ピーテル、はないちばへ ピーテル、はないちばへ
文・絵: 広野 多珂子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
オランダの運河を舞台とした、美しい風景にご注目ください

えほんほんさんの公開ページ

えほんほんさんのプロフィール

ママ・30代・栃木県、男の子8歳 男の子6歳

自己紹介
2人の男と毎日格闘しています。
こどもは小さい頃からよくえほんを読んであげていたせいか、腕白なのに絵本も大好き。
これからもこどもと一緒にたくさんの絵本に出会いたいです。
ひとこと
私自身もとにかく絵本が大好きで、家にはいつのまにか100冊以上の本が。
私自身ももっとたくさんの絵本に出会いたいし、心に残った本はレビューを通して皆様と共有できれば。。。と思っています。

えほんほんさんの声

102件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 真剣な顔で聞き入っていた息子!  掲載日:2015/6/4
むしばあちゃん
むしばあちゃん 作: 苅田 澄子
絵: おかべ りか

出版社: 佼成出版社
6歳のこどもは歯磨きが大嫌い。
なのにお菓子は大好き。。。
歯磨きが終わったか聞くと、磨いていないのに終わった〜と逃げていく始末。
そんなときに出会ったこの絵本!
息子はものすごく真剣に見入って、そのあと鏡を見ながら歯を磨いていました。
そしてタイミングよく耳がゴソッといったらしく(たぶん耳垢 笑)、「ほんとだばあちゃんがいる!」と焦っていました。

分かりやすく伝わりやすくとてもいい本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わが子の絵本好きの原点  掲載日:2015/6/4
ペンギンきょうだい バスのたび
ペンギンきょうだい バスのたび 作: 工藤 ノリコ
出版社: ブロンズ新社
わが子はとっても絵本が大好き。
きずけばずーっと読みふけっています。
そんなわが子の原点は工藤のりこさんのシリーズ。
見ているだけで楽しくなる絵に、少しプッと笑いが出る部分もあるストーリー。
わが子はここから本の楽しさを学んだように思います。
もう小学生になりましたが、この本が出るとついつい手が伸び購入してしまう、息子と私です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本の登場人物になった気分  掲載日:2015/6/3
バムとケロのおいしい絵本
バムとケロのおいしい絵本 監修: 島田 ゆか
料理・レシピ制作: 八木 佳奈

出版社: 文溪堂
バムとケロのシリーズが小さいころから大好きだった長男。
とくに本の中で描かれるスイーツをみて「食べたいなぁ。作ってみたいなぁ」と小さなころから言っていました。
そんな長男にはとってもうれしい、おいしいこの絵本。
自分も本の中にいて食べていた登場人物のような気分になります。
そして作ってみるとその気持ちは倍増!!
ほんわか気分になるすてきな1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑っちゃう!!  掲載日:2015/6/3
りゆうがあります
りゆうがあります 作: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
本屋さんで見つけた時、旦那と爆笑!!
きっと息子もこんな気持ちなんだろうなァと。
行動が息子と重なりすぎて、それを頭ごなしに注意する私と重なりすぎて。。。笑
息子の行動にもりゆうがあるんだろうなぁと思うと注意する前に一呼吸おけるようになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かえりみちに引き続き  掲載日:2015/6/3
アブナイおふろやさん
アブナイおふろやさん 作: 山本 孝
出版社: ほるぷ出版
「アブナイかえりみち」に引き続き、男の子の理解できない世界をのぞけた気分になるとっても楽しい本です。
まさにわが子の動きと重なる部分があり、笑ってしまいます。
このシリーズのファンになりました☆
次の作品、早く見たいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子の世界ってこうなんだろうな〜  掲載日:2015/6/3
アブナイかえりみち
アブナイかえりみち 作: 山本 孝
出版社: ほるぷ出版
いつも理解できないことの多い男の子の行動や考え。
そんな男の子の世界を垣間見れる感じでとっても面白い本でした。
男の子の頭の中ってきっとこんな想像でいっぱいなんだろうな〜
っとわが子を思い出しながらプッとしちゃいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大変ためになるお話し  掲載日:2013/10/16
ねえ、おつきさまどうしてぼくについてくるの?
ねえ、おつきさまどうしてぼくについてくるの? 作: きむら ゆういち
絵: やました こうへい

出版社: 教育画劇
6歳の子と4歳の子が前々からよく口にする疑問でした。
うちの子のために作られたのか!!と思うくらいのぴったしの本。
しかも、子供にも分かりやすく可愛いイラストやしかけでその説明がしてあり、こどもにもよく理解できたようで、それ以来空を見上げては、いろいろなことを言いながら追ってくる月を眺めています。
素晴らしい教養絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうきたか〜!!  掲載日:2013/9/25
からすのおかしやさん
からすのおかしやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
久々に新しく出たかこさとしさんのカラスシリーズ!
からすのぱんやさんが大好きな私たち息子は飛びつきました。
内容はまたとても面白く、こどももずーっと笑顔でおいしそう〜!ぼくだったらこれ買う!などと言いながら読んでいました。
そして最後はへ〜そうきたか〜と息子。
新刊も親子で楽しめる素敵な内容でした☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こころあたたまる絵本  掲載日:2013/9/25
しんせつなともだち
しんせつなともだち 作: 方 軼羣 (ふあん いーちゅん)
絵: 村山 知義
訳: 君島 久子

出版社: 福音館書店
こころがほっとあたたまる絵本です。
難しい内容ではないですが、とても大切なことを教えてくれる本です。
読み聞かせている間、こどもも夢中でした。
読み終わった後は息子が「みんなおともだちにやさしかったね」といった一言が心をあったかくしてくれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しそう!!  掲載日:2013/1/21
きょうのごはん
きょうのごはん 作: 加藤 休ミ
出版社: 偕成社
夕食のお買い物をする商店街やら、みんなで和室に座って食べている食事やら、あまりそういった場面を目にするのが少ない環境の息子には、とても興味深かったようです。
今日は○○ちゃんは何食べてるかなぁと毎日お友達の夕食を気にするようになりました。食に興味を持てて、食育にも素敵な絵本だと思います。
参考になりました。 0人

102件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中