庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」 みんなの声

でんしゃでいこう でんしゃでかえろう 作・絵:間瀬 なおかた
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年01月
ISBN:9784893254894
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,161
みんなの声 総数 254
「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

254件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 景色も楽しんで!

    絵本専門店に行った時に、息子が自分でみつけてはなしませんでした。
    それほど、この絵本は息子にとっても魅力的だったようです。

    この絵本、前から読むと、「でんしゃでいこう」
    後ろから読むと、「でんしゃでかえろう」
    両方から読んでも楽しめるんです♪

    何より楽しいのが、電車の音。
    場所によって少しずつ音が変わるんですよ。
    電車の音って普通「がたんごとん」が一般的なんだけれど、
    この絵本は「デデンドドン」とか「デデンゴゴー」
    などと、微妙に変化していきます。
    そういわれてみると、電車は「デデンドドン」と走ってるな〜。

    そして景色もとってもきれい。
    雪の中を遊ぶ子供たちや、美しい山並み、
    海岸の様子や、菜の花畑、
    どれもじーっと見入ってしまうほどに細かく描かれています。

    もう一つのお楽しみはトンネルの中。
    トンネルをくぐると、中の乗客の様子が見えるのですが、
    この乗客の様子がトンネルをくぐるたびに、変わっているのです。
    さっきまで寝ていた赤ちゃんが、えーんえーんと泣いていたり、
    トランプをしている家族の様子や、車掌さんの動きまで、
    みんなの様子が見られてとっても楽しい。
    これだけで一つの物語ができそうです。
    子供ってこういう細かい部分をみつけるのって大好きですよね。
    ほんと子供心をくすぐる絵本だな〜って思います。

    山の駅から海の駅へ。
    こんな素敵な電車のたびをしてみたいな〜。
    でもなんだか見たことのあるような、懐かしい風景。
    と思ってよく見てみると、なんと山の駅の看板には
    「はんだ」の文字が。
    著者紹介をみてみたら、間瀬なおたかさんは愛知県出身の方でした。
    この絵本の舞台は愛知県だったんですね〜。
    きっと間瀬さんもこうやって毎日電車にのって、
    ゆっくり景色をながめていたんだろうな、
    と思うと、ますます愛着がわいてきました。

    しかもね。
    よーくみると、絵本の中に「ごんぎつね」らしききつねがいるんですよ♪
    ごんぎつねの作者新美南吉も半田市出身ですもんね。

    掲載日:2006/12/22

    参考になりました
    感謝
    4
  • 2通りの楽しみ

    この本、とても楽しいです。前からでも後ろからでも読めて「行きと帰り」の2通りの楽しみ方ができます。すごい本です。お話も楽しく、トンネル抜けたりして本当に電車に乗ってる気分になります。うちの娘は大好きです。電車の本といえば、今のところこの本が一番です。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • でんしゃに乗った気分!

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    駅から電車に乗り、次の駅に到着するまでの、景色の変化を楽しめます。
    「デデドド」や「デデドドン」など、走る所によって電車の音が変わって表現されているのも面白いです。

    なんといっても、表紙からでも裏表紙からでも読めるという点が非常に良いですね。
    うちの息子はエンドレスで「今度はこっちから読んで〜」と頼んでくるほどなので、本当に気に行っています。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • この場所へ旅してみたい

    見開き1ページに広がる町や山の景色。
    電車がトンネルに入ると見えてくる、乗客たちの楽しそうな様子。
    デデンゴゴー、とリアルに鉄橋を渡るときの音。

    電車好きの息子に買った一冊ですが、私の方が気に入っています。

    前からも後ろからも読める本なので、1冊で2度旅を楽しめます。

    絵も細やかで、1歳の息子も、登場してくる小さな小さな動物や乗り物を見つけては楽しそうに教えてくれます。
    トンネルに入ると、車掌さんがお客さんに写真を撮ってあげたりしているシーンなども探し出してきて、「しゃしん、しゃしん」と騒いでいます。

    菜の花畑のあるラストの(最初の)景色は、いつか息子と旅してみたい場所です。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 前からでも後ろからでも

    特に電車好きの息子ではないのですが、かわいらしい電車のイラストに図書館で借りて読み聞かせてみました。
    デデンドドンとリズムよく走るのかと思ったら、デデドドとか電車が走る場所によって電車の音が変わって、そうそう電車って走るところによって音も変わるんだよねーと改めて読んでる自分が発見でした!

    トンネルが切り抜きになっていて隣のページが見えるので息子も指を突っ込んで興味津々
    トンネルに入ると息子が真っ先に「ゴーーー!!!」と言ってくれました☆
    山や谷やいろんなページに可愛らしい動物たちが描かれているので、うちの子はそれを一つ一つ指さして教えてくれます。
    電車がアップになるイラストも、乗客たちの車中の様子がストーリー形式で描かれているので電車の旅の楽しい様子が子ども心にもわかるようです。

    前からも後ろからも読めるので、とても気に入ったようで返却期間までに読み続けるようなら買ってあげようと思います。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • よみきかせ方が難しい

    息子が2歳の時に読みました。
    図書館で、電車が大好きな息子が「これよんで」と持ってきました。
    電車は、それほど乗らない私にとって、電車の音の違いが難しくかんじました。
    たしかに、橋にかかるときなど音が変わるのがわかるのですが、、、
    そんな電車の色々な音を楽しむ素敵な絵本です。

    正直なところ、楽しく読んであげられない自分が情けないです。

    誰かプロの方によみきかせをしていただけたら、印象がガラッと変わる絵本だと思います。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • リズミカルで季節感もあります

    小さい子から大きい子まで楽しめる電車絵本です。
    ページごとに「デデン ドドン」「デデ ドド」「ゴー」と変わる電車の音や、ドンネルを抜けるたびに変わっていく風景と季節が子どもたちの眼をくぎ付けにします。
    また、電車の中の人々の様子も、よーく見ると、ちゃんとドラマが繰り広げられています。大きくなるとそんな細かい部分ををじっくり見て楽しむこともできます。大人でも楽しく見入ってしまいます。
    そして、やっぱりこの本の大きな魅力は、前からも後ろからも読めるところ!!
    表表紙のタイトルは『でんしゃでいこう』なのに、裏表紙のタイトルが『でんしゃでかえろう』になっているところも本当ににくい演出だなと思い、間瀬さんのアイディアに脱帽です。
    本当に長い間楽しめる絵本なのでおススメです。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 乗客の動きにも注目!

    • ローサさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    読み聞かせ、小学3年生の教室で読みました。

    電車に乗って旅に出ます。がたごとんがたんごとん・・・読むのは、電車の動いている「音」なのですが、背景によって聞こえる音がちょっとだけ違います。

    旅の途中、移り変わる景色がのどかでやさしいです。

    「片道」を読み終えて、おり返したら「え〜〜〜!!」と期待通りの反応が返ってきました(^.^)

    「帰り道」車内にいる乗客の表情に注目していた児童も・・。

    読み時間・・5〜6分

    掲載日:2011/06/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • トンネルの仕掛けが良い

    電車がトンネルを抜けていくと、次々と変わる情景に目を奪われます。
    電車が大好きな息子は、電車を見て大興奮し、
    次に穴の開いたトンネルを覗き込んで大喜びでした。
    前からも後ろからも読めるので、繰り返し読んでもスムーズで
    読み聞かせる親も飽きずに読めました。

    掲載日:2010/11/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 電車の旅

    • *ちい*さん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    トンネルを抜けるたびに、景色が変わります!
    どのページも温かみがあって、ほのぼのしている景色です!

    細かい部分まで描かれているので、子どもが
    遠くに描かれている車など、興味のある物を見つけたりして
    楽しんでいます。

    話の内容は、とてもシンプルですが、
    前からも後ろからも読めるようになっていたり、
    トンネルの部分がくりぬいてあるので、
    次のページの風景が少しだけ見えたり・・
    工夫がされているので、面白いです☆

    3歳になったばかりの頃に、初めて読みましたが、
    シンプルなお話で、リズミカルに読めるので、
    もっと小さいお子さんでも楽しめる絵本だと思います!

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    1

254件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(254人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット