ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。

ストライプ たいへん! しまもようになっちゃった」 みんなの声

ストライプ たいへん! しまもようになっちゃった 作・絵:デヴィッド・シャノン
訳:清水 奈緒子
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年
ISBN:9784883301331
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,948
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 高学年の子から大人までおすすめ

    • アナンシさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都
    • 女の子20歳、男の子16歳

    読み聞かせボランティアを13年くらいやっています。小学校の朝のおはなし会に行って、3年生に読んだ本です。この本のメッセージはとても深いけど、それが分からなくても、絵の説得力でぐいぐい聞き手を引き付けます。ただ、この本のメッセージを読み取れるのは、中学年から上くらいですね。中学生に紹介したこともあります。友達との関係にちょっと遠慮が出て来る、これくらいの子たちには、特に感じるものがあるみたいですね。訳30人のクラス全体が、最初は大笑いし、最後にはシーンとなって、聞き入った本です。ぜひどうぞ。

    掲載日:2008/08/14

    参考になりました
    感謝
    7
  • インパクト大

    • ちょこ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子12歳、男の子10歳

    とにかくすごいのが絵のインパクト。
    その迫力ある色彩と構図だけで楽しめます。

    でも実はストーリーは奥が深く、
    その真意を理解してもらうために読むという観点で言えば
    小学校高学年以上向きといえるかもしれませんが、
    単純に楽しむだけなら小さいお子さんでも大丈夫です。

    私は6年生の読み聞かせで読みましたが
    笑いあり、驚きありの反応から
    最後は静かに考え始める子供たちの反応の変化があり
    読んでよかったと思いました。
    知り合いは中学校で読み聞かせをし、
    その時は女子生徒が涙を流したとも聞きます。
    思春期の女の子には、多かれ少なかれ共感できる内容なのだと思います。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    6
  • 自分が自分であること

    正直を言うと、この本を手にするまで何度も躊躇があり、他の本と一緒に勢いで取り上げた絵本です。
    何故なら、カバーの絵のストライプ。身体中が原色で縞模様になったカミラに圧倒されてしまったのと、パラパラとめくったページでカミラがさまざまに変化していく様が強烈だったから…。
    この本を手に取った人は勇気のある人かも知れません。

    しかし、この本はそんなインパクトとは別に、自分が自分であることを強く訴えています。
    さまざまなドタバタの末、家の一部にまでなってしまったカミラは、自分の些細な望みを素直に口にすることで自分を解放します。

    家族でも、友だちでも、医者でも治せないもの、それを直すのは自分の意志だとこの本は教えてくれました。

    この極彩色のパノラマ世界は、アメリカならではのものかも知れません。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    4
  •  小学3年生の読み聞かせでこの本を読み、子ども達に大好評でした。
     男女問わず、「心に残った」「ためになった」「友達にどうやって気をつかったらいいのかわかった」「この本をもう一度読みたい」などなどと、素晴らしい反響をもらいました。とかく、空気を読むことを求められる子ども達。それで気を使いすぎたり、逆にわがままに振舞ってしまったり・・・。そんな子ども達はこの本を待っていたのです!
     この本に出会えて、子ども達はひとつ成長できると思います。
     中学年以上の子ども達に、是非に読んであげて欲しいと願ってやみません。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分の気持ちに正直に

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    小学校の中・高学年の読み聞かせに使用しました。学校の朝の読み聞かせの時間が限られているので、読み聞かせ用に本を選ぶ時は、内容だけでなく、朗読にかかる時間も踏まえて選ぶ必要がありますが、これは長さも丁度よく、ビビットな色使いで、大勢に読み聞かせる場合にも、絵がはっきりと見易くて良かったです。
    内容も、自分の気持ちより、他人に合わせることを選びがちな歳の子供達に響く内容で、お勧めです。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 奥深い本です

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    小学校で読み聞かせボランティアをしています。
    この本は高学年で読み聞かせすることが多いです。
    ちょうど友達関係で悩む年頃(特に女子)には、好きなのに好きと言えない女の子の気持ちに共感できるようです。我が家の娘もそうでした。
    まず表紙がかなりインパクトがあるので子どもは興味をもってくれます。そしてどんどん顔がストライプになっていく姿にびっくりします。
    最後のページで何か感じてくれるといいなといつも思います。
    「すきなものはすきといえる自分」は大切です。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • リマ豆のお味は?

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    デイビッド・シャノンの作品の中では、文章が多くて読み聞かせしやすいです。(だめよ!デイビッドとかは自分むきじゃないかなっと)

    4年前に、息子が4年生の時に見つけて読みました。
    他のメンバーも4,5,6年生で読んでいます。
    限られた読み聞かせの機会なので、なるべく同じものを読まないようにと思い、しばらく読んでいませんでしたが、今年の5年生はまだだったので、久しぶりにやりました。

    以前よんだ時は「面白い!」と思った勢いで読んでしまいましたが、今回読むにあたり、疑問だったリマ豆を調べてみました。
    ペルー原産で煮たりスープで食べるとおいしいらしいのですが、なぜカミラは大好きで他の子たちはきらいなのかな?
    ちょうど、チリの落盤事故のニュースがやっている時期だったので、チリとペルーの位置関係とかをまくらにスタート。
    カミラがしまもようからどんどんひどくなっていくたびに、笑いも起こり、5年生には珍しくストレートな反応がありました。

    元に戻ったカミラが自分の好きなリマ豆を食べる最後のシーン、何か感じてくれたかな?

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • おんなじでいいの?

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    『お母さんこの本やばすぎる・・』これが娘の印象でした。
    私も表紙のストライプ顔の女の子を見てすごい本かも・・・という印象でした。

    色が過激なのもあります・・目が疲れてまう感じ・・

    内容はもっと過激で・・・どうしたらこんな風になるんだろう??でも主人公のカミラって今の女の子を表現しているんだよね〜とかなり複雑な気もちになりました。
    こんな過激な変身はありえないにしても・・・『わかる!』ってうなづく子どもって多いのでは・・・

    人と同じがいい。
    人と違うと心配。

    おそろいだから仲良し・・・

    そんな不思議な感情を考え直すのにぴったり!

    今人の目が気になる・・って思う子は是非読んでみてほしいです。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 深い本です

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    絵のインパクトがすごいです。図書館に置いてあってずっと気になっていました。5歳の娘もそうだったみたいです。
    表紙の雰囲気で、なんとなく黒人の女の子の話かなと思ってしまい、差別のお話なのかなと思っていました。しかし、違いました。自分を押し殺して他人に合わせてしまう女の子のお話だったのです。
    絵のインパクトからか、娘も楽しんで読んでいましたが、本当にこのお話が言いたいことを感じるのは、もっと大きくなってからかなと思います。「自分は自分、他人は他人」大人でも改めて気づかされることのある絵本でした。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとの自分

    学校での読み聞かせ・・小学校3年生のクラスで読みました。
    小学生くらいの子どもってすぐ「みんな」は、って言いますよね。
    それだけ「お友達の視線」が気になるのだと思います。我が家の
    娘も然り。お友達の気持ちや視線を考えることも大事ではありますが
    でも、その前に「自分の気持ち」を大切にしなくっちゃ!
    この絵本は、そんなことを教えてくれる絵本だなあって思います。
    派手で、大げさすぎるくらいの挿絵でぐいぐいとひきつけながら。
    集中してちびっこらは聞いてくれました。「自分の気持ち」を考える
    きっかけになったらいいな。

    掲載日:2016/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / 宮沢賢治の絵本 どんぐりと山猫 / ポカポカフレンズ たいこでポン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット