「魔法の庭ものがたり」シリーズ

ふつうの人間の女の子、ジャレットが、あるときハーブ魔女トパーズの遺産(いさん)を相続(そうぞく)しました。
ジャレットが魔女のトパーズから相続したものは、

「トパーズ荘(そう)」:トパーズの屋敷(やしき)
「魔法の庭」:屋敷のまえに広がるハーブガーデン
「レシピブック」:トパーズがかきのこしたハーブ薬のレシピ


この3つ。先代(せんだい)のトパーズとはちがって魔法をつかうことのできないジャレットですが、心をこめてハーブを育て、ハーブの薬をつくっていこうと決心(けっしん)しました。こうしてジャレットは、「ハーブの薬屋さん」として村でくらしながら、さまざまな人や動物たちと出会っていくことになったのです。

このシリーズの最新刊

魔法の庭ものがたり(22) ハーブ魔女とふしぎなかぎ

  • チェックする

魔法の庭ものがたり(22) ハーブ魔女とふしぎなかぎ

作:
あんびる やすこ
出版社:
ポプラ社
ISBN:
9784591158852

本体価格: ¥1,000+税

ほんとうに必要なものは、
地球の裏側ではなく、すぐそばにある。
小さな古いかぎがおしえてくれる、大切なこと。


ジャレットは、ハーブ魔女トパーズの遺産を相続した人間の女の子。6ぴきの子ねこたちとトパーズ荘に住んでいます。ある日、子ねこたちが屋根裏から、小さな古いかぎを見つけてきました。いったい何のかぎかわからず、ふしぎに思うジャレット。
ちょうどそのとき、この村にあるビーハイブ・ホテルのむすめ、スーがおもしろいニュースをもってやってきます。「食いしんぼ」で有名な作家、マロリーさんが、ホテルのレストランのディナーを予約したというのです! シェフのクロエは大はりきり。そのために考えたとくべつなメニューで「おためしランチ会」がひらかれます。けれど、クロエが最高の材料でつくった料理は、村の人たちに喜ばれませんでした。どうしてかわからず、すっかり落ちこんでしまうクロエ。
別の日、なやみごとのあるキツネのロークがジャレットのもとをおとずれます。夏至祭りにいっしょに行ってくれる「運命の女の子」がどうしても見つからないので、出会える薬をつくってほしいというのです。さっそくトパーズのレシピブックにたずねると、出てきたのはとくべつな材料がないとつくれないレシピでした。ジャレットはなやみましたが、手に入る材料だけで薬をつくり、ロークにわたします。けれど、きかないかもしれない薬をわたしたことに、ジャレットの心は痛みます。
さて、そんなとき、キッチンのたなのおくから、錠がかかった箱が見つかります。その箱はなんと、あの小さな古いかぎでカチッとあいたのです! それを合図に、魔女のファーミーがトパーズ荘にあらわれ、かぎのなぞがあきらかになります。そこには、クロエ、ローク、ジャレット、それぞれのなやみに答えてくれるメッセージがありました。

 

作品一覧

表示順

22件見つかりました

シリーズの新着レビュー一覧

子どもレビュー、大募集!!

子どもの本のことを、子どもに聞いてみよう!このたび、絵本ナビでは、お子さんからの本のレビューの募集をはじめます!要項にしたがって、ぜひ子どもたちからの楽しい投稿をお待ちしております。

対象作品: このページに掲載している作品
賞品: (掲載された方)通常レビューポイント(20ポイント)、図書カード500円分
応募方法
はがきで下記宛先までご郵送ください。
〒163-0228 東京都新宿区西新宿2-6-1
新宿住友ビル28階
子どもレビュー、大募集係
※書き方は右記の記載内容を参照してください。
子どもレビュー投稿前のご注意!
レビューってなあに?
「この本のこんなところが面白かった!」「ここがおすすめ!」というような、だれかに本をすすめる時のおすすめ文です。
必要事項をしっかり書こう!
・住所とお名前は、図書カードを送る時に必要となるので、忘れずに書いて下さい。
絵本ナビメンバーNo.(マイページご参照)を記入してもらうので、おうちの方のメンバー登録が必要です。
どのぐらい書けばいいの?
レビューの長さは100文字以上を目安に書いて下さい。短すぎるものは掲載できない場合があります。
出す前に文字や内容を見直しましょう!
ハガキはうら面がそのまま、絵本ナビサイト上に掲載されます。みんなの手書き文字がそのまま出るので、ハガキを送る前にもう1度文字や内容を見直してね。またうら面には、誰かの名前など大事な情報は書かないようにお願いします。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット