たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

べにちゃんさんの公開ページ

べにちゃんさんのプロフィール

その他の方・60代・山形県

べにちゃんさんの声

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 8倍のお得感  掲載日:2015/2/18
るんぷんぷん
るんぷんぷん 作・絵: ハンス・フィッシャー
訳: さとう わきこ

出版社: 架空社
ページ見開きに、グリムの有名な8つのお話の中の登場人物が出てく

る、贅沢この上ない絵本です。

絵に添えられた、さとうわきこさんの書かれた言葉は、そのお話を見事に

集約していてます。

それにしても、くるくると良く動く線で描かれた動物たちの、なんて躍動

的なこと。

活字でしか読んだことのない『うさぎとはりねずみ』でしたが、この絵はま

さに、イメージにぴったりでした。

ハンス・フィッシャーの、唯一無二の線と色彩が楽しくて、絵のように飾っ

ておきたい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雪国への共感  掲載日:2015/2/17
大雪
大雪 作: ゼリーナ・ヘンツ
絵: アロイス・カリジェ
訳: 生野 幸吉

出版社: 岩波書店
スイスの冬は、美しさと厳しさが背中合わせなのだと実感しました。

左はモノクロ、右はカラーの挿絵です。

しかも独立しているのではなく、絵でお話がつながっているという凝った

作りになっていて、丁寧に見ていくと、お話の理解度がぐんと増します。

子どもといえども、家畜の世話から、雪の中の買い物、橇の装飾、

何から何まで、自分で行動する暮らしです。

美しく飾り立てた橇は、冬の厳しさを逆手にとって、楽しんでしまおうとい

う心意気でしょう。

この本を読むと、私たちが、文明の進歩の中で失ってしまったものが何

だったのかを、はっきりと感じます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ガーデニングの哲学書  掲載日:2015/2/17
庭の小道から 英国流ガーデニングのエッセンス
庭の小道から 英国流ガーデニングのエッセンス 作: スーザン・ヒル
絵: アンジェラ・バレット
訳: 新倉せいこ

出版社: 西村書店
この本を読んでいると、つくづくガーデニングは哲学だなと思います。

もちろん、実践しなければ何も始まりません。

どちらかといえば、天候や病害虫や環境が災いして、思い通りにならな

いことが多いのですが、そんな中から、少しづつ悟りながら、自分に合っ

たやり方を見つけていくのです。

だから、誰にも尋ねないで、一人で取り組んだほうがいいのだと。

庭づくりをする人たちは、

「今日という日を満喫し、明日に希望を持つことを覚える」

この一文を、しっかり胸に刻みました。

相変わらず、アンジェラ・バレットの挿絵は、繊細で品があって、美しい

です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お出かけにぴったりの愛らしいサイズ  掲載日:2015/2/13
ちいさなちいさなえほんばこ
ちいさなちいさなえほんばこ 作・絵: モーリス・センダック
訳: じんぐう てるお

出版社: 冨山房
読んであげていると、大人が思うほど、子どもはこの本の小ささは気に

ならないということに気づく。

特に小学校前の、お話の中にすっぽり入りこんで楽しむ子どもたちに

は、話のスケールを楽しむ能力があるようだ。

センダックって、つくづく子どもの味方なんだろうな。

目を輝かせて、夢中になっている様子を見ていると、大人が失ってし

まった能力があることを認識し、残念に思う。

一つのケースに、四冊入っているので、選ぶ楽しみもある。

静かにしなければならない場所に携行するには、もってこいの大きさで、

いろんなシーンで、大活躍してくれそうだ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 簡素は幸福  掲載日:2015/2/13
簡素に生きることば
簡素に生きることば 編: ヘレン・エクスレイ
訳: 中村 妙子

出版社: 偕成社
”幸福は、素朴で質素です”(ニコス・カザンザキス)の言葉で始まる、手

のひらに乗る小さな本の中には、詩人から哲学者まで、世界の

著名人、無名人の語る、簡素に生きる言葉が、編まれています。

マザーテレサ、老子、トマス・デッカー・・・どれひとつとっても、心にズキン

とくる重みがあって、自分を見つめ直すきっかけになりそう。

腰を落ち着けて、その都度、小刻みに人生を振り返ってみる。

そんなことをさせてくれる本であるとすれば、置いておくのに最もふさわし

い場所は、絶対、トイレの本棚だ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 憧れの暮らし  掲載日:2015/2/5
キッチンの窓から
キッチンの窓から 作: スーザン・ヒル
絵: アンジェラ・バレット
訳: ウィルヘルム 菊江

出版社: 西村書店
キッチンを通して見た、英国流一年の暮らしを、満喫できる一冊です。

アンジェラ・バレットが、使い込まれた趣味のよい調度品やキッチンの道

具たちを、繊細で落ち着いた感じに、品よく描いていて、それを見てい

だけでも、うっとりしてしまいます。

季節にまつわる行事の過ごし方と、そこで振る舞われるメインディッシュ

とデザート、ティータイムのレシピが紹介してあって、なかなか興味深い

です。

どの料理も、真似できそうな気がしましたが、中の、冬の風邪対策のニ

ンニクスープは、すぐに作れて、即、お役に立ちました。

キッチンにあふれるほどの花を飾ったり、ろうそくの明かりで食事をしたり

など、丁寧に生活を楽しむゆとりを、この本から見習いましょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 幸せな子どもの世界  掲載日:2015/2/5
ティモシーとサラの絵本 9 なないろのキャンディー
ティモシーとサラの絵本 9 なないろのキャンディー 作・絵: 芭蕉みどり
出版社: ポプラ社
ティモシーとサラの絵本。

この愛らしいシリーズは、すべての不安から守られ、みんなから愛され、

喜びに満ちて、きらきらと光り輝やいている、幸せな子ども時代の象徴

のようです。

自然とほかの人を思いやり、幸せを分かち合いたいと思うのは、心が満

ち足りているからでしょう。

現実の子どもの世界は、このようにハッピーでないことが多い。

だからこそ、いつでも幸せな体験が約束されているこの本に、子どもたち

は、惹きつけられるのではないでしょうか。

読んであげている大人にも、ふんわりとしたやさしさのおすそ分けが感じ

られるようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 惹かれる絵  掲載日:2015/2/5
おたまさんのおかいさん
おたまさんのおかいさん 作: 日之出の絵本制作実行委員会
絵: 長谷川 義史

出版社: 解放出版社
絵本を見る時、心を込めて、丁寧に描かれた絵に、惹かれます。

文を書いた人の真意をくみ取り、

作品と誠心誠意向かい合って、

その物語の世界を描き切ろうという意気込みを感じさせる、

自分の全魂を注ぎ込んだようなエネルギーが伝わってくる絵。

この作品を見ると、長谷川さんの心持が、しっかり伝わってきて、何度

見ても見飽きないのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 作りに感服  掲載日:2015/2/5
オオカミ
オオカミ 作・絵: エミリー・グラヴェット
訳: ゆづきかやこ

出版社: 小峰書店
そもそも、ウサギが図書館で借りた本のタイトルが、『オオカミ』だったとい

うことからして、ひねった作りです。

最初読んだ時は、なぜ図書館から、こんなにしつっこく督促状が来るの

かわかりませんでしたが、絵を入念に見ていって、終に、その答えを見つ

けました。

ちょっと、感服です。

カバーから表紙から、本文まで、あちこち手をかけ、本というツールを最

大限に駆使した、見事な作りの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かな画力  掲載日:2015/2/5
うずらのうーちゃんの話
うずらのうーちゃんの話 作・絵: かつや かおり
出版社: 福音館書店
表紙に描かれた、いかにも気骨のありそうな、うずらの表情に圧倒され

ます。

赤一色の絵ですが、それがかえって想像を豊かにしてくれるようです。

読んであげると、子どもたちは、主人公の男の子に、気持ちを同化させ

て、シーンと聞き入ってくれます。

うずらを自分で育てるともらってきた時から、うーちゃんとの喜怒哀楽の

時間を、自分のこととして受け止めているのが、手に取るようにわかりま


す。

うーちゃんんと一緒に、たくましく成長していく、この男の子の物語は、絵

本の体裁ですが、とても上等の子どもの文学だと思います。
参考になりました。 0人

44件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット