たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぼくのえんそく」 みんなの声

ぼくのえんそく 作:穂高 順也
絵:長谷川 義史
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784265069613
評価スコア 4.77
評価ランキング 515
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • その発想にワクワク♪♪

    遠足当日に熱を出してしまった「ぼく」。
    普段は留守番のネコや、ジュースたち(普段は水かお茶だから)も、幽体離脱のごとく「きもち」だけ遠足に出発します。さらに、遠足に行きたいのに嫌われ者のあまぐもにも出会い、一緒に飛んで行きます。

    なんとも夢いっぱいのお話。
    発想がおもしろくて、思わず笑顔になってしまう。
    つい、子供の頃の遠足の日の気持ちを思い出してしまいました。
    3歳の娘は、まだこういう遠足には行った事がないけれど、この絵本で疑似体験できたようです。とても楽しんで聞いていました。

    3、4歳から小学生ぐらいまで幅広く楽しめそうですが、文章は簡潔で短く読みやすいです。娘も2、3回読み聞かせただけで、大方暗記してしまい、何度も一人で開いてはブツブツ読んでいました。

    長谷川義史さんの、ダイナミックで元気いっぱいな絵もとても良かったです!
    最後にはニッコリ笑顔になれる、清々しい絵本です。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    3
  • 気持ちが飛び出した!

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子9歳、女の子6歳、男の子3歳

    遠足の前の日は、ワクワク・・・ドキドキ・・・。
    風邪を引いて遠足に行けなくなったぼく。
    あまりに行きたくて、気持ちが飛び出しちゃって、遠足に参加!

    このぼくの遠足が、本当の遠足よりとても素敵なんです。
    こんな遠足、経験してみたい。
    みんなに嫌われる雨雲の気持ちを理解して、一緒に遠足に連れて行き、子どもだったら絶対喜ぶ、ジュースの雨を降らせて見せたり。

    最後の遠足の集合写真が、またいいですね!

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    3
  • 発想がユニークで素敵です。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子16歳

    秋は爽やかな季節で、何をやるにしても気持ちがいい。
    特に秋の遠足は、子どもたちは大好きですよね。

    ところが、「ぼく」は遠足の当日に熱を出してしまいます。
    楽しみだったのに・・・
    そんな「行きたい」気持ちが、
    「ぼく」の体から飛び出します。

    いつもなら水かお茶しか持って行けないけれど、
    今日は、ジュースたちやお留守番のネコもつれて、
    遠足に出発!!

    不思議で楽しい遠足。
    カラフルなジュースの雨に、
    「きれい〜」と言ってくれた子がいました。

    普通の遠足より断然楽しい。
    風邪をひいて遠足に行けなかったお子さんに読んであげると、
    きっと喜んでくれると思います。

    幼稚園での読み聞かせで、
    何度かお世話になっている絵本です。
    今回は、年少クラスで読みました。

    子どもの気持ちに寄り添ったお話です。
    いろいろな細かい遊びがいっぱいあるので、
    是非、家でも読み聞かせしてあげてほしいなって思います。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • やっぱり遠足に行きたいよね!

    楽しみにしていた遠足の日。
    男の子は、風邪を引いて熱が出て、遠足に行けなくなってしまいました。
    でも、どうしても遠足に行きたいという気持ちが、男の子の体から抜け出して、遠足に行ってしまうのです!
    男の子は、「行きたいけど行けない」猫やジュースや雨雲まで一緒に連れて行きます。
    いろんなジュースが水筒の中に入ったときには、どうなるの?と思いましたが、ミックスジュースになって、子どもが喜ぶ素敵な展開になりました。
    雨雲とお日様のやりとりは、北風と太陽のようでした。
    ダイナミックな絵が男の子の気持ちをとてもよく現していると思います。
    お弁当は持っていかなかったけど、ちゃっかりつまみ食いしてたりと、ユーモアがあって楽しい絵本です。
    遠足の集合写真を見ている猫の表情もいいですよ。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 幼児読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    幼稚園での読み聞かせに持って行きました。
    対象は5歳児と4歳児。

    「もうすぐ遠足があるよね〜。どこ行くんやった?」と
    語りかけてから、始めました。

    ジュースの気持ちも連れて行くところ、
    雨雲からジュースの雨が降ってくるところが
    一番反応が大きかったです。
    ジュースの雨ってあこがれですよね、やっぱり。
    ジュースの雨を降らせて、雨雲が白くなるところ、
    読む前に気がついた子供がいて、よく見てくれてるなぁと
    嬉しかったです。

    最後に「お弁当とられてる〜」といった子がいて
    「そういえば、お弁当の気持ちは連れて行かはらへんかったなぁ」と
    とっさに言ってしまったけど、
    あとでよく考えたら、病欠してるんだから
    お弁当は作ってませんよね(笑)

    子どもたちの前で絵本を読むと
    いろいろ発見があって楽しいです。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    2
  •  『ちゅうしゃなんかこわくない』を読んだ後こちらを借りてきました。
     なるほど、“ぼく”の気持ちが「にゅっ」と体から抜け出すのは、こちらが先の作品でしたか〜。
     『ちゅうしゃ…』も楽しかったけれど、この作品も楽しいストーリー展開でした。

     いろんなジュースが水筒の中に入ったときには、大丈夫?と思いましたが、あんなエンディングが待っているなんて、思わず上手い!と声が出てしまいました。

     遠足の前に読んであげると、“ぼく”のような事にならないようお子さんは、お母さんの言いつけを良く聞くかな?
     いや、この作品の“ぼく”のような体験を期待しちゃうかな〜?

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 遠足に行きたい!

    楽しい遠足の日に限って熱が出てしまうことってあるんだなあ・・・・

    ねこさんの必死の看病にも関わらず、とても残念でたまらない気持ちが

    伝わってきます。

    僕の気持ちが「にゅっ」とからだから抜け出した!

    思いがいっぱい詰まっていて楽しい発想に読んでいてとても楽しめまし

    た。いっしょに遠足に行っているみたいでした。

    やっぱり、ねこさん、ジュースさん、雨雲さんだって遠足に行きたかっ

    たんだね!

    空にジュース色した、虹の橋、にっこりした雨雲さんもすっかり白い雲

    さんに変身してました。とても楽しい絵本でした。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • 執念の遠足

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    遠足に行きたかったのに、風で熱を出してしまった。
    そんな僕が幽体離脱?するお話。ネコ・ジュース・雨雲など
    いつも遠足には邪魔者にされるメンバーも一緒に遠足に行きます。

    遠足という身近な題材なので、奇想天外なストーリーですが
    子供も物語の世界に入りやすかったようです。

    僕の体がニューっと伸びるところ、ジュースまで冷蔵庫から伸びてくるところ
    レインボーの雨が降るところが4歳の子供のお気に入りです。
    とても気に入ったようで、一人でつぶやきながら読んでます。

    でもでも、よく考えると生霊の話ですよね?
    長谷川さんの明るい色調でユニークな絵が、
    そんなことを微塵も感じさせず楽しませてくれます。

    絵本をたてにするタイミングが難しいけれど、読み聞かせに使ってみようと思ってます。
    家での子供の反応からして、きっと受けると予想してます。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 風邪をひいてしまっても。

    遠足の前の日ってドキドキして眠れませんよね。
    当日熱を出してしまったら、それはそれは
    悲しくて悲しくて、泣いちゃうかもしれません。
    熱を出したぼくの行きたい気持ちが飛び出して
    なんと遠足バスをおっかけていきます。

    遠足には普通お水かお茶って先生。
    ぼくと一緒に行きたいジュースの気持ちも一緒に
    行くことになって。そして、猫ちゃんの気持ちまで。
    その抜け出す姿に、なにこれ〜〜〜おばけ??って息子。

    みんなでおっかけたら太陽さんに邪魔されたり。
    でも最後にはバッチリ記念撮影に入れました。
    ほら、どこに写ってるかわかる?の問いかけに
    宝探しのようにここだよ〜〜〜って嬉しそうでした。
    繰り返し読んでとせがまれたので
    とても楽しいお話だったんでしょうね。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • こうなってほしい!!!

    • もゆるのさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳

    子供の体調が悪くても、楽しみにしていた遠足行かせてやりた〜い!!と親も葛藤しちゃいますよね。こんな風にできたら私も連れてってほしいと思ってしまいました。
    ぼくの「どうしてもえんそくにいきたいきもち」がとびだして、いつもはえんそくにはつれていけないねこや、もっていけないジュースまで一緒にえんそくに行っちゃった!!!
    ぼくにはみんなに嫌われちゃう雨雲のきもちまでわかる!
    「きみもえんそくいきたいんだね」って連れて行ってあげたぼくのやさしさが大好き。
    元気にえんそくに行ってたらきっと気づかなかっただろうね。
    ジュースの雨が降ったり、ジュース色の虹がかかったり、ぼくも雨雲もお友達も、みんなが幸せなきもちになれてこんなえんそくもすてきだねと息子たちもにっこりでした。

    掲載日:2008/04/24

    参考になりました
    感謝
    2

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット