ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

あかちゃんがやってくる」 みんなの声

あかちゃんがやってくる 作:ジョン・バーニンガム
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:谷川 俊太郎
出版社:イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784781604022
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,747
みんなの声 総数 20
「あかちゃんがやってくる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 世界中の「お兄ちゃん」へ

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    ドキンと胸が鳴る、そんな絵本に出会えたという印象です。ヘレン・オクセンバリーさんの絵は温かくて大好きだし、作者はなんとご主人のジョン・バーニンガムさん。さらに訳は谷川俊太郎さん。読む前から期待せずにはいられませんでしたが、期待以上に、心に響きました。

    ママの「あかちゃんがくるのよ」という台詞で始まるこの絵本。
    「いつくるの?」「なんてなまえにするの?」「あかちゃんは なにに なるのかな?」たくさんの疑問をママに投げかけるぼく。ママの返答にも、ちょっとだけ嫉妬を込め、強がり、“あかちゃんなんて…”の思いは否定できません。

    でも、季節はすぎ、ママのお腹はどんどん大きくなっていく。比例して、ぼくの、お兄ちゃんになる期待と不安も。

    長い時間、葛藤していたけれど、赤ちゃん誕生の季節になり、ぼくが「あかちゃん いつ くるの ママ?」「あかちゃんに あいたいよ。」と話したときには思わず涙が出そうになりました。

    そして赤ちゃんは生まれた…。
    お兄ちゃんの準備ができたから、生まれてきたのかもしれないね。待っていてくれたのかもしれないね。そう思いました。

    ラストは、おじいちゃんと病室へ向かうお兄ちゃんのひとまわり大きくなった背中の絵で締めくくられています。背筋をピンと伸ばして、腕にはプレゼントを抱えて…ね。

    赤ちゃんの姿は描かれておらず、完全にお兄ちゃんにスポットがあてられているのが印象的。大きな大きな成長に、心から拍手とエールを贈りたいです。

    掲載日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    5
  • 夫婦による最高の共作絵本の一つ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    あのジョン・バーニンガムの2010年の新作です。
    しかも、絵は、妻であるヘレン・オクセンバリーが担当し、何とこれが初めての共作絵本。
    訳は谷川俊太郎さんですから、期待は膨らみます。

    物語は、ママがぼくに「あかちゃんがくるのよ」と言うシーンから始まります。
    「いつ くるの?」
    「なんて なまえにするの?」
    「あかちゃんは なにに なるのかな?」
    そんな質問を次から次へとママに投げかけるのですが、それは不安の裏返し。

    ぼくはママと、いろんなところに一緒に出かけては、あかちゃんが何になるのか空想します。
    時には、不安から
    「ママァ、あかちゃんにくるなって いえないの?
     うちには あかちゃんなんか いらないんじゃない?」
    なんて発言もしたりします。
    そして、だんだんママのお腹は大きくなっていくにつれ、次第にぼくの決意は固まっていくのです。
    それは兄になるという決意。
    「あかちゃん いつくるの ママ?
     あかちゃんに あいたいよ」
    もう立派なものです。

    プレゼントを携えたぼくと、花を抱えたおじいちゃんが病室に向かうシーンで終わるのですが、最高に恰好良いと思いました。

    兄になるという揺れる心情を、時の経過とともに描いた素晴らしい作品だと思います。
    今回、ヘレン・オクセンバリーが絵を描いたのも、大きくプラスになっていて、大人の鑑賞にも堪えうる作品に昇華しています。
    子どもへの読み聞かせだけでなく、ママが読んでも何かを感じることのできる作品としてオススメします。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    4
  • 未知との遭遇

    ジョン・バーニンガムが作ですが、絵がヘレン・オクセンバリーなんですね。

    子ども心をよくご存知な作家さん二人。

    子どもって塀やブロックなどの少し高いところを歩くのが好きな時期がありますけれど、

    雪の中をおかあさんに手を持ってもらって狭いへりを歩いている男の子の場面を見て「ああこんなことする」と思いました。

    子どもにとって赤ちゃんがやってくる気持ちって、未知との遭遇みたいな気持ちではないかと読み終わって感じました。

    赤ちゃんが大きくなったら何になるかしらとあれこれと想像する場面に息子が笑っていました。

    最初は戸惑いだけれど、時間の経過を経て喜びにかわっていく心の成長が丁寧に描かれた絵本だと思います。

    全体を通して、男の子を見守るおかあさんの優しいまなざしを感じました。

    上の子の気持ちを描いた絵本としてこれから定番になりそうです。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 兄貴になる期待感

    ジョン・バーニンガムは好きな作家ですが、あの奔放な絵のイメージとは違和感を覚えたのです。
    なんと夫婦共作だったのですね。
    ヘレン・オクセンバリーは『きょうはみんなでクマがりだ』や『三びきのかわいいオオカミ』で、楽しい絵とちょっと観点を変えたもののとらえ方で気になっている作家でしたが、この初共作には驚きを感じました。
    この作品は奥さんの絵でなんとも楽しいお話ですが、バーニンガムが絵を描いていたら印象は随分と違っていただろうなと思います。

    「あかちゃんがくるのよ」とお母さんが坊やに話すところから話が始まります。
    坊やにとっては未知の世界。
    いろんな疑問や、想像がわいてきます。
    次第におなかが大きくなっていくお母さんと坊やとのコミュニケーションが見事。
    坊やの想像する世界も見事。
    現実の世界と夢の世界の描き方にさりげない技巧を加えたオクセンバリーさんの描き方が、とても素晴らしいのです。

    坊やは生まれてくる妹か弟にいろいろな夢を見ます。
    楽しい夢、不安な夢…。
    そして、いよいよ赤ちゃんが生まれるときには、おじいちゃんに得意そうに自分の見た夢を話します。

    ところで、この絵本が見事なだけにちょっと不安を感じてしまいました。
    お父さんの姿がどこにも見えてこないのです。
    これってバーニンガムさんの世界ではないような気がします。
    ストーリーには母子家庭だというメッセージが入っていないので、絵の中にお父さん自身かお父さんの存在感を描いても問題ないと思うのですが。
    バーニンガムさんの『アボカド・ベイビー』を再読して、その違いを再確認。

    父親としては、お父さんの印象があまりに薄いことに寂しさを覚えた次第です。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 赤ちゃんがやってくる期待と不安

    我が家には、赤ちゃんはやってきませんが、
    赤ちゃんが来て欲しい娘の為に選びました。

    赤ちゃんが生まれてくるにあったって
    お兄ちゃんの不安な気持ちが良く現れています。

    時には「あかちゃんなんか いらないんじゃない?」という
    言葉まで飛び出したり、
    赤ちゃんが大きくなったら、どんな仕事をするかなぁ?って
    話していても、ことごとく否定したり。

    でも、そんな期間を経て、やっと生まれてくる事が楽しみに
    思えるようになるのでしょうね。
    男の子のそんな成長の様子が垣間見れて、
    ほんわかと暖かい気持ちになれます。

    そして、このママさんがとてもお洒落。
    お腹が大きくなってもハイヒールを履いてるし
    お兄ちゃんと一緒に、色んな所にお出掛けしていますが
    服装も妊婦さんと思えない位に素敵です。

    4歳の娘にとっては、赤ちゃんが色んなお仕事をしているって
    想像しているシーンが楽しかったみたいです。

    掲載日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • この絵本の中のママはとても素敵!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    もうすぐ下の子が生まれる!っていう小さいお子さんをお持ちのご家庭にお薦めです。
    ぜひ、1回は上の子になるお子さんに、この作品を読んであげてほしいです。

