ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いもむしのうんち」 みんなの声

いもむしのうんち 監修:林 長閑
構成:E.E. net
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年
ISBN:9784752000334
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「いもむしのうんち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虫好きなこにたまらない

    いもむしではなく、いもむしのうんち。
    道端に落ちていた黒いつぶつぶから、虫の姿を探し、
    発見。うんちをする様子も分かり易く説明されています。

    虫の姿からではなく、まず子どもが目にしたり、手に取ったりした
    発見の瞬間から始まるところがギュッと子どもの心を
    つかむのかもしれません。
    よく行く支援センターに置いてある本なのですが、
    2歳の息子はこの本が好きです。

    同じように道端の落ちている虫のうんちをみつけ、
    視線を上に這わせて虫を発見するという作業を繰り返ししていたので、
    自分が経験したことに加えて、さらに詳しい虫の姿が写真で
    載っているのが面白いようです。
    道端を歩いて木の下に虫のうんちを見つけると、早速
    「この上に虫がいるよ」と得意げに教えてくれます。

    知識としてそのものの形や名前にとらわれるのではなく、
    小さないも虫が、人間と同じように食べて、うんちをするということ。
    当たり前のようですが、同じ生き物と生きている姿が描かれて
    いるようにも感じました。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫の世界って奥深いな

    うんちからいもむしの様子を探っていきます。

    特に私が驚いたのは、さなぎになる前に黒っぽいぐちゅぐちゅのうんちをするところです。

    幼虫の時のうんちと違うんですね。

    うんちを通していろいろなことがわかりました。

    虫の世界って奥深いなと思います。

    このいもむしが、成虫になって何になるのかは確かめてくださいね。
    その華麗な変身ぶりに驚いてしまいました。

    掲載日:2009/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「いもむし」を飼っても良いって言えるかも

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    ちょうちょもいもむしも苦手な私。
    絶対飼育なんて無理だって思っていました。
    でも…
    この絵本を読んだら(飼ってもいいかな…)って 笑。
    いもむしがちょうちょになるまでに食べる葉っぱや
    するうんちの写真がそれぞれ見開き2ページを使って
    ズラーって並べられています。
    もう こんな写真を見たら
    絶対数えたくなっちゃいますよね。
    そして 飼ってもいいかなって思っちゃう。
    でも 身近な所でいもむしを捕まえるにはどうしたらいいの?
    そんな疑問も出てくるのですが
    最後のページを使って
    こんな木には こんないもむしがいますって
    教えてくれています。
    もちろん写真絵本なので とってもわかりやすいです。
    小学校では よくちょうちょを飼育したりしていますね。
    新1年生への入学のお祝いにもいいなぁ…と思った絵本です。
    ふしぎ発見シリーズ6冊目です。
    他の絵本も読んでみたくなりました。

    掲載日:2008/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 蝶になるまで

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    「いもむし」に「うんち」とインパクトのある題名です。
    でも、美しい蝶になるまでの生い立ちです。
    成長の美しさを実感できると思います。
    写真絵本ですので、著者と一緒に観察している気分で、
    いろいろな知識が得られますね。
    この芋虫のうんちは食べているクスノキと同じ匂いがするんですって。
    それに、うんち排泄ライブを見ていたら、面白いですよ。
    お腹が黒っぽくなって臨場感たっぷり。
    (長男が赤ちゃんの頃、食事中に動きが止まり、催した時の事を思い出しました。)
    幼虫の頃から成虫になるまでに食べた葉っぱ・うんちの量を並べた写真は圧巻ですよ。感謝!
    十数年前の読書感想文コンクールの課題図書。
    なるほど、科学絵本として、おすすめです。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味津々★

    • 小百合さん
    • 20代
    • その他の方
    • 広島県

    いもむしのうんちってどんなのだろう。
    そんなこと、考えたこともなかったけれど、この絵本を読めば、いもむしの体のことが沢山分かります★☆★

    新たな発見がいっぱいの絵本です★

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもって、「うんち」とかちょっと汚いものが結構好きですよね〜。
    この絵本は、子どもの好奇心をとらえながら、しっかりと虫の不思議な生態のことを伝えてくれる、なかなか優れ物の写真絵本です。

    いもむしが成長してチョウやガになるということは、虫の好きな子どもなら知っているかと思いますが、
    実際問題、どんな風に成長していくのかということは、あまりよく知らないと思うんですよ。
    それをこの本はいもむしの「うんち」にスポットライトを当てつつ、絵や写真で、楽しく説明してくれています。
    この絵本はエリック・カールの「はらぺこあおむし」を楽しく読んだ子どもたちが、小学生になったらお薦めしたいです。

    掲載日:2003/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもむし博士になれる本

    息子はこの本が大好きです。写真で色々教えてくれているのに、文章もしっかりして子供だましじゃないんです。
    ちゃんと4才児に分かるように、内容も細かく説明。
    魅力たっぷりです。
    何度も読み返しているうちに、ちょっと知識を得たみたいで、息子は得意げ。これで、いもむし博士になれること間違いないです。

    掲載日:2003/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット