たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
加藤休ミが描くかわいくておいしい?!絵本

ウチノコラブさんの公開ページ

ウチノコラブさんのプロフィール

ママ・40代・鹿児島県、女の子12歳 男の子9歳

ウチノコラブさんの声

37件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子供のころなつかしくて大きなカステラに憧れました  投稿日:2013/09/21
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
私も子供のころ大好きでした。
ぐりとぐらの作るカステラ食べみたい。と憧れました。
あの大きなフライパンの蓋をあける
ページが3歳と6歳の子供達も大好きです。
ぼくらのなまえは、くりとぐら
このよでいちばんすきなのは
おりょうりすること
たべること
ぐりぐらぐりぐら♪
のところも大好きで子供達もおぼえていて
一緒に言ってくれます。
本当に名作は世代を越えて愛されるのだなあと
感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大事な事を教えられました。  投稿日:2013/02/11
あさです!
あさです! 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
お休みの日に子供たちと
読みました。
当番のお仕事を忘れたりす君にミュー先生は優しく教えます。
自分から忘れていた当番ができるように優しく。
読み終わると子供たちも「朝のお手伝いする」と言ってくれました。
そして「おはよう、って忘れてた。」だそうです。
今朝は寒かったのですが、
読んでいるだけで優しくなれる絵とお話に心がぽかぽかしてきました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新学期に読ませたいです。  投稿日:2013/02/11
ゆうきをだして!
ゆうきをだして! 原作: くすのき しげのり
文・絵: いもと ようこ

出版社: 佼成出版社
こころ暖まるお話でした。
ゆうきをだして芽を出したチューリップ。
新しい友達と出会えて
良かったーと思いました。
4月に進級する子供達と重なりました。
すこしの勇気を出すことの大変さと大切さを、
子供の頃の気持ちを思い出せた気がする。
清々しい気分にさせてくれる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ケロちゃんがかわいらしいです。  投稿日:2013/02/11
小型絵本 バムとケロのさむいあさ
小型絵本 バムとケロのさむいあさ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
先日、島田先生の原画展に行ってきました。
バムケロシリーズの大ファンの子供達も大きな絵に興奮していました。
「わー、こまかい!」原画でしか見られない細かな質感や、発見に大喜びでした。
友達のかいちゃんがお家に遊びに来てくれて嬉しくて仕方のないケロちゃんが3歳の息子のようで可愛いです。
かいちゃんが帰った後のかなしげなケロちゃんもとてもかわいいです。
息子もお風呂のシーンと釣りの表示が大好きで何度も読んでーと持ってきます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人が読んでフフッとなって下さい。  投稿日:2013/02/11
ぶたパリへいく
ぶたパリへいく 作・絵: ユリア・ヴォリ
出版社: 文溪堂
5歳の娘がはまりました。
本人は、「絵が美味しそうで可愛いから好きなの!」だそうです。
内容は大人向けだとおもいます。
愛らしい ぶた がパリを旅をします。
迷ったり、食べたり、悩んだり、喜んだり。
登場するキャラクターがみんなキュートで
たのしいエピソードに思わず、フフッです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 野ねずみチムのわくわくする冒険物語です。  投稿日:2012/11/28
ウィリーをすくえ!チム川をいく
ウィリーをすくえ!チム川をいく 作・絵: ジュディ・ブルック
訳: あきのしょういちろう

出版社: 童話館出版
野ねずみチムとはりねずみのブラウンさんのワクワクする冒険です。
野ねずみチムは、ある日、川で遊んでいるとビンの中の手紙をみつけました。
かえるのウィリーのSOSです。
チムはブラウンさんと一緒にウィリーを助ける旅にでます。
子どもたちは、チム達の冒険に目を輝かせていました。
「面白かった〜」「もう一回読んで!」すぐにお気に入り本の仲間入りしました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい とても可愛い本で大好きです。  投稿日:2012/11/02
あっちゃんあがつく たべものあいうえお
あっちゃんあがつく たべものあいうえお 原案: みね よう
作: さいとう しのぶ

出版社: リーブル
美味しそうな絵がとても可愛い絵本です。
3歳になったばかりの息子の最近のお気に入りです。
夜寝る前に読んでと持ってきます。
私が忙しくて読んであげられない時は
5歳の姉が拙いながらも一生懸命読んであげています。
文字も大きく小さな子も読みやすいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぼけちゃんかやいい!  投稿日:2012/07/11
ほげちゃん
ほげちゃん 作: やぎ たみこ
出版社: 偕成社
うちの長女もかわいいぼけちゃんに夢中です!
本屋さんでぼけちゃんに一目ぼれして購入しました。
娘と息子に読んだところ二人とも大喜びでした。
特にぼけちゃんがケッチャプだらけになるところで大笑いしています。
ぼけちゃんのどこか憎めない表情が楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すがすがしい気持ちになりました。  投稿日:2012/07/11
あさになったので まどをあけますよ
あさになったので まどをあけますよ 作・絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社
絵が奇麗です!
ページをめくるたびに
すがすがしい風と空気を感じられる様な素敵な風景。
娘と息子と「あさになったのでまどをあけますよ」繰り返し
ページをめくるワクワク感。
この本を読んで、なんだか早起きしたくなり娘と早起きしてみました。
ちょっと幸せな気分になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても良い絵本だと思います。  投稿日:2012/07/11
絵本 地獄
絵本 地獄 監修: 宮 次男
構成: 白仁 成昭 中村 真男
装幀: 貝原 浩
レイアウト: 貝原 浩

出版社: 風濤社
地獄の絵本は怖すぎるので賛否両論あると思います。
私はとても良い絵本だと思います。
子供のころ良く、悪い事をしたり、嘘をつくと閻魔大王からしたをぬかれると脅されたりしました。
誰も見ていなくても、悪いことをしたら自分に返ってくる。
だから悪い事をしてはいけない。
教える事は良い事ではないかな?と思います。
地獄を教えるのにわかりやすい怖さがありました。
地獄を読むと、娘も息子も確かに怖がりました。
でも真剣に聞いていました。
その後何度も地獄について聞いてきました。
「嘘をついたり、悪いことしたら地獄に行くの?」子供なりに何か思うのでしょうか。
今度は天国の絵本を読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

37件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

全ページためしよみ
年齢別絵本セット