    この絵本のママはとってもできたお母さんだな〜と、感心しました。
    肝っ玉が据わっているというか、堂々としてとてもお母さんらしいお母さんでした。
    こんなお母さんのもとで育っていくぼくも、これから生まれてくる赤ちゃん(男の子だったらピーター、女の子だったらスーザン)もきっと素敵な大人になり、素敵な職業に就けると思います。
    私もこんな母になりたかったです。いまさら遅いけど…。

    1ページめくるごとに季節は変わり、ママのおなかが少しづつ大きくなっていくところはすごい表現力だなぁと、思いました。
    (さすが、ジョン・バーニンガムです!!)
    ママとぼくとで考える「生まれてくる赤ちゃんがどんな仕事をするか」って、想像するシーンも、毎回楽しく描かれていました。
    暖かくて、優しい絵本でした。

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 妊婦さんって、美しいんだなって・・・

     初?初なんですか〜?
     ご夫妻共作が。
     ビックリです!
     もったいな〜い。
     もっとたくさん読みたくなりました。
     
     兄弟が生まれる事を知り、ちいちゃな胸の中の可愛いざわめきが、よく伝わってくる男の子の台詞。
     そして、やってくるあかちゃんが将来「〜になるかもね」というママの言葉に、そのあかちゃんの姿を想像し思い描いている各見開き。
     全面ユニークなコマ割で、あかちゃんが、シェフになったり絵描きさんになったり、はたまた銀行マンになったりの様子が、とにかく可愛らしい。
     さらに、ママが、ファッショナブルな上に美しい。
     女体の神秘というか、おなかが少しずつせりあがっていく様子、腰周りが微妙に変わって行く様子が、よく描かれています。
     妊婦さんって、美しいんだなって改めて思いました。

     お兄ちゃんを連れ、訪れる場所も素敵な所ばかり。
     上に一人いても、こんなにゆったりとした様子で妊娠期間を過ごせるママのおおらかさも素敵。
     自然の大きな摂理に身を委ねているような、新しい命の訪れを喜びを抱き静かに待っている姿がなんとも言えず魅力的です。

     悪い癖の深読みで、エンディングからなんとなくシングルマザーのような空気も感じました。

     皆さんは如何様なご感想を持たれるかしら?

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 不安と期待と…喜びへ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ジンバーニンガム絵本作家夫妻の初めての共作絵本だそうで、期待通りの感動が味わえる絵本でした

    大好きなお母さんとの会話形式のお話の進め方は、子どもにもわかりやすいんでしょうね

    またお兄ちゃんになる子どもの想像を絵で表現するあたりも、子ども次元で面白いです

    上の子供にとったら、我が家に赤ちゃんを迎えるということは、不安でしょうがないのに、一緒に遊ぶという期待もある

    おじいちゃんと赤ちゃんに会いに行く後姿には、まだ不安と期待が入りまじっていて、やがて喜びにつながっていくのだろうな〜という終わり方に、子どもの想像力もきっとマックスで働くと思います

    ぜひぜひ大人の方にも読んで頂きたいです

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 期待と不安

    おかあさんから「あかちゃんがやってくるのよ」と聞かされた男の子。
    お兄ちゃんになるのが、お母さんがとられるのが、新しい家族が増えるのが、とっても不安で受け入れがたい様子がとってもよくわかります。おかあさんにあかちゃんがいることのデメリットを伝え続ける様子もいじらしくていとおしい。そんな様子も優しく見守るおかあさんとのやりとりが素敵です。
    最後にはあかちゃんを待ち遠しくおもう、成長したお兄ちゃんの姿。
    これからあかちゃんを迎える子供たちに読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2016/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃん

    お兄ちゃんになる子の気持ちがとても上手く表現されているなあって感心しました。おにいちゃんになる上の子の不安や焼きもち、心の変化、赤ちゃん受け入れるまでの子供の気持ちがわかってとても役にたちました。おにいちゃんのその後が、とても気になってしまいました。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット