もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねこだまし」 みんなの声

ねこだまし 作:斉藤 洋
絵:高畠 那生
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年
ISBN:9784652040386
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,684
みんなの声 総数 17
「ねこだまし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 世にも奇妙な・・・

    この独特の世界観が4年生にわかるだろうか?

    と、ためしに4年生の読み聞かせにて披露。
    普通に日常生活が過ぎ、淡々と日常が過ぎ去っていく。が、何かちがっている。。違ってるのは、隣人が「猫」ということ。

    読み聞かせはとーーってもしずーーかに淡々と聞いてくれました。ただ、内容が理解できるか不安だったので、最後のほうで出てきた「人」を指して「この人、誰かに似てなぁ〜い?」と問いかけてみたところ、結構解っていた子がいたので、4年生でもこのユーモアが理解できているんだなぁ、と感心しました。

    理解できなかった旦那とは違って、子供の想像力はさすがです!

    掲載日:2016/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世にも奇妙な

    向かいの猫がやってきて、突然しゃべるって。

    話は、いきなりシュールです。

    さてさて、猫は人間にどうやって、また何故化けたのか?

    腑に落ちない、腑に落ちない。

    手がかり求めて、何度も読み返すことに。

    でも、見つかりません。

    目を皿にしても。

    なんか、はぐらかされたというか。

    だから!このタイトルなのですね。

    で、はたと気が付く。

    同じコンビの、

    『バースデー・ドッグ』

    も、妙妙妙〜で、この本と対をなしている風情だぞ。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不気味・・・

    このお話は、人間にいらない人間の衣服をもらいに来る猫が主人公のお話でした。その猫がなぜそんなに服を集めているのか近所の人は不思議がっていたのですが、なぞは解決することなくその猫は引っ越していきました。そしてある日ネコ顔の人が引っ越してきました。どう見てもあの猫です!!子供は喜んでいたのですが、私はちょっと不気味にも思えました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世にも奇妙な・・

    知り合いの猫がやがて人になった??
    「世にも奇妙な物語」的なちょっとドキッとするお話です。
    でも猫が人間に変身したことははっきり表現されていませんので、
    うちの娘ははじめまったく気がつかず、
    面白さが伝わりませんでした・・。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斉藤洋ワールド!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    私はこのようなお話の展開が大好きなので、評価大です
    だっていきなり猫がしゃべるんですよ・・・!
    フツーありえないのに斉藤さんの絵本では、当たり前のように始まってしまうんです

    そしてその流れのままに私の思考もはまっていき、最後に登場したのは猫さんだ!と確信してしまうのです
    サケのあたまなんか引っ越しあいさつでもっていくかい・・・?
    小学校の読みきかせでは楽しめそうです

    掲載日:2011/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか怖い

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子9歳、女の子6歳

    「この話、なんか怖い〜」
    が、初めて読んだ時の子供の感想です。この本を読んだ直後には寝られそうもなかったので、他の明るいお話を読みました。

    でも、ホラーってわけではなくそんなに怖い絵もなんですが、なんか分からないけど怖かったらしいです。
    この本はこの感想通りだと思います。
    この不思議な感覚の本を是非読んでみてほしいと思います。
    内容は全く知らないほうが楽しめると思います。

    私は個人的に高畠那生さんの絵が好きなんですが、向かいの家に引越してきた人の絵をみて
    「アンガールズの山根みたい。」
    と、大ウケでした。
    そう思ってみると微妙に似ているのでおかしかったです。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか怖い!訳がわからない!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    これはいったいどういうお話なんでしょうか。

    ある日、向かいの家のねこがやってきて、
    「ネクタイをくれないか。」
    といった。
    何日かすると、今度はくつを、そしてまた、上着とシャツを…
    となりのうちから出てくるのをみた。ベルトとくつしたを持って…
    そして、向かいのうちが引っ越していった。
    しばらくして、引っ越してきたのは、どう見ても、あのねこが人間の姿になっている。

    なんだか気味の悪いお話です。とちゅう、街はお祭りさわぎもあったりと、そのお話の展開までが、とっても奇妙です。
    引っ越してきたお家の表札の名前に、思わず笑ってしまいましたが、普段から、いろいろなものを見て研究しているのか、なかなか見破られないようです。ただ、その姿勢から、正体が…
    さて、読んでみて、どんな感想がでてくるでしょうか。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖しくてシュール

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    子供向けかは分からないけれど、ひとつの不思議な世界がきちんとあって、こういう絵本があってもいいんだって思いました。

    絵もお話も・・妖しくてシュール。
    猫らしき隣人のにやっとした笑顔も不気味だし、
    この町も独特なムードで「少しずれた世界の、異次元の隣町」とでも
    いったらよいのかしら・・。どこかにありそうで、けして無い町。
    お祭りの様子も妙・・・。

    お祭りという異質な時間がスイッチとなって、
    くるっと猫を人間に化けさせたのかしら・・。
    ほのめかすだけの描き方が想像をくすぐりますね。

    怖がるかな・・と思った4歳の息子はお話はよくわからなかったのかな??怖がりもせず、お祭りの威勢のよい掛け声のリズムに
    うけてました。(そこだけ3回も読ませられました)

    最後、裏表紙の後ろ向きの隣人(猫?)がまた意味深・・。

    お部屋の細かい置物などもデザイン系雑誌にでてくるような
    オシャレさで、全体的に大人な味わいでした・・。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度でわからず読み返しました

    文だけ読んでいた私は最後のオチがわからず、息子も「えっ!」と言ったので、もう一度読み返しました。

    「『ねこだまし』という題だしそうだよ」という息子。

    ネタバレになるのであまり詳しくは書けませんけれど、絵をじっくり見ているとねこが何をしたいかがわかります。

    とても不思議な話だし、こんなことがあったら本当にあったらちょっと怖いです。

    絵も不思議なお話に合っていると思います。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人チックですな〜

    「ネクタイをかして下さい」始まりが妙に気になったので
    本屋さんで立ち読みしちゃいました。
    それからいろんなものを借りていくのですが・・・

    これはあくまでもわたしの感想ですが、
    猫ってブロック塀などに寝そべっては、その近くを通る人を
    じ〜っと眺めてみたりして、どんなことを考えてるのかな?
    って思うのですが、この本にも猫の人間観察?が
    描かれていて、わっ!こんなところも観察してるの?って
    お話しを読みながら内心、うちの近所の猫も・・・。
    と、ドキドキしちゃいます。
    このお話しはきっと、子どもたちには難しい・・・というよりも
    理解しがたいお話しで、大人チックに描かれてるのですが
    不思議な猫目線?をいろいろな想像をしながら楽しませて頂きました。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / ハンダのびっくりプレゼント / バナナじけん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット