もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねむねむくんとねむねむさん」 みんなの声

ねむねむくんとねむねむさん 作:片山 令子
絵:片山 健
出版社:のら書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年04月
ISBN:9784905015079
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,736
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「くまさん」の詩のような二頭

    まどみちおさんの「くまさん」という詩を彷彿とさせるような長い冬眠の後、自分たちの存在を忘れてしまった動物たちのお話です。

    自分たちの存在を忘れているのに、慌てたところもなくゆっりとしたほんわかとした不思議な時間が流れています。

    読んでいて思ったのはこの二頭、仲良しの老夫婦のようだということ。

    ねむねむくんとねむねむさんが、春のにおいを感じるところが、癒されました。

    生活の中のちょっとした気づき。片山令子さんのお話を読んでいるといつも感じます。

    ほわほわとかわいいお話で、春に読むのによさそうです。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • スースー

    名前を忘れてしまった二人
    そんな二人が冬眠中に寝ながら
    たまに思い出しかのように話したり
    ぽっけの木の実を食べたり紅茶を飲んだり。

    楽しい時間を過ごしつつ
    春になるのを待ちます。

    そして太陽が雪を溶かし始めた頃
    二人はお互いの名前を思い出して・・・

    不思議な絵本で片山さんワールド全開です。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の始まり

    まず最初に、かわいいタイトルだなぁと思いました。
    読んでみたら、冬の終わり・春の始まりの時期のお話だったのですね。
    冬眠から起ききっていない寝ぼけた感じが、二人ともかわいかったです。
    次は、季節に合わせて読みたいと思いました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい

    春が来るとともに、二人の凍っていた記憶も解け始め、最後には相手の名前を思い出します。
    冬のとまった時間にいた二人だからこそ、春になった喜び、春の暖かさをたくさん感じられるんだと思います。
    すぐにすーすー寝てしまうところがとてもかわいくて、癒されました。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬眠から少しずつ目覚める様子

    同じ作者コンビの『たのしいふゆごもり』という絵本が好きなので、こちらも読んでみました。ちょっと不思議な雰囲気を醸し出した絵本です。
    長い冬の眠りからさめたばかりで、まだぼーっとしている「ねむねむくん」と「ねむねむさん」。寝ぼけていて、お互いの名前も忘れてしまったよう。春の気配を感じながら、少しずつ目を覚ましていきます。
    ほのぼのとしていて、かわいらしいのですが、子どもたちには、この雰囲気がイマイチ分かりにくかったようです。大人の方が癒されるのかもしれません。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二匹仲良し

    このお話なとっても仲良しのキツネとくまのお話でした。二匹は最初はお互いの名前を忘れちゃっていたのですが、そこが何ともホンワカなお話なので癒されました。うちの子は、「なんで忘れちゃってるの?変なの〜!」って言って笑っていました。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふわふわで可愛いです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    最初の方は、ねむねむさんがずっとショールみたいなものをかぶっていたので、クマ同士の友だちかきょうだいなのかと持っていました。
    でも、キツネさんだったんですね〜。

    片山健さんのふわふわした優しい絵柄がとてもお話に合っていました。
    特に、ふたりが気持ちよさそうにお昼寝をしてしまって……、気が付いたらお日様が傾きだしていたシーンで、見開き1ページを丸々文字が全く書かれていないページがあって、そこがたまらなくよかったです。
    文字がないことで、ゆったりまったり時間が過ぎていくのが読み手の私にもとても感じられました。

    ただ、この作品を幼児のお子さんたちに紹介するには、やや文章が長いかな?と、思いました。
    でも内容的に、できれば3,4歳くらいのお子さんたちから紹介したいんですよ〜(〜_〜;)。
    もう少し、文字を省いて絵で見せてくれてもよかったかな……と、思いました。

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット