おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ゆうすげ村の小さな旅館」 みんなの声

ゆうすげ村の小さな旅館 作:茂市 久美子
絵:菊池 恭子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784061956964
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふしぎなお客さんたち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ゆうすげ旅館にふしぎなお客さんがたくさん!
    お客さんの正体が人間ではないと気付いても、態度を変えずにいつも親切でやさしいつぼみさんがすてきです。
    「つるばら村」シリーズが好きな人はこのお話も気に入ると思います。そして逆にこのお話が気に入った人は「つるばら村」シリーズもおすすめです!
    どのお話も良いのですが、「おだんごがすきなお客さま」のお話が私は好きです。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心地よい旅館

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    「とちのき村の〜」
    「つるばら村シリーズ」
    あんぺい先生はなんだっけ(^^ゞ

    そっか!旅館はありませんでしたね?
    お料理とか得意そうだし
    お世話好きそうだし
    つぼみさんの旅館に泊まってみたくなります

    また、いろいろなお客様がやってきます
    農家のこと、自然のこと
    自然に入ってくるのがいいですね

    さて、次なる茂市作品を探さないと!

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな旅館で

    12の章があります。

    一番最初のお話「ウサギのダイコン」が息子の国語の教科書に載っていました。

    私が読んでみたくて図書館で借りて来ました。

    息子も教科書に出てくる馴染みのお話とあってしっかり聞いていました。

    ゆうすげ村でゆうすげ旅館という小さな旅館を営むつぼみさん。

    そこへいろいろな人たちが泊まりにきます。

    季節の移り変わりと共に、やってくる不思議な人たちとの交流は、安房直子さんやあまんきみこさんの描く世界と通じているような気がしました。

    どのお話も優しさが漂い、主人公のつぼみさんの人柄そのものだと思いました。

    一人読みするなら中学年以上からがお薦めです。

    掲載日:2010/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット