なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

  • 絵本
作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784861930171

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鯛と申しますと “お目出タイ”と俗に言われますように、お祝いの席には欠かせないものでございます。日蓮さんが誕生したときには無数の鯛がバシャバシャと跳びはねたとの伝説が残っているくらい、それはまあ慶事と言えば「鯛」、刑事といえば「タイ陽にほえろ!」なのでございます (^-^;
えー今回のお話は、そんなふうに人間に珍重される鯛の立場はいかなるもので相成りましょうやと、まさにこれから人間に料理されてしまうかもしれない鯛の気持ちをつづったものなのでございます。
とある居酒屋のいけす。一匹の鯛が板さんの差し出す手網から見事に脱出成功。仲間うちから「おぉ!」と歓声が上がったのでございます。ヒーローの名は新入りのロク。彼は正真正銘、天然の真鯛でありまして、その姿形、そして華麗な動きたるやさすがは名産「明石の鯛」といった風情でございます。それに目をつけたのが、このいけすの主(ぬし)ギンギロはん。なんと当店の開店当時、つまり20年も前からいけすに住まうというツワモノだ。
「おまはん、天然もんやな。しかも瀬戸内もんやろ」
さすがは大牢名主のギンギロはん。ロクの出自をピタリと当てる離れ業。「ワシも本(真)鯛なんや、よろしゅうたのむわ」てなことで、ギンギロはんはロクが滅法気に入ったんでございますな。
「ここで生きのびていくためには頭をつかわんとな。おまはんだけにはおしえたろ。ちょっと耳貸しな」「どこが耳がようわかりませんねんけど……」てな具合にギンギロはん、いけすで長生きするコツをロクに伝授するのでございます。
「ええか、客の好みを覚えなあかん、あ、あれは電気屋の尾崎はんや」
「よう知ったはりますなあ」
「あの人はめったに鯛は食わん。最後に食ったのは1年2カ月前や」
まあ、そんなこんなで秘伝の技を数々伝授されたロクなのでございますが、好事魔多しとでも申しましょうか、先の板さんにつけ狙われていたのでございましょう、ちょっとした隙に横から前から手網が迫ってきたのでございます。この大ピンチ、ロクは見事に切り抜けることができたのでございましょうか。はたまたギンギロはんの運命やいかに!
ということで、落語テースト満載の、「これはぜひとも読みタイ!」というお話でございました。おあとがよろしいようで……

ベストレビュー

読むほうにも気合が入ります

この絵本を読んで、今まで全く興味を持つことのなかった落語を、検索して聞いてみました。文字になっているから分かりやすくておもしろいのかと思ったら、実際に聞いてみても、また違っておもしろい。落語のこと、もっと知りたいなって思いました。なかなかに敷居が高く、閉鎖的な気がする世界を紹介し、読んだ人の世界を広げる。絵本のだいご味ですね。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

桂三枝さんのその他の作品

峠の狸レストラン / さよなら動物園 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(6) カラス / 桂三枝の落語絵本シリーズ(5) ワニ / 桂三枝の落語絵本シリーズ(4) 考える豚 / 桂三枝の落語絵本シリーズ(3) 悲しい犬やねん

黒田 征太郎さんのその他の作品

18歳のアトム―手塚治虫の鉄腕アトムから18歳のアトムへ / いぬいいこ ねここねこ―スキ・キライのものがたり / マーゴットのお城 / マーゴット / 「マーゴット」と「マーゴットのお城」(全2冊セット) 英訳付き / 拝啓 サクラさく


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 諸芸・娯楽 > 桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

桂三枝の落語絵本シリーズ(2) 鯛

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット