十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

アプリイ・ダプリイのわらべうた 新装版」 みんなの声

アプリイ・ダプリイのわらべうた 新装版 作・絵:ビアトリクス・ポター
訳:中川 李枝子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年
ISBN:9784834018769
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,465
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どの絵もかわいらしいです。

    初めに、ちいさなねずみアプリイ・ダブリイが出てきて
    その後にカトンテール、ようく知っている名前はそれだけで
    後は、もぐら、はりねずみ、くろうさぎと言う風に動物の詩が
    が、描かれています。
    初めにセットで出版されたものといささか趣きが違うように思います。
    最初の雪景色のなかの、フロックコートと帽子のウサギの絵が特に好きです。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい

    図書館で娘が選んできました。
    お姉さん達が読んでいるのを
    真似してみたかったみたいです。

    私も子供の頃ピーターラビットの絵本に
    ハマッたことがあるので懐かしく思いました。
    愛らしい絵の割に、意外と現実的な
    内容だったような気がします。

    この絵本は詩なので、物語より一層、
    音読や読み聞かせに向いていると思いました。
    可愛らしい挿絵はもちろん、
    なかがわりえこさんの訳も素敵です。

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいねずみの名前でした。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子9歳、女の子5歳

    「ピーターラビット」のシリーズの1冊です。
    下の子が、図書館で選んできました。(かわいいものが大好きなんです)
    実は有名どころしかピーターラビットの絵本を読んでいない私には、「アプリイ・ダプリイ」って、なんだ?の世界でした。
    (どうやらピーターのお話出てくるねずみの名前らしいことが、読んでわかりました)
    とても丁寧で細かくてかわいいビクトリアス・ポターさんのイラストがとても良かったです。
    わらべうたというからには、原作の方は節がついているんでしょうか?ちょっと、気になります。

    掲載日:2005/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット