うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

らしょうもんのおに」 みんなの声

らしょうもんのおに 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784772101271
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,846
みんなの声 総数 4
「らしょうもんのおに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 馬場さんならではの、優しい鬼。

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    図書館の馬場のぼるさんのコーナーに並んでいたので、興味をもって借りてきました。

    渡辺綱の武勇伝をもとにした「羅生門の鬼」のパロディ(?)なのでしょうか?(・・・では、腕を切り落としたつもりが実は筍だったというお侍さんは渡辺綱なのかしら)

    さすが馬場さんの絵本。
    鬼とはいえ、心やさしい鬼のお話です。
    むしろ 人間の方が 鬼を騙して盗みの手伝いをさせようとする泥棒やら、捕まえて見世物にしようとする貴族やらで・・、よっぽど極悪です。

    読み聞かせるにはちょっと長めのお話ですが、幼稚園児くらいからでも 理解できるお話だと思います。

    掲載日:2008/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の優しい鬼

    図書館の昔話の棚にあったので、馬場のぼるの描く昔話、読んでみたいわ♪と思って手に取りました。

    息子は最初「借りない!」と言っていたのですが、表紙に描かれている11ぴきのねこに出てきそうな、ねこのイラストを見て、借りる気になりました。
    11ぴきのねこが大好きな息子は、鬼の絵だけでは借りなかったかもしれません。

    内容は見てビックリ、昔話ではなく羅生門の鬼の伝説と歌舞伎をベースにした創作絵本なんですから。
    鬼というと、怖いと言うイメージが付きまといますが、この鬼はまったくの正反対。
    良い鬼、心の優しい鬼、なんです。

    最初は「ねこどこ?」と言っていた息子ですが、内容に触れ、すぐに夢中になりました。
    鬼の口癖である「むにゃむにゃ」や、「つむじかぜがくるぞー」のセリフが特に気に入ったようで、その部分は自分で読みたがります。

    読み終わった後は、その先の物語を想像したりと、余韻に浸れる絵本です。

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい鬼。

    せなけいこの「おばけかるた」の1枚に、「らしょうもんのおにはらんぼうだ」というのがあって、子供達も覚えているフレーズだったので、図書館で借りて読んでみました。
    このお話はそれとは関係のない創作物でしたが、子供達が抱いている鬼のイメージとは違って、こわいどころか人のいい鬼だったので、すんなりお話しに入り込む事が出来たようでした。
    表紙に「11匹のねこ」と思えるねこが1匹描かれていたのも、気に入ったようでした。

    掲載日:2007/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは面白い絵本です!

    この作者は、「11ぴきのねこ」シリーズでお馴染みの作者です。だから、お話の内容は面白いだろうなっーて期待はあったんです。5才の息子に文章の長さも丁度いい。話の内容も面白い。昔っぽいお話もいい。
    読み聞かせに最適だと思いました。

    掲載日:2004/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット