だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ボールのまじゅつし ウィリー」 みんなの声

ボールのまじゅつし ウィリー 作:アンソニー・ブラウン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年
ISBN:9784566003897
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,784
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 何度も読み返して欲しい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    Ehon Naviに出会う前に、息子達と親子ともどもはまっていたのが、アンソニー・ブラウンの作品です。
    特に、ウィリーのシリーズはみんな大好きでした。
    全部読破したのですが、投稿していない作品ばかりなので、再度読むことにしました。
    この作品は1995年の発刊で、邦訳は1999年です。
    「こしぬけウイリー」が1984年、「ウィリーとともだち」が1991年の作品で同じウイリーが主人公なのですが、話の連続性はありません。

    「こしぬけウイリー」は自分に自信がないという設定、「ウィリーのともだち」は友達がいないという設定でしたが、今回は、サッカーが上手くないという設定です。
    物語の訴求のポイントが明確なので、どの一冊を読んでも感銘できるということなのでしょう。

    「ウィリーはサッカーが大好き。
     でも、サッカーシューズをもってない。
     買えないんだ」
    という文章で始まりますが、この買えないんだという一文に、この話の伏線がある気がします。
    ウィリーは、毎週サッカーの練習に参加するのですが、選手に選ばれたことがありません。
    ある日、練習の帰り道、一人でサッカーをしている子に出会います。
    流行遅れのジャージに、古いシューズといういでたちで、昔のパパが着ていたようなものらしいのです。
    二人は、黙ってパスの練習をするのですが、その子は、自分のシューズを差し出すといなくなってしまいます。

    ウィリーが、そのシューズで練習に参加すると見違える程上手くなって、次の試合のメンバーに選出されるのです。
    ウィリーは嬉しくなって、毎日練習に明け暮れます。
    試合当日、そのシューズを忘れてしまうのですが、実は、練習のお陰で本当に上手くなっていて、決勝ゴールを決めるのです。

    絵を良く見ていくと、その子が誰だったのか分かります。
    そのヒントが、隠絵としてあちこちに散りばめられているのが、アンソニー・ブラウンらしいところ。
    ウィリーは、今まで縁起をかつぎ、歩道の継ぎ目を踏まないで歩いていたのに、全然気にしないで歩き、自信がみなぎっているさまで終わるので、最高のエンディングです。
    絵の楽しさ、ストーリーの面白さに加え、諭すエピソードもあり、実に高い水準の絵本だと思います。
    是非、パパに読み聞かせして欲しい作品として、オススメします。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • まほうのくつの正体

    サッカーが大好きだけれど、なかなか上手にはならないウイリーのお話。

    あるとき、まほうのくつを手に入れて
    瞬く間に上達し、選手にも選ばれます。
    待ちに待った試合の日に
    あろうことか寝坊した上に、まほうのくつを忘れてしまい・・・。

    わぁ、どうなるんだろう・・とドキドキしながらも
    なんとなく、オチが見える展開ですが・・
    それでも、やっぱり、こういう「励ましてくれる系」の本は
    本当に勇気をもらえます。

    ワールドカップ開催中の今
    読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • サッカーが上手になる まほうのくつ?

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    アンソニー・ブラウンさんの描く動物はあまりにリアルで
    ちょっと苦手な絵だったのですが、
    サッカーが好きな息子にいいかも?と手にとりました。

    サッカーが好きで、懸命に練習するチンパンジーのウィリー。
    でも、専用の靴が買えず、試合に出たことはありません。
    また、道路の継ぎ目は踏まない等のルールを決め、その通りに暮らしています。
    ある日、時代遅れのジャージを着た不思議な少年に、古い靴をプレゼントされます。
    その靴を履くとサッカーが上手くなり、試合の出場が決まりますが、
    試合当日、魔法の靴を忘れてしまいました。
    さぁ、どうする?!

    読んでいくうちに、リアルなだけでない、細やかに描きこまれた絵が、
    物語に絶妙に絡んでくることに気づきました。

    不思議な少年は白くぼうっとしていて、影がないこと、
    飾られている写真で、物語に直接登場しないパパの顔が分かること、
    寝坊して駆け出すウィリーが、道路の継ぎ目を踏んでいること、
    試合の帰り道、ウィリーが悠々と道路の継ぎ目を踏んで歩いていて、
    空の月は誰かの顔そっくりな模様で微笑んでいること・・・

    嬉しくて、つい「これ見て!」と指差してしまいました!

    自分に自信を持てなかったウィリーが、
    魔法の靴にきっかけを得て、積極的になり、
    サッカーも周りの人(ゴリラ)との関係も変わっていくストーリーは爽やかで、
    しみじみしたラストも良かったです。

    きっかけだけ与えて、あとは子どもを信じて見守る、
    私もそんな親になりたいなぁ。

    サッカー好きの息子も気に入って、
    読み聞かせの後、もう一度一人読みしていました。
    サッカーを好きな子はもちろん
    そのお父さん、お母さんにもおすすめの絵本です。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 努力が実を結んだ!

    • 真冬さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子3歳、女の子1歳

    息子が学校の図書館で借りてきました。
    自分と同じ、サッカーが大好きで毎週練習に通っているウィリーに親近感を覚えたようです。
    誰にもボールをパスしてもらえなかったウィリーが、試合の選手に選ばれたのは、魔法の靴のおかげ?
    いいえ、そうではなくて、毎日懸命に練習した成果が、ほんの少しのきっかけで花開いたのです。
    サッカー場までかけていく場面と最後の場面で「線を踏んでる」と息子に言われて初めて気が付きました。
    ウィリーの成長、心の変化が現れているのですね。
    とても奥が深い素敵な絵本だと思いました。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日々の努力の現れ

    ウィリーはサッカーの練習を欠かさない。
    でもサッカーシューズを持っていないウィリーは、大きなチームメイトのゴリラ中で小さな存在だと劣等感を持っているようでした。
    魔法のシューズ(?)を手に入れたウィリーは、一層練習を頑張ります。
    そして初レギュラーに選ばれた試合当日ウィリーにとってとんでもないことが・・・

    縁起をかつぐウィリー。心配性なんでしょうね。
    毎日の努力が実ってハッピーエンドのお話です。
    些細なことは気にしなくなった最後のウィリーの笑顔は自信に満ちているようです。

    子どももしっかり理解し、ウィリーの変化を感じていました。
    「線、踏んで歩いてるね」と嬉しそうでした。

    スポーツを頑張っている子どもには勇気づけられるお話だと思います。
    息子はとても気に入っている絵本です。

    掲載日:2011/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンソニーさん

    アンソニー・ブラウンさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公がボールを愛している様子がとても良く描かれているのが良いと思いました。真っ赤なユニフォームも良く似合っているので素敵でした。サッカーが大すきな主人公だからこそ素敵な幸運が舞い込んだのだと思いました。ますますアンソニー・ブラウンさんの作品が好きになりました。

    掲載日:2010/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 努力家

    真面目で几帳面で努力家のウィリーが、毎日練習した努力が実ることが

    出来てよかったです。

    努力とそれと集中すること無我夢中になれたからよかったし、自信もつ

    いて益々実力をつけていく思います。

    自分のことを信じたからこそ成功できたのだと思いました。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじめなウィリー

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    頭はきっちり真ん中わけで、歯磨きを腕時計を見ながらしていて、路のタイルも継ぎ目を踏まないで歩いているウィリーが、
    最後には気にせず歩いているところが印象的です。

    ウィリーのこだわりで自分をしばっていましたが、自信を持つ事でそれから開放されています。

    まじめだからこそ、こつこつと練習をしてきたのですから、どれが悪くてどれが良いとは決められないですね。

    自分の全部を受け入れられることが大切なのだと伝わってきます。

    掲載日:2010/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワールドカップ&父の日・・・旬の絵本!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子16歳、女の子14歳、女の子9歳

    今朝は、6年生今年度最初の絵本読みボラ。
    「何を読もうかな〜?!」と、ずっと迷ってて、朝になって急に「これにしよう!」と思い立ったのが、この絵本!

    ワールドカップ熱に沸いている今、旬でしょう?!(笑)

    サッカーが大好きなウィリーは、毎週練習に通ってボールを追いかけてますが、サッカーシューズも買えず、誰も相手にしてくれません。
    そんなある日、サッカーの上手い不思議な男の子に出会います。
    その子からもらった古いシューズを履いてみると・・・???

    ウィリーは、急にサッカーが上手になったのは、魔法のくつのせいだと思ってますが、実はそうじゃなかった!
    こつこつ努力続けてきたことが、ちゃんと力になっていて、ちょっとしたけっかけで、花が開くんですね。

    見た目や、今までの結果だけで、「どうせだめだ〜」「できっこない」
    「俺なんて・・・」とあきらめてしまいがちな、子どもたちに勇気を与えてくれる素敵な絵本です♪

    ゴリラ好きのアンソニー・ブラウンが、愛情をたっぷりこめて描いた絵が、すごくいいです!

    そして、背中を押してくれた不思議な男の子が、家に飾ってある写真のお父さんそっくりなのがいいですね。
    きっと、若かりし頃のお父さんが、力を貸してくれたんでしょうね。

    もうすぐ父の日!こちらの理由からも旬の絵本です♪

    掲載日:2010/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとの勇気

    まじめで、でも気弱で、自分にはまるっきし自信がないウィリー。
    でも、まじめに練習した結果は必ずついてくるんだよ、ってことですよね。
    ちょっと一押ししてあげれば、ウィリーはこのとおり。それはけして「靴」のおかげではないはずです。
    この絵本に出てくるゴリラ君たち、どれも迫力満点ですよね。
    萎縮していると、それじゃなくても、まわりがずっと大きく、そしてこわく見えるものだけど、ほんとに怖いよね、こんなだったら...
    これは「大丈夫だよ。誰にでも出来る。」ってそっと語りかけてくれる絵本です。

    掲載日:2010/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / よるくま / ちょっとだけ / だるまさんが / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット