だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

どうやって作るの? パンから電気まで」 みんなの声

どうやって作るの? パンから電気まで 作:オールドレン・ワトソン
訳:竹下 文子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784034373309
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,102
みんなの声 総数 6
「どうやって作るの? パンから電気まで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知るのは面白い

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    小学校4年生になったばかりの次男に読み聞かせしています。

    ぽんぽん弾むボールや電気の作り方を、子供に分かりやすく簡単に説明してあります。

    あとがきを読んだら、この本は1974年に書かれた物だそうで、私達のおじいさんおばあさんの時代の
    作り方のようです。
    今はもっと技術が発達して、最新の作り方になっているでしょうが、基本は変わりません。

    子供が興味をもって読めることがまず大事で、そこから何かに興味をもってくれたら幸いだと思います。

    私ももちろん楽しく読ませてもらいましたよ。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • わかりやすく親しみやすい。

    1974年にアメリカで出版された絵本ということなので,作り方としては現代はより進歩をとげているとは思いますが,作り方の原点がとてもわかりやすく描かれています。
    幼児〜でも興味深く親しめる絵本だと思いました。
    大人が読んでも面白いですね。
    こうやって作られているんだと思うと,大切にしたくなりますね!

    掲載日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が夢中になって読んでいます

    最近工場見学系のテレビ番組が好きな7歳の娘が、図書館で選んできた絵本です。
    ぶ厚い本ですが、ひとつひとつの物の説明は適当な長さだし、
    関連して次のモノの作り方がのっているのもいいです。「塩ってどうやってできているの?」「紙は?」など、わかりやすく解説されています。
    娘は夢中になって読んで、私に教えてくれます。
    大人がみても面白い本です。

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物作りの原点

    1974年にアメリカで出版された「すこしむかしの」ものの作り方を説明した絵本です。
    電気・石鹸・ガラス・塩・チョコレート・・・と様々な物の作り方が幼稚園児くらいでも分かりやすいように絵と文章で描かれています。大量生産の現代とは少し違いますが、基本・原点がここにあると思います。
    こんな絵本をきっかけに物作りに対する興味を持ってもらえたら嬉しいな〜と思いました。特に電気は分かりやすくて良かったです。震災をきっかけに電気について考える良い絵本ではないでしょうか。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『物づくり』の技術に興味がわきます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    邦訳を竹下文子さんがされているのですが、この竹下さんの後書きがいいです!
    何より、この絵本のことを一言(?)で分かりやすく説明してくれていました。

    この絵本が出版されたのは1974年だそうです。
    ≪今≫というのは絶え間なく技術が更新されています。
    ですから、この絵本で描かれている『物の作り方』はその当時としての一般的な作り方であって、≪今≫とは違います。
    でも、ここに描かれているような物の作り方考え方があってこそ、
    ≪今≫があるんだ。ということが、読んでいくとなんとなく伝わってきます。

    作品の中では可愛い擬人化された動物たちが、ちょこちょこと働いています。
    この本を読んで、何かの物づくりに興味を持ってくれる子が一人でも出てきたら、それは素敵なことだろうと思いました。
    いろいろな『製品』を紹介してくれているので、時間の取れるとき、小学校の読み聞かせでも紹介したいです。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の中で工場見学

    小学校2年生の長女は、いわゆる「しりたがりや」。そんな彼女にぴったりの絵本でした。ゴム、紙、本などの身近なものがどうやって作られているか、動物のイラストで丁寧に教えてくれます。娘は夢中でページをめくっていました。
    40年近く前の本なので、今の作り方とは違っているものもありそうですが、きっと基本は変わらないのだと思います。私も大いに勉強できました。絵本の中でいろいろな工場見学ができるなんて、素晴らしいです。
    5歳の次女がチョコレートを食べていると、「チョコレートって何から出来てるのか知ってる?」と、早速絵本で知った豆知識を披露していました。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット