モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

きんたろう」 みんなの声

きんたろう 作・絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784265030743
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,664
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしい

    いもとようこさんのこのシリーズは半分近く持っています。
    絵が穏やかなのと、文章もやさしいので、とても落ち着いた気持ちで読み聞かせをすることができます。

    きんたろう。このようなお話だったんですね。
    小さい頃に読んだはずなのにすっかり忘れていました。
    とても懐かしい気持ちがよみがえってきました。

    また最後についている歌のページもいいですね!
    なぜか歌は歌えるから不思議。子どもも「ママ、歌って!歌って!」と嬉しそうに言っています。

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • まさかりかついで

    園で毎日リズム体操の時間に、「きんたろう」の歌を歌いながらお馬

    さんに乗れる孫はご機嫌です。

    先生やおかあさんお馬に乗せてもらって孫はその時間が大好きです。

    孫もそのお陰で、「ハイハイ」が出来るようになりました。

    孫が家でも、ハイハイが出来るまで全員で異動手段がハイハイのときが

    あり、「きんたろう」は、とても嬉しいです。

    孫は、「きんたろう」の歌が大好きです。歌詞までついていたので勿論

    一緒に歌って楽しみました。

    絵本で、「まさかり」も知ることが出来てよかったです。

    孫が理解できたかどうかは別として、御馴染みの歌なのでとても嬉しか

    ったようです。

    いもとようこさんの絵が可愛いし、優しい絵なのですんなりと昔話も

    受け入れそうな気がします。厚紙でできているので手荒くしても破れな

    いのがいいと思いました。

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな話だっけ?

    2歳7ヶ月の息子に読んでやりました。殺伐なストーリーが多い昔話やおとぎ話の中、こんなにシンプルなストーリーがあったのかしら?と改めて見直してしまいました。私も金太郎の絵本を小さい頃読んだ記憶がないので、と思ったのですが、いい本ですね。

    昔話というと、鬼が登場するのが常。でも、鬼をやっつけたりするシーンや鬼そのものを理解するのが大変だとおもっているので、もっと穏やかな昔話を、と思う方にはとてもオススメです。なんといっても、ちからもちの金太郎は、とてもやさしいし、動物たちと仲良く遊んでは、流れてしまった橋の変わりに木を倒してあげる、というだけのお話です。

    たしかに、童謡の歌詞をみてもそれだけしかうたっていませんね。電車好きの息子に先日、「金太郎」という愛称の貨物列車を教えてやったので、これで「金太郎」がなにであるかはわかったのでは。イラストはいもとようこさんなので、そもそもソフトでやさしいタッチ。逆に強さがみえてこないくらいです。

    掲載日:2010/04/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • いもとようこさん

    いもとようこさんの作品だったのでこの絵本を選びました。金太郎は昔話で読んだ事があるのでとても懐かしく感じました。金太郎の活躍ではなく日常生活に焦点を絞った構成が良かったです。力が強いだけでなく優しく繊細な面も持つ金太郎の性格をとても上手に表現していると思いました。優しさが滲み出る描き方はさすがいもとようこさんだなと感心しました。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現代っぽいです!!

    いもとようこさんの描く日本昔話は、かわいらしくて、
    現代っぽくて、子どもはこういった絵の方が、入りやすい
    のかなと思います。
    きんたろうって、名前や歌はよく聞くのに、実はどんなお話
    なのか、いまいちわかっていなかったので、あらためて娘に
    読み聞かせをしてみて、ストーリーを覚えた感じです。
    他の昔話よりは、インパクトが少ない感じがしますが、
    昔から伝わっているものなので、しっかりと伝えていきたい
    と思います♪

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の季節。

    いもとようこさんの優しいタッチで描かれた素敵な絵本です。
    もうすぐ、子供の日も近いので、このお話を読んであげるのもいいかなと思います。
    男の子らしい、元気な金太郎が描かれている反面、小さないも虫さんを踏んじゃ駄目だよと優しい金太郎の姿も描かれています。今読むのにぴったりな昔話だと思います。
    最後に金太郎の歌の楽譜と歌詞が載っているので、より楽しめると思います。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出版年でストーリーが違う!

    ポプラ社から出版されている「世界名作ファンタジー」の一つです。(350円で買えるシリーズです。)
    最初に図書館で借りたのは古いものでした。「おとうさんは熊に襲われて亡くなった」ということになっています。本屋さんで購入した新しい本では「おとうさんは戦で亡くなった」となっています。
    古い本では、きんたろうに襲いかかる熊は母熊ですが、新しい本では、父熊です。
    古い本では、大きな鯉をボコボコに叩く表現がありますが、新しい本ではその表現は削られています。
    その他にも沢山違いがあります。古い方が辻褄が合っていて私は面白いと思います。時代を経るにしたがって、いかに表現の自由がせばめられいったかを物語る一例です。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供に馴染める絵

    子供に馴染める絵で「きんたろう」が描かれています。
    厚紙なので破壊される心配がなく、幼児から読ませることが出来ます。
    最後のペ−ジにはおなじみの「きんたろう」の歌詞が載っているので一緒に歌えて楽しめます。

    掲載日:2003/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット