だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

とだな」 みんなの声

とだな 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:谷川 俊太郎
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1976年
ISBN:9784572002259
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,562
みんなの声 総数 9
「とだな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなしますね

    次男が誕生したころ、このシリーズの「あかちゃん」を買いました。一歳半になった次男は、この絵をみて、楽しんでいます。それで、このシリーズをかいたしています。シンプルな絵とことば。しかも図鑑ではなく動いている感じがするバーニンガムの絵がすばらしい。

    みんな戸棚の中をひっぱりだすこと、やりますねー。片付けは大変だけと夢中になっている間にお料理できます。興味を持ってやることはいたずらじゃなくて、学びですね。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちとおんなじだ!

    息子が図書館で自分で見つけてきました。

    読んでみると、何とうちの台所の戸棚によく似ていました。息子ももっと小さい頃はよくボウルなどで遊んでいました。全部引っ張り出したりはしませんでしたが。

    主人公がお母さんに片付けさせられる場面では、ニヤッと笑っていました。

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いです

    1歳の娘と一緒に読みました。ジョンさんの絵が優しくてシンプルでとても素敵だし谷川さんの訳もまた良いです。簡潔な文章で読みやすいし、ゆっくり丁寧に読んであげることができます。この本読んで「あ、まさにうちの娘!」と思うほど共感できる内容。うちの娘もとだなからあれこれ出して遊ぶのが大好き。この本を見た後は思い出したようにとだなを開けて遊んでました。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもって!そして、ハハって!

    • よにんこママさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子3歳、女の子0歳

    次男が4歳のとき
    欲しがって買った絵本。

    戸棚からお鍋を出して遊ぶぼく

    そして

    ほかの遊びを考えなさいって言っておきながら
    ぼくが去ろうとすると
    もどってかたづけなさい!っていうお母さん。

    うーん。
    お母さんと子どもって、
    そうですよね!

    思わず、うふふと
    笑っちゃいます。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おなじだね・・。

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    我が家にはすごく親近感の沸く一冊でした。
    なぜなら我が息子もまったく同じ遊びをよくしていたから・・。
    戸棚を開けてザルをかぶる・・「この子、○○ちゃんみたいだねー」といいながら読みました。
    やることがあんまり似てて、ちょっとにやけてしまうくらい。
    やっぱり子供はみんなキッチンが好きなんだなーと思います。
    子供も興味を持って見ていました。

    掲載日:2008/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公の好奇心旺盛さ

    可愛らしい主人公が登場しもうそれだけでこの絵本を選んだかいがあった!と思いました。子供にとっては鍋までも、キベラまでも本当に面白い遊び道具になってしまう事をこの主人公が実践をもって教えてくれている気がしました。お母さんが怒った様子なく主人公に諭すように声掛けしている様子も素敵だなと思いました。子供のすることに温かい目をもっているお母さんは私の手本です。素敵な親子に癒されました。

    掲載日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • にやり。

    • みどぅさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子1歳

    ジョン・バーニンガムの「もうふ」が良い絵本だと聞き、探していたときに、図書館で見つけました。

    私は読み聞かせながら、うわあ〜真似されたら困るなー!と思いましたが、たぶん子どもの立場で描かれた絵本だから共感できるのでしょう、息子はこの絵本が気に入ったようです。1歳10ヶ月の息子は特に「あそぶのが すき」のところが気に入ったようで、必ずこのページでニヤリと笑います。

    それから、絵本の子どものおかあさんが「もっとほかのあそびをかんがえたら」と言うところは、ちょっと勉強になりました。私はすぐ「ダメ!やめて!」と怒鳴ってしまいます。こういう言い方ができるようになりたいな・・・。

    掲載日:2007/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママなら誰でもが経験する場面

    ぼくは、料理をしているお母さんの下で、台所のとだなを荒らして遊んでいます。
    お母さんに、『ほかのあそびをかんがえたら』と言われ、ほかのあそびをかんがえていたら、『もどって、片付けなさい』と言われます。

    感情をあらわすようなことばは書かれていないのですが、『ぼく』の気持ちがとてもよく表れています。
    谷川俊太郎さんの訳が素敵です!!

    ママなら誰でも経験するのではないでしょうか?
    毎日経験している場面ではありますが、子どもの視点で描かれていて日々の腹立たしさもまぎれます。

    掲載日:2005/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 戸棚の中は魅力的

    戸棚の中に入っているおなべなどを引っ張りだして遊ぶ姿が描かれています。
    おもちゃよりも実物の方が子供って興味を持つものでうちの娘もこの遊びが好きだなぁと思いました。
    子供にもわかりやすく伝わる文です。
    うちの娘のはあまり興味を持ちませんでした。
    文字は大きく見やすく、文字数が少ないので1歳代からでも楽しめると思います。

    掲載日:2003/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット