ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

ジローとぼく」 みんなの声

ジローとぼく 作・絵:大島 妙子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年06月
ISBN:9784032320206
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,213
みんなの声 総数 55
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

55件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • いぬのきもち ひとのきもち

    ジローはぼくんちのいぬ。
    あるあさ、なぜかぼくとジローがいれかわって・・・!


    でも、ジローは何でもうれしそうにやる。
    肩たたきも、いもうとと遊ぶのも。

    犬もたいへんなんだね。
    外で一人でねるのはさみしいよね。
    人間もたいへんなんだよ。
    宿題もあるしさ。

    なんだかお互いにそうなぐさめあってるかのような二人です。

    ジローのにたにたがおが面白くて思わず笑ってしまいます。

    大島妙子さんの絵本は、いつも、ちょっと古くて(笑)、ちょうど私が子供だったころの風景が描かれます。
    なんだかなつかしくて、大好きです。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    3
  • 素敵な昭和チック♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    え〜っ、こんなにおもしろいのに「閉架書庫」なんですよ・・・(/_;)

    昭和的な絵にまずは、感激
    縁側ですよ
    パジャマに腹巻ですよ!

    そして、なんともミックスというより
    雑種!!という名にふさわしい(^^ゞジロー

    小さい頃は、ぼくが抱っこしているのに
    あっという間に・・・
    絵本を閉じると・・・

    とりかえっこの考えは
    小さい頃、よくしますよね
    相手の気持ちを考えるのに
    楽しい題材かと思います

    幼児から楽しめると思います

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • じんわりきます

    友人に薦められて、全ページ立ち読みで2歳になる次男に読み聴かせしました。

    主人公の男の子が犬のジローの気持ちになって、2人?が入れ替わってしまう不思議。どこか懐かしい家庭の風景。ジローのニヒルな笑顔。素朴で暖かい筆使い。やはり離れられない2人の微笑ましいラストカット。子供と夢中になって読みました。

    ともかく、絵もお話もすばらしいです。

    子供に「もう一度」とせがまれ即購入。小学2年生の長男もお気に入りです。

    それにしても、全ページ立ち読み企画は画期的です。ありがとうございます。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • なりたいような、なりたくないような

     大島さんの描くキャラクターは、犬でも人でも同じように個性的で、1度見たら忘れられないインパクトがあります。ジローもまた、「かわいい」からは程遠いけれど、“人間臭さ”が魅力の、なんとも憎めない愛嬌たっぷりの犬です。

     我が家にも、娘が「弟」のようにかわいがっている犬がいるので(実際には、犬のほうが5歳も年上の「おじいちゃん」なのですが・・・)、ジローとぼくの気持ちがとってもよくわかります。 娘もよく「○○(愛犬)はいいなあ。学校に行かなくてもいいし。ずーっと寝てるだけでいいんだから」と、うらやましそうに言っています。

     でも、本当に2人が入れ替わってしまったら・・・?
    娘は、しばらく考えてから、「やっぱり○○になりたい! だってプールにも行かなくていいし、宿題もしなくていいから。(今は夏休みなので・・・) でも、(犬の)ごはんだけは絶対いやだ。だって、ぐちゃぐちゃご飯なんだもん!」と、真剣に答えていました。

     犬のほうでは、どう思っているんでしょう? ジローと同じかな? 
    1度聞いてみたいです!

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジローから目が離せない

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    大島妙子さんの絵本、すごくツボです!
    この絵本も、表紙からすごいですよね。
    「ジローとぼく」の題名に、描かれた犬と男の子。
    犬がジローだなってここでわかるけれど、このジローが、かわいくない(笑)
    おじいさんのような眉に、この目!

    どの場面のジローの目もいろいろ考えたりたくらんだりしていそうで、
    もうジローから目が離せません。

    確かに、「はい、大きくなったから、外の犬小屋ね」というのは、
    犬にとっては理不尽な出来事ですよねー。
    でも、裏表紙を見るとぼくに「逃げて〜」と言わずにはいられないぐらい、
    ジローがでかすぎです。
    最後まで笑いっぱなしでした。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジローとぼくが入れ替わって

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    ジローとは犬の名前。とっても愛嬌のあるお顔をしています。大きくなったジローと男の子がいっしょの布団に寝ている絵は、おもしろさいっぱいです。

    この本では、犬のジローが、男の子の家族の一員だと認識してそれを主張しているところが印象的です。家族がジローを愛し、ジローが家族を愛しているすばらしい関係だと思います。

    ジローのように、飼い主から愛されてすごす犬がいっぱいいることを願わずにはいられません。

    掲載日:2007/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度読んでも興味津々!!

    これは長男の好きな絵本。
    読めば読むほど好きになっていくようです^^☆

    飼い犬のジローとぼくが入れ替わってしまうお話で
    「あっ!今、入れ替わった!」、「あっ!戻った」と
    お話から今ぼくがどちらの立場にいるのかを考えるのが
    楽しいようです。
    心が入れ替わるということが、とても不思議なのでしょうね。
    相手の立場に立つことで、見える相手の気持ち。。
    そういう小難しいことをすぐに考えてしまいがちな母ですが
    長男は素直にジローとぼくの関係を楽しんでいるようです^^;

    掲載日:2007/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジローのニタニタした顔がいい!

    子供の時って、○○と入れ替わったらとか、もし、○○だったらとか、必ず思うものですよね。これはそんな子供の思いを表したおはなしだと思います。そして、自分の方がいいと再認識するんです。
    それにしても、ジローのニタニタした顔が何ともいえないくらい、いい味出しています。白い眉毛もチャーミングです。
    ひと昔前の一般家庭の日常を、細かく描いてあって、懐かしくなりました。
    少々ギャグっぽいおはなしと、それにそった絵、私がはまっってしまいました。

    掲載日:2006/07/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛犬と僕が、入れ替わった愉快な一日!

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    大島妙子さんの描く絵が、とても楽しげで、あたたかい日常の茶の間の風景を明るく、味わい深く描いていて、すごく気に入りました。
    始めは、まだ子犬だったジローが、大きくなったために、僕と一緒にベッドで寝るのには、窮屈になってしまった。そこで、素敵な犬小屋を手作りしたのだが・・・、夜になると、今まで、家の中で二人でいたのに、いきなり外の小屋に一人ぽっちにされて、なんだか寂しそう。そこで、僕が、犬小屋へ行くと・・・。
    奇想天外な展開が、とても面白く、親子でゲラゲラ笑えます。犬の視線から、いつもの茶の間の風景を覗くと、とても新鮮だし。犬が、人間を羨ましそうにいつも眺めていたことがわかります。
    また、人間になったジローが、本当の意味で、家族の一員になった気分を堪能している姿が、本当に幸せそうに楽しんでいるのが、とってもおかしかったです。

    掲載日:2004/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 立場逆転

    独特だけれどおもしろい絵本でした。
    主人公の男の子と犬のジローが入れ替わってしまうお話。
    4歳の娘に読みましたが、ちゃんと理解していました。
    4歳くらいの理解力だとぴったりの内容だなと思います。逆に大きくなるとつまらないかもですね。
    年齢にちょうどあった絵本選びが大切だなと思いました。

    掲載日:2016/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

55件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダおやこたいそう
    パンダおやこたいそうの試し読みができます!
    パンダおやこたいそう
     出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
    「おやこたいそう はじまるよ!」親子いっしょに、からだを動かしながら、からだもこころも豊かに!


『10才からはじめるゲームプログラミング図鑑』編集者インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット