うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

はやく あいたいな」 みんなの声

はやく あいたいな 作:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1979年08月
ISBN:9784871100335
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,683
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 大好きな作品

    さすが五味さん!
    愛とユーモアに溢れる傑作だと思います。
    数多くある五味さんの絵本の中で、私は一番好きな作品です。

    よおちゃんとお婆ちゃんが、お互いにとってもとっても会いたい気持ちが伝わってきます。
    絵本から感じ取れる、お婆ちゃんと孫のよおちゃんの関係性がとっても素敵です!
    2人の仲の良い笑顔がサイコーです。

    よおちゃんの家、お婆ちゃんの家はどれだろう?
    よおちゃんとお婆ちゃんは、どこですれ違ってしまったの?
    読み終えたあとで、ページをさかのぼって探していく楽しさも格別です。

    3歳頃〜是非是非オススメします。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    3
  • 心がぽっかぽかになる本です

    • 柿の木さん
    • 50代
    • その他の方
    • 新潟県

    私は読み聞かせボランティアをしていますが、五味太郎さんの絵本が大好きなのでよく紹介しています。この絵本は小学生にも人気です。よおちゃんとおばあちゃんはお互いに会おうとするのだけれど、行き違いになってしまい、「しまった!」と思いながらいろんな方法でやっと木の下で会えます。子どもたちは、電車や車ですれ違うのに会えないもどかしさを感じ、やっと会えたことで安心感を得ているのではないかと思います。読み終えたあとに、子どもたちが「おもしろかった」と言って絵本を手にとってくれ、とてもうれしかったです。

    掲載日:2010/12/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • このきのしたであおうね

    レビューで「おばちゃんに会いたくなる本」と読んで、買い求めました。
    本当に今すぐにでも会いたくなります。
    おばあちゃんと、よおちゃん、双方の「会いたい」という
    気持ちが、どのページからも、生き生きとユーモラスに伝わってきます。
    おばあちゃんとよおちゃんが、木の下でようやく会えた
    場面では、思わず大拍手。
    「こんどあいたくなったときには、このきのしたであおうよ、
    おばあちゃん。」
    このセリフが、私も娘も大好きです。


    娘は、よおちゃんのように、1人でバスに乗って会いにいけたらいいのに、と
    ちょっぴりさみしそうな顔をしました。
    「Jもばあばにあいたいよ。でも、とおくて、なかなかあえないよ。」
    公園に行ったある日のこと、大きなどんぐりの木まできた時、
    「Jも、よおちゃんみたいに、ばあばとこのきのしたであうんだ!」と、
    娘が目を輝かせながら言うのを聞いて、
    私も目頭が熱くなりました。
    この本を読んでいると、本当にある日、ひょこっとばあばが海を越えてやってきて、
    この木の下で待っていてくれそうな気がしてきます。

    掲載日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • おばあちゃんにいいです

    おばあちゃんの大好きな息子に読んだら、読み終わりに、「おばあちゃんに会いたい!」って叫びました。おばあちゃんに言ったら、おばあちゃんも嬉しそうでした。切なくもあり、温かくもあるいい一冊でした。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 五味さん

    五味太郎さんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。お婆ちゃんの笑顔と女の子の笑顔が美しくて優しい気持ちになれる絵本でした。お婆ちゃんと女の子の気持ちが以心伝心しているのに感動しました。距離がだんだん近くなっていく様子にどきどきしました。人を愛すること、人から愛されることの素晴らしさを感じました。

    掲載日:2010/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気がはやる!!

    ある日、急におばあちゃんに会いたくなった よおちゃん。
    偶然にも同じ瞬間によおちゃんに会いたくなったおばあちゃん。
    お互いに家を出発するのだけど すれ違い。
    何度もすれ違いが重なって 可笑しいけれど
    いつ出会えるのかハラハラな気持ちが伴います。
    だけどとってもほのぼの温かいものを感じます。
    おばあちゃんも孫のよおちゃんも“大好きでお互いに会いたい一心”なんですから。こんなに素敵なおばあちゃんと孫の関係っていいなあ。
    なかなかめぐり合えない二人をやきもちした気持ちで見つめる娘は
    「ああ、もう!おばあちゃん!よおちゃんはここにいるんだってば!」とツッコミを入れていたのが面白かったです。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっと会えました

    孫娘のようちゃんと、ようちゃんが大好きな
    おばあちゃんのおはなしでした。
    ふたりのおうちはちょっと遠いですね。
    行ったり、帰ったり、すれ違って、なかなか会えない一日でしたが
    やっと会えました。
    良かったね。
    こんなに孫に慕われるおばあちゃんはうらやましいですね。

    掲載日:2017/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • すれ違い

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    おばあちゃんは孫のよおちゃんに会いたくなって、よおちゃんはおばあちゃんに会いたくなって…。ですがですがすれ違ってしまってなかなか会えない二人の話。二人とも思いは同じなのにねー。
    互いのことを大好きなおばあちゃんと孫。いいですねー。

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い行き違い

    五味さんの作品で以前から気になっていた作品です。
    思ったとおりとっても面白くて素敵な絵本でした!
    おばあちゃん大好きな女の子と、孫が可愛いおばあちゃんがとってもよく描かれています。行き違いになるというわかりやすいストーリーがとっても愉快に描かれていて、小さな子どもが読んでもわかりやすく面白いと思います。
    五味さんの作品のなかで1番好きになりました!

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに今の私の気持ちなんです。

    私事ですが
    長女一家は転勤族で
    いまは私の家から かなり遠方で
    年に数回しか会えません。
    我が家に車で来てくれるばかりですが。

    来週、幼稚園の運動会があると聞き、
    初孫、年少組はじめてのこと、
    どうしても見に行きたくなり、
    いま乗換案内やいろいろ調べて
    妄想中。
    都会から 田舎の孫に会いにいく予定の
    元気ばあさんの私です。
    バス、在来線、新幹線いろいろ乗り継ぎがあって、
    この絵本の「おばあちゃん」と
    同じ気持ちです。
    ドキドキハラハラ、
    「はやく あいたいな」
    たどりついたら
    どんなに嬉しいだろう。

    孫って可愛いです。
    喜ぶ顔が見たいです。

    絵本と自分自身の気持ちが
    こんなにかぶったことに驚きました。

    掲載日:2015/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット