迷路 屋久島発 世界一周旅行へ
自然遺産の迷路 屋久島発 世界一周旅行へ 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
いろんな自然遺産が出てくるので、勉強にもなると思います。
迷路や隠し絵で楽しみながら、自然遺産の名前も覚えられるので、一石二鳥の本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一番初めに  投稿日:2012/03/03
恐竜迷路 なぞの恐竜ワールド大ぼうけん
恐竜迷路 なぞの恐竜ワールド大ぼうけん 作・絵: 千塚鉄也
出版社: 講談社
迷路シリーズが大好きになったきっかけの本です。
当時、恐竜が大好きだった息子は、すぐに本に飛びつき、
あっという間に、迷路や隠し絵のおもしろさにもはまってしまいました。
この本以降、すべてのシリーズを制覇しています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 親子で仲良く  投稿日:2012/03/03
伝説の迷路 ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ
伝説の迷路 ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
このシリーズの本がきっかけで、迷路が大好きになった息子です。
隠し絵などもたくさんあるので、親子でいろいろ発見しあいながら、
楽しく読むことができます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいジャッキー  投稿日:2012/03/02
ジャッキーのたからもの
ジャッキーのたからもの 絵: あだち なみ
文: あいはら ひろゆき

出版社: ブロンズ新社
一番下のジャッキーが、とにかくかわいい!
優しいお兄ちゃんたちに囲まれて、幸せなジャッキーと、
二人の兄がいる娘がだぶり、この本を購入しました。
ジャッキーの最後の作文には、ほろりをきました。
こんな風に仲良し兄弟でいてほしいな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいくないけど・・・  投稿日:2012/03/02
こびと大百科 増補改訂版
こびと大百科 増補改訂版 作: なばたとしたか
出版社: ロクリン社
初め見た時は、「ちょっと気持ち悪い・・・」と思いましたが、子供はとにかく大好きです。
幼稚園でもこびとづかんが流行った時があって、みんなでこびと探しを真剣にしていました。
こびとの習性など、あっという間に覚えて教えてくれるようになりました。
1才の妹も、こびとが気に入ったようで、一人で本を見て笑っています。
参考になりました。 0人

195件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット