だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はじめてのキャンプ」 みんなの声

はじめてのキャンプ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年06月
ISBN:9784834009729
評価スコア 4.8
評価ランキング 272
みんなの声 総数 78
「はじめてのキャンプ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 4歳の娘にピッタリでした

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子4歳

    お兄ちゃんと同じ事ができる!と信じて止まない、うちの娘。
    なほちゃんの気持ちが、すっごい良くわかったのでしょう。最初っから最後まで、今までにない集中力で、絵本に入り込んでいました。

    そうはいってもさすがに一人で夜のトイレに行くのは難しいしミッションです。でも、なほちゃんはやり遂げました。
    暗いのが嫌いなうちの娘にとってこのなほちゃんの勇気ある行動は、自分のことのように嬉しく感動したに違いありません。
    読み終えた後、いつになくテンションが高く、興奮気味でした。

    娘にこんなにもぴったりの本に出会えて、本当にラッキーでした。
    等身大の女の子の話、今後も探してみようと思いました。

    ページは多いけど、とっても読みやすい本でしたよ。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • シンプルな一冊

    ずっと気になっていた絵本でした。
    図書館で借りてきました。
    1ページの字数は少ないですがページ数がかなりあります。
    しかし2歳の息子は最後まで飽きることなく聞いていました。

    絵はとてもシンプルだけど,無駄がなくとても安心して見れます。
    お兄ちゃんやお姉ちゃんにあこがれてちょっと背伸びしたくなる気持ち。
    保育園で生活している息子も同じです。
    キャンプにはまだ行ったこと無いけれど
    読んだ後は「キャンプ。キャンプ」と言っています。

    やっぱり林明子さんの絵本大好きです。
    落ち着きます。
    心がキュンとなります。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • なほちゃん、頑張りました!

    便利になったこの頃では、やっぱりキャンプ場の夜のトイレには、大人の私でも気になり、なほちゃんが一人でよく行ったなあと感心しました。どうもそのことばかりが気になってしまいまいた。大きいおにいちゃんやおねえちゃんに混じっての行動にもせいいっぱい背伸びして頑張ったんだと思いました。そんな経験をやっぱり孫たちのも経験をさせたいなあと羨ましく読みました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ〜!!

    このお話は、キャンプに行くみんなより年下の女の子が無理を言ってみんなと一緒にキャンプに行って、いろいろなことを頑張るお話でした。行く前にみんなといろいろ約束をしたので、それを一生懸命守ろうとする様子がちょっと感動しました!!

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどきわくわく

    大きなお兄ちゃんやお姉ちゃん達にまざって
    はじめてキャンプに行くことになった女の子
    なほちゃん
    そのドキドキ感と臨場感がひしひしと伝わってくる
    ストーリです
    絵多め、文字少なめの導入部から徐々に
    後半へいくにつれて文章量がふえていくような
    あえてそういうつくりなのかな?
    絵本から幼年童話への入り口にぴったりな一冊だと
    思いました
    息子はおばけの話のシーンが少しこわかったようですが
    強がっていました

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの成長を見守りたい。

    林明子さんの絵本を探していて
    見つけました。
    少し分厚く 絵本というより
    幼年童話っていうんでしょうか。

    なほちゃんという
    ちっちゃい女の子が
    大きいこどもたちと一緒にキャンプに参加したい!

    不安だけれどついていってみたい!という
    子どもの心が描かれています。

    4歳から〜とあるので、
    私の孫にもそろそろ
    こういう絵本もいいなぁ。。と思います。

    読み聞かせのお話がきちんと聞ける、
    主人公に共感する、
    また読んでみたくなる、
    子供の成長に向けて
    読んであげたいと思いました。

    おばあさんの私も
    1人で読んでみて
    子どもの頃の気持ちを
    なつかしく思い出しました。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本よりページはあるけど、読みやすい

    絵が多くて読みやすいです。
    年中くらいから大丈夫じゃないかな?

    息子はいっ時この絵本にハマっていました。
    なほちゃんを自分に重ねていたのかなー?と思います。
    お兄ちゃんたちと同じようにしようと一生懸命ななほちゃんは、とても力強いですし、ラストの頼もしい姿に、息子も喜んでいます。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • さぁ、キャンプに行こう!

    • R☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道

    児童書ではありますが、文字はとても少ないので
    絵本感覚で読み聞かせができます。

    シンプルな色遣いの絵が、想像力をよりいっそう膨らませてくれます。
    森の緑は、いつか家族とお出かけした時に見たあの森の色に。
    みんなで食べている美味しそうなキャンプ料理は、ボクが大好きな○○に違いない!
    夜の花火は、きっとこんな色♪
    などなど。

    はじめてのキャンプの間に
    なほちゃんがみるみるたくましくなっていく様子は、
    大人の私でも、毎回ほれぼれしてしまいます。

    この本を読むと、
    キャンプをしたことのない子は、
    きっとキャンプに行きたくなってしまう!
    キャンプをしたことのある子は、
    やっぱりキャンプに行きたくなってしまう!

    さぁ!読み終わったら、ぜひキャンプに行きましょう♪

    キャンプから帰って来て、もう一度この本を開くと。
    森の絵は、様々な緑色に輝いて見え、
    川の絵に、今までよりさらに心地よい冷たさを感じ、
    ご飯の準備のシーンでは、ホントにぶわ〜っと煙の匂いに包まれた気持ちになり、
    絵の中の焚き火のパチパチいう音が聴こえ、
    キャンプ場の夜の静さと虫の声、昼間とは違う、少しだけひんやりした空気。
    見あげた星空の圧倒的な存在感・・・
    全てが色や音や匂いを伴って甦って来ることでしょう。

    さぁ!読み終わったら、ぜひキャンプに行きましょう♪

    そうすればこの本は
    一粒で二度も三度も美味しい本になること間違いなしです。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプの前後に

    1ページごとに描かれる挿絵と、ちょっとの文章が、なによりなほちゃんの気持ちを表しています。
    なほちゃんほどではないけれど、小さい頃からのキャンプ経験がある私としては、当時感じていたみずみずしい夏山の風や闇が、ありありと思い出されました。
    逆に経験のない子なら、「キャンプってどんなだろう」と期待感に満ちてくることでしょう。
    グループ行動の厳しさと温もりを、易しい言葉で描き出した珠玉のアウトドアストーリー。

    うちはキャンプの後に読みました。一人っ子なので、なほちゃんの気持ちはわかりづらかったようだけど、臨場感は味わってもらえたかなぁ?
    読んでもらうなら幼稚園から、自分で読むなら小学生からですかね。

    掲載日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプの楽しさが伝わってくる

    この7月に初めてキャンプをした3歳半の息子と読みました。

    これくらいの長さだと幼年童話になるのでしょうか。
    黄色と青を基調としたかわいい絵、
    3歳には長いですけれど、これだけ挿絵が入っていれば、
    それほど気になりません。

    夜になって青が濃くなってくるところがすてき。
    闇の中の星の表現、そして火の表現がいいですね。

    子どもたちが、一生懸命仕事をして、夜ご飯をつくります。
    とても楽しそうです。
    主人公のなほちゃんのがんばりも拍手です。
    川で食器などを洗っていますが、現在は環境保護の観点からいうとやめた方がよさそうですね。

    キャンプの楽しさが伝わってくる、すばらしい絵本だと思います。
    欲しいなあ。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

78件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット