もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

いちばんちいさなクリスマスプレゼント」 みんなの声

いちばんちいさなクリスマスプレゼント 作:ピーター・レイノルズ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年11月
ISBN:9784072902394
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,039
みんなの声 総数 9
「いちばんちいさなクリスマスプレゼント」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスのプレゼントを楽しみにしていたローランドですが・・・
    おや おおきな 赤い ながいくつしたが ローランドのです
    ワクワク ところが プレゼントはちっぽけ   満足できず「大きなプレゼントにかえてください」
    願いかがなうのですが・・・・もっともっと欲張りになって
    ローランドの表情 怒った顔がすごい
    どんどんエスカレートして 大爆発 大きなプレゼントがほしい!

    エスカレートする展開がなんと 宇宙まで行くとは スケールが大きい
    はじめは 欲張りだと思いましたが なんだか おかしくなりました

    宇宙から地球を見てひとりぽっちのローランドの祈り   こころのそこから祈るのです
    ちょっと わがままな男の子ですが   祈ってる顔がかわいく思えました

    そして  いちばん ちいさくて いちばん おおきくて・・・・・
    いちばんすてきな プレゼント?
    それは なんでしょう?

    この絵本を読んだ人だけに分かりますよ

    ラストはなかなか ステキですよ

    クリスマスが終わった後に読んだのですが・・・・・

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番大切な物

    このお話は、大きなプレゼントが欲しくて宇宙まで探しに行った男の子のお話でした。この子の今年のクリスマスプレゼントが一番小さかったのが気に食わなくて、心の中で大きくなれと願ったらどんどん大きくなっていきました。うちの子はそれを見て、「いいな〜!!」って本気で言っていました(笑)宇宙まで大きなプレゼントを探しに行って…結局家族が一番という事に気が付きました。離れてみてわかるものですね。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスの日、プレゼントの洪水の中泳いでいる子どもたちがたくさんいることでしょう。

    ローランドのプレゼントへの期待値は随分高かったようです。
    小さなプレゼントに不満を抱き、目を閉じじっとお願いをしたら、プレゼントが、大きくなりました。
    でも、ローランドはもっと大きいのが欲しいと願い、・・・・・・。

    我が家もクリスマスという日の息子のとびっきりの笑顔見たさに、年々プレゼントの箱が大きくなって行きました。
    が、ある年、息子がその年のプレゼントに関心も期待もしていないことに驚きました。

    よ〜く、息子の様子を見てみると、彼の遊び道具は、さして種類が多くない事。
    お気に入りはくたびれても手放さず、数年前に渡したプレゼントで使われていないものがたくさんあることに気づきました。

    子どもの気持ちを飛び越えて、プレゼントを渡してしまっていたことを親としてとても反省しました。

    親が反省し始めた頃、年齢が上がるごとに高価なものやたくさんのものを息子は求めるようになって行きました。
    が、時には我慢を覚える良い体験なのだと、第一希望のものでないプレゼントにしたり、高価なものを避けました。

    息子の不満な声に
    「サンタさんを待っている子どもたちの中には、あなたほど欲しいものをたくさん持っていない子がいるの。あなたはずいぶんたくさんサンタさんからいただいて来たから、今度はそういう子たちにプレゼントを配ってもらえるようお願いしましょうね」と諭しました。

    子どもの心の中に、〈不要な欲望の悪魔〉を大きく育てぬように、幼い頃から与える”ということは慎重に行わなければならないものだと思います。

    こちらの作品は、お子さんと一緒に読んで、ほんの一瞬幸せな気分になれるプレゼントではなく、真の充足感を感じさせてくれるプレゼントとは何なのかを考えることのできる良書だと思います。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • この男の子の気持ちは、わかります。
    子どもって、大きさに左右されますよね!
    クリスマス会のプレゼント交換での、こども達の反応を思い出しました(笑)

    おおきく。もっとおおきく!もっともっとおおきく!!
    これじゃぁ、昔話のよくばりじいさんですね(笑)

    でも男の子は、ある瞬間に、本当に大切なものに気づきます。
    いちばんちいさくて、いちばんおおきいもの!
    男の子の心の成長を描いているのかもしれないって思いました。

    見た目にとらわれないで、周りをよく見てみよう…。
    今のしあわせを噛みしめたくなるお話でした。

    掲載日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に大切なものは・・・

    ローランドはサンタさんにプレゼントをもらうのをとっても楽しみにしていました。でも、サンタさんがくれたプレゼントはとても小さくて・・・。
    幼い子は大きいものイコールいいものと思いがちですね。
    7歳の娘は、『小さくても、DSとかいいものもあるよね。』と、ちょっと大人ぶって言っていました。
    あれよあれよという間にプレゼントはどんどん大きくなっていくんだけど、
    あらまぁの展開に。
    小学生の娘には簡単すぎた絵本でした。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり大きいのがいいみたい

    5歳長女と4歳次女に読みました。男の子ローランドがクリスマスプレゼントを見て、小さくてびっくりします。「もっと大きいのがほしい」と願うと、どんどん大きなプレゼントになっていくという、子供からしたら夢のようなお話。でも宇宙へ行ってそこで地球をみて、「大きいのが1番」と言っていた自分の間違いに気づくのです。長女は「私はこんな大きいのじゃなくていい」と言っていましたが、次女は「私はやっぱり大きいのがいい」と言っていたので、4歳にはちょっとまだ難しかったかな。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなクリスマスプレゼントじゃ嫌だと欲張りなローランドですが、どんどんプレゼントが大きくなって、ビルにも負けないくらいに大きくなって、それでも足りなくて、宇宙まで飛び出して…。
    いい加減にしなさいといった訓話ではなくて、ローランドにとって一番大切なものが地球であり家族であると、自ら気づかせてくれた、懐の深いお話です。
    思わず唸ってしまいました。
    …、でも、一番小さなプレゼントの中身も気になってしまいました。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • もっと大きいプレゼントがほしいよー

    クリスマスの絵本で、何か新しい本を読みたいなぁと思っている時に見つけました。
    クリスマスのプレゼントが、ビックリするほど小さかったので、ローランドはがっかり。でも「もっと大きいプレゼントがほしいよー」と念じると、なんとプレゼントが大きくなりました。それでもローランドは欲が止まらなくなり、もっともっと大きなプレゼントを探します。
    最後には、ローランドは本当に大切なものに気がつくのですが、6歳の娘は、その結末が思っていたものと違ったようで、「なんでー」と不満顔でした。娘も大きなプレゼントが欲しいようです。現金な娘に苦笑いするしかありませんでした。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくの大切なものが全部つまってる

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    『The Smallest Gift of CHRISTMAS』が原題。
    ローランド少年はクリスマスプレゼントを楽しみにしていたのです。
    ところが、今年のプレゼントの箱はちっぽけで、ローランドは文句を言います。
    すると、プレゼントはどんどん大きくなりますが、ローランドの願いは大きくなるばかり。
    ついに、大きなプレゼントを探しに宇宙まで出かけたローランドは、
    小さくなっていく地球の姿を見て、大切なことに気づくのです。
    ラストは、それはそれは素敵なクリスマスの光景です。
    子どもらしい、ローランドの発想に共感してしまいますが、
    「Gift」の意味も同時にストンと心に響きます。
    クリスマスらしい、赤と緑の色彩も素敵です。
    幼稚園児以上くらいからでしょうか。
    大人もほっこりするクオリティの作品だと思います。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット