ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

テーブルのしたにはふしぎがいっぱい」 みんなの声

テーブルのしたにはふしぎがいっぱい 作・絵:オレリー・ギュレ
訳:石津 ちひろ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784061892279
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,683
みんなの声 総数 8
「テーブルのしたにはふしぎがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な発想

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    外食中、子供って飽きてくるとテーブルの下に潜っていきますよね。
    うちの子もそうで正直困っていました。
    が、こんな発想で楽しんでいるとは・・・!
    といっても、うちの子はここまで想像を広げてはいないと思いますが、テーブルの下から見る普段とは違う光景を楽しんでいるようです。

    それにしても潜りたくなる気持ちすごくわかるなぁ。
    人の目がなければ一緒になって潜りたいくらいです(笑)

    こんな発想は浮かばなかったので感心しました。
    子供の想像ってすごい!

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供が机の下が好きな訳わかる気が

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ママとママの友達と一緒にやってきた主人公のマルタン。
    年の頃は、幼稚園か小学校低学年というところですが、大人の会話に飽きて、机の下にもぐりこみます。

    もぐりこんでみると、大人たちの靴が会話に出てくる物と同じ姿に見えるから不思議です。
    飛行機とかワニとかオオカミとか、とても発想が素敵で、自分が主人公になったような気分にさせてくれます。

    それにしても、子供というのは机の下にもぐるのが大好きですよね。
    子供にとっては、もしかしたら大人たちの靴はこんな風に見えているのではないかとも思えてしまいます。

    フランスの絵本ということで、食事風景もワインがあったり、会話が弾んだりしていて、興味をそそられました。
    その発想に脱帽の一冊です。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さんのスカートの中も??

     幼稚園の年長さんのクラスで読み聞かせしたところ、「お母さんのスカートの中もふしぎがいっぱいだよ〜。」と、一人の男の子がにこにこして話してました。
     「お母さん」である私には、「スカートの中」はさすがに想像できませんでしたが、カーテンの裏?や、舞台裏・舞台の緞帳が降りてるとき、フィッティングルームに入ってるお母さんをのぞくとき、子どもの頃ドキドキワクワクして想像を膨らませたものです。幼少時の私を思い出せた、なんだか懐かしい気分に浸ってしまった1冊でした。

    掲載日:2006/04/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママやパパ達大人達とレストランへ   ぼくは大人の会話に入れずつまらない   退屈で テーブルのしたをのぞいてみる
    おおかみの声が聞こえてきた  それから なすの靴があるし  飛行機のくつがある
    サンダルや ワニの靴が  ぼくは 靴で冒険して楽しんでる

    なんと イチゴタルトの靴が  美味しそう   ママの靴でした
    「いたいっ!」  やっと気づいた ママの声

    大人達がみんなテーブルの下をのぞいてる   その光景が 滑稽です

    素知らぬ顔のぼくは、  お腹がぺこぺこになって ケーキ食べてる
    なんとも たわいのない お話しです
    オチは?

    ただ 子どもの世界は 夢の想像の世界がいっぱいひろがるのですね

    子どもが楽しめそうな お話しでした

    掲載日:2016/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう隠れないかも。。

    そういえば、娘はカーテンも向こう側に行ったりするのが
    好きだったけれど、気づけば、もうやっていない。
    この絵本みたいに長いテーブルクロスのかかったところで
    娘と食事をしたことがなかったからわからないけれど
    カーテンのことを考えれば、もしかしてそんなテーブルの
    場所に行っても、もうやらないのかなあ。なんとなく
    寂しい。いや、でもクロスがかかっていないテーブルの下に
    はよくもぐるからやってくれるかな?
    やってくれるかな、などと書いてしまったけれど、いざその
    場では困ったことにもなりそうだから、やらなくても
    いいのだけれど。
    複雑な気持ちです。
    なんにせよ、大人ばかりのところにちびっこがひとりだけ
    っていうのは退屈ですよね。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが好きそうな

    どんどんと想像が広がって行くような、ちょうど石津ちひろさんの「あしたうちにねこがくるの」も一緒に読んだのですが、その想像力に通じるものがあるような気がしました。

    子どもの想像力をそのままお話にしたような感じと絵が印象に残りました。

    子どもはこういうお話好きそうだなあと思います。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • もぐってみたくなるんですよ

     そうなんですよ。わかります。わかります。
     長いテーブルクロスの上に並ぶお料理は、日常でお目にかかれないものばかり。
     おまけに、食事の相手は両親だけじゃないから、子どもにはつまんないんですよ。
     緊張と退屈が交差する時間帯に、この長いテーブルクロスに気づくと、もぐってみたくなりましたよ、私も(笑)。
     もちろん子どもの頃ですけれど。

     主人公のぼうや、マルタンはどんな探検旅行に出かけるのかなと読みました。
     こどもの想像の世界はやっぱり楽しい。
     オオカミもワニも出てきて、カウボーイにもなれちゃいます。
     ラストのケーキでは笑いました。
     マルタンのお供をしているブタ君が可愛いですね。
     小さいお子さんから楽しめると思います。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供ってよくテーブルの下に隠れませんか?

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    翻訳は私の好きな石津ちひろさんです。
    ちいさな男の子が親戚の集まりに出席。大きなレストランで食事をしているんですが、大人ばかりでつまらない。
    ふとテーブルの下を見ると、なんだかとても、楽しそう。そこで、男の子はテーブルの下に潜り込んで、ちいさな探検を始めます。
    作者の個性的で、夢のあるイラストが、テーブルの下の世界をより楽しく描いてくれていました。

    掲載日:2005/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット