なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

たいまるちゃんさんの公開ページ

たいまるちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県

自己紹介
はじめまして。
子供が生まれて、実家の古い押入れから懐かしい絵本たちを探し始めました。
黄色くなったページや、最後のページのぐるぐる模様の落書き。
絵本と一緒に、幼いころの思い出も押入れの中に入ってました。

どんなジャンルの本も大好きです。
今は、子供と一緒に楽しめる絵本の世界にどっぷりつかっています。
好きなもの
子供と公園で色々な物を発見する時間。
今日は、タンポポの綿毛を飛ばしました。息子は「ふーっ」とできずに食べてしまいました。

たいまるちゃんさんの声

41件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 誰もが思うはず  投稿日:2011/08/11
たまごにいちゃん
たまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
あぁ・・うちの子みたい。
って、だれもが思うようなそんな本です。

そして、すこししみじみして
いつしか 卵の殻を割って大きくなる姿を想像して
嬉しさと少しばかりのさみしさを味わいながら
息子をぎゅっと抱きしめたくなりました。

たまごから出たくないたまごにいちゃんを
息子は神妙な顔で聞いています。
なんとなく、たまごにいちゃんの気持ちがわかるのかな?

お気に入りは、カラスにおいかけられて
転がって、石にぶつかっちゃうシーン。
目がくるくる回っているところが面白いのだそう。

図書館で借りてきたのだけど、
あんまり気に入っていたので
こっそりばあばちゃんが本屋さんで買ってきてくれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 僕もいつか  投稿日:2011/08/11
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
3歳になったばかりの息子には
ちょっと早いかな・・・と思いつつ
背伸びして借りた本です。

読みこむほどに気に入ってきて
寝る前は、「これよんで〜」と持ってくるまでに。

みぃちゃんのおつかいはリアル感たっぷりで、
まだまだおつかいデビューは先の話であろう息子も、
その小さな大冒険に息をのんで聞き入ります。

みぃちゃんがやっと牛乳を買うことができて
お母さんの所へ帰ることができて
息子も安堵の表情。

いつか、息子もみぃちゃんみたいに
勇敢におつかいに行く日が来るのかなぁ。
その時は、息子の「はじめてのおつかい」が出来上がるのかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 応援しているよ!  投稿日:2011/08/11
がんばる!たまごにいちゃん
がんばる!たまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
だいすきな「たまごにいちゃん」の続きが読みたいという
息子の熱いリクエストを受けて、借りてきました。

すっかりお兄ちゃんになった、たまごにいちゃんだけど
時々たまご時代が恋しくなって・・・・。

息子にはまだ、弟も妹もいないのだけれど
近い将来、たまごにいちゃんと同じような葛藤を
抱く時がくるのかなって思います。

友達からの温かな励ましと言葉を受けて、
最後にたまごの殻をぽろっと脱いで
「がんばる!!」ポーズをとったたまごにいちゃんに
大きなエールを息子と二人で送りました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たいちゃんの〜  投稿日:2011/08/10
たいちゃんの たいこ
たいちゃんの たいこ 作: 寮 美千子
絵: 大島 妙子

出版社: 鈴木出版
たいちゃん
うちの息子の愛称と同じ名前
一目見て気に入りました。

たいちゃんは朝からたいこをたんたんたたたん♪
我が家のたいちゃんもたいこをたんたんたたたん♪

とってもリズミカルな音楽をたいちゃんは奏でてくれて
読みながら元気になれちゃいます。

「たいちゃん」がいるご家庭はもちろん
たいちゃんいがいの子供達もとっても楽しめる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 電車にのりた〜い  投稿日:2011/08/05
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
表紙の赤い電車が
いつも乗っている電車に似ているので、
自分が乗っている気分で聞いてくれます。

つぎは〜わにだ〜わにだ〜
と、次々現れる楽しいお客さん。

車内アナウンスを本物の車掌さん風に読んであげると
とっても喜びました。

うららちゃんが、降りた次の駅の「おばけだ」駅にも
興味津々の様子でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さな猫と一緒に冒険!  投稿日:2011/07/20
ちいさなねこ
ちいさなねこ 作: 石井 桃子
絵: 横内 襄

出版社: 福音館書店
小さなねこは、おかあさんねこが見ていない間にお出かけ。
男の子に捕まえられちゃったり、
車にひかれそうになったり、
いぬにおいかけられたり、
でもでも、だいじょうぶ。

お母さんが子猫の泣き声をききつけて
たすけにきてくれる。
そして、お家にかえって、おっぱい。

小さな猫の目線で描かれた、小さな冒険。
息子も、固唾をのんで物語の行方を見守ります。
きっと、心の中で一緒に冒険しているのでしょう。

おっぱいを飲む子猫の後ろ姿のなんと可愛らしいこと。
お母さんの安心した表情。

親子で楽しめる、冒険ストーリーです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 動物園がもっと好きになる本  投稿日:2011/07/20
こぐまちゃんとどうぶつえん
こぐまちゃんとどうぶつえん 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
動物園をより楽しむことのできる本はないかなぁと思い
この本を購入しました。

動物園へ行く前の夜の定番は、やはりこの本です。
きりんさんの長い首
かばさんの尻尾をふりながらのうんち
おさるのあかちゃんの楽しい抱っこ

どれをとっても
可笑しく楽しく
明日の動物園が待ち遠しくなるのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつか住みたい、こんな家  投稿日:2011/07/20
おおきな きが ほしい
おおきな きが ほしい 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 偕成社
職場用にと購入した本ですが、2歳の息子が出してきたので
一緒によんでみることにしました。

文章が長いので、2歳版に短くアレンジ。

大きな大きな木にかかるはしごや
小屋で作っているホットケーキに目を奪われ
「これなあに?」の質問攻めに。

春夏秋冬、移ろいゆく景色や
小屋の中が少しずつ模様替えされている様子を
むすこはただただ、興味深くみていました。

もう少し大きくなった時、
また違った反応をみせてくれるのでしょう。
今からとても楽しみです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きらきらのさかな  投稿日:2011/07/20
にじいろのさかな
にじいろのさかな 作・絵: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 講談社
出産のお祝いで頂きました。

随分長いこと、絵本棚で眠っていたのですが、
3歳に近くなり出動。

きらきらのさかな、と息子は言い
楽しんで見ています。

色づかいもとても美しく、ストーリーも子どもにとって一番
大切な「分け合う」精神が描かれているのではないでしょうか。

もう少し、このストーリーを深く感じるには
まだまだ小さすぎますが、また少し大きくなった時
読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 100の物語  投稿日:2011/07/20
じどうしゃ
じどうしゃ 作・絵: 寺島 竜一
出版社: 福音館書店
実家の本棚から引っ張り出してきた本。

私は、あまり気に入ってなかったのか
割ときれいな状態でした。

息子は男の子。
気に入らないはずがありません。

文章が一行もないこの本は、
ママのオリジナルの本に変身します。
ある日は、
色遊びの本
ある日は、
音遊びの本、
もちろん、物語だってあります。

他のママやパパは一体どんな風に読んでいるのでしょう。
100人いれば100通りの物語になる本。
ステキです。
参考になりました。 0人

41件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